SNS

STAFF PICK UP!

仙台・宮城の旬な情報を、S-style編集部が毎日お伝えします😆✨

2020.11.20

【地元タウン誌THE太鼓判!】仙台の豚骨ラーメン7店

kamaspoカマスポ

宮城県内6万部発行の45年続くタウン情報誌『せんだいタウン情報S-style』。地元グルメを知り尽くすタウン情報編集部が、地元で愛されるラーメンを紹介します。「仙台」「宮城」で、「絶対に食べてほしい!」ラーメン屋さんをピックアップ。今回は豚骨ラーメンを提供する7店をご紹介します。

【宮城の豚骨ラーメン】

1.三度食べたらやみつきに! 『仙台っ子 仙台駅前店』
2.2通りで楽しめるクリーミーな濃厚スープ『一翔』
3.多彩なトッピングで満足度大『博多一風堂 仙台青葉通り店』
4.辛みと酸味で味が激変『こうしゅう 晩翠通り本店』
5.濃厚だけど食べ飽きない一杯『らーめんONE』
6.黒マー油の熊本ラーメン『おっぺしゃん 若林店』
7.甘みのあるとんこつ醤油ラーメン『徳島ラーメン人生 泉店』

三度食べたらやみつきに! 『仙台っ子 仙台駅前店』

 

天然素材が醸す
濃厚な味わい

「仙台っ子らーめん」(690円)※大盛+110円

通常の5倍もの量の素材を3日間かけて煮込んだスープは、まさに素材から出たエキスそのもの。さまざまな野菜と豚骨が織りなす多層的なコクは、厳選された醤油ダレとの出合いによってさらなる濃密さに変化する。自慢の濃厚スープを存分に味わうのにぴったりな、自社工場で作る特製ちぢれ麺もポイントだ。

★ココがポイント

  • 大量の豚ガラや鶏、野菜を贅沢に使い、3日間かけて煮込む濃厚スープ
  • 独自にブレンドした小麦粉で作る、こだわりの特製ちぢれ麺
  • ごはんのおかわりが無料なのもうれしいポイント
らーめん堂 仙台っ子 仙台駅前店

住所: 仙台市青葉区中央1-8-38 AKビル1F

電話:022-221-7786

営業情報:11:00~翌2:00

定休日:無休

HP:https://ramendo-sendaikko.com

Map

 

2通りで楽しめるクリーミーな濃厚スープ『一翔』

麺はもちろん
〆はライスで

「ラーメン(並)」(720円)※中盛+100円、大盛+200円、写真は味玉トッピング+100円

クリーミーなスープの秘訣は、豚骨と鶏ガラを長時間炊いたダシにあり。そこに特製醤油ダレで香ばしい風味を、香味鶏油でコクを加えれば、思わずご飯が欲しくなるのも頷ける濃厚な味わいに。ライスは麺を食べ終わった後の〆としておじや風にしたり、スープに浸した海苔で巻いたりと、自分好みの楽しみ方で味わおう。

★ココがポイント

  • 横浜家系ならではの濃厚な豚骨醤油ラーメン
  • スープを吸い込んだ、トッピングのほうれん草も美味
  • 麺の茹で加減や脂の量は好みでオーダー可
横浜家系ラーメン 一翔

住所: 仙台市若林区荒町125

電話:022-265-1104

営業情報:11:30~24:00

定休日:不定休

HP:https://www.itto-if.com

Map

 

多彩なトッピングで満足度大『博多一風堂 仙台青葉通り店』

自家製香味油で
深まる味わい

「特製赤丸」(1,250円)※替玉130円

豚骨の香り高く口あたりなめらかなスープに自家製の香味油と辛みそを加えることで、味わいに奥行きと深みをプラス。旨みが際立つスープに合わせるのは、歯切れの良さが自慢の極細麺。さらに、豚バラ肉チャーシューやワンタン、半熟塩玉子など、満腹必至のトッピングがうれしい一杯だ。

★ココがポイント

  • 最初に辛みそを溶かすもよし、途中で溶かして味変して楽しむもよし
  • 豚バラ肉チャーシューが厚切りで食べごたえ満点
  • 豚骨ラーメンの本場、福岡県発祥のお店
博多一風堂 仙台青葉通り店

住所: 仙台市青葉区大町2-1-24 副都心ビル百番館大町

電話:022-216-1675

営業情報:11:00~翌1:00(金・土曜、祝前日~翌3:00)

定休日:無休

HP:https://www.ippudo.com

Map

 

辛みと酸味で味が激変『こうしゅう 晩翠通り本店』

特製キムチで
本領発揮

「ニラなんばんらーめん」(830円)※大盛(1.5玉)無料

ほんのり醤油のコクを感じる豚骨スープは、濃厚ながらも後味はさっぱり。後を引く旨さでそのままでも楽しめるが、この一杯の真価を知るなら、別添えのキムチを加えるのがおすすめだ。まろみと香ばしさに酸味と辛みが重なり、味わいが劇的に変化。麺をすすり上げるたびに変化していく味わいが楽しめる。

★ココがポイント

  • 専用容器で特製のニラキムチ、白菜キムチがついてくる
  • スープに負けないコシの強い麺
  • 大盛無料もうれしいポイント
ニラなんばんらーめん こうしゅう 晩翠通り本店

住所: 仙台市青葉区立町27-32 ホテルグリーンパーク1F

電話:022-264-9680

営業情報:11:30~15:00、17:30~21:00(ラストオーダー各20分前)

定休日:月曜(祝日の場合は翌日)

HP:https://twitter.com/kousyuu_honten

Map

 

濃厚だけど食べ飽きない一杯『らーめんONE』

豚骨醤油と
ショウガのハーモニー

「らーめんONE」(950円)※大盛+100円

研究熱心な店主が手がけるこの一杯は、豚骨醤油スープにショウガを効かせている点が特長だ。ショウガがスープの味を引き締めることで、濃厚ながらも食べ飽きない複雑な味わいを実現している。そこに合わせるのは、小麦の香り豊かな太めの特注麺。ひとたびすすれば、コクと旨み、ショウガの風味が口いっぱいに広がる。

★ココがポイント

  • 濃厚スープにショウガで後味すっきり
  • 魚介の風味も香り、どことなく和テイストな味わいの一杯
  • 店内はカフェ風で、女性でも入りやすい雰囲気
らーめんONE

住所: 仙台市宮城野区中野1-2-36

電話:022-765-9772

営業情報:11:00~15:00、18:00~21:00※売り切れ次第終了

定休日:木曜

HP:https://twitter.com/ramenone

Map

 

黒マー油の熊本ラーメン『おっぺしゃん 若林店』

焦がしニンニクが
香ばしい

「おっぺしゃんらーめん」(780円)※中盛(1.5玉)+120円、大盛(2玉)+200円、替玉150円

大量の国産ゲンコツと何種類ものガラを一昼夜かけて炊いた濃厚なスープ、熊本から取り寄せた小麦で打った低加水の自家製麺、焦がしニンニクが香る黒マー油など、細部にまでこだわりがたっぷり詰まっている。豚1頭から5人前しか取れない希少なバラ先を使った、とろける舌触りのチャーシューも絶品だ。

★ココがポイント

  • 着丼の瞬間から香ばしい黒マー油が香り、食欲をそそる!
  • 他ではなかなかお目にかかれない、トロトロのバラ先チャーシュー
  • 麺の硬さ、脂の量が選べるのもうれしい
熊本らーめん おっぺしゃん 若林店

住所: 仙台市若林区保春院前丁1

電話:022-282-2390

営業情報:11:00~翌1:00

定休日:無休

HP:http://www.oppesyan.jp

Map

甘みのあるとんこつ醤油ラーメン『徳島ラーメン人生 泉店』

 

卵を入れて
すき焼き風に

「徳島ラーメン」(690円)※替玉120円

故郷の味を伝えたいと自ら有名店で修業した、プロレスラー新崎人生が営む店。秘伝のスープは、“黒系”と呼ばれる豚骨醤油。甘みがあり、見た目に反して飲み口はさらりとしているのが特徴だ。そこに合わせるのは、徳島直送のストレートの中細麺と甘辛く煮込んだ豚バラ肉。卓上に置かれた無料の生卵を絡めて楽しもう。

★ココがポイント

  • 甘辛いバラ肉と生卵を絡めれば、まさにすき焼き然とした味わいに
  • 卵の黄身を最初に割るもよし、途中で割って味変を楽しむもよし!
  • 卓上に置かれた付け合わせの「ピリ辛もやし」を入れても美味
徳島ラーメン人生 泉店

住所: 仙台市泉区市名坂字原田64-1

電話:022-344-9266

営業情報:11:00〜22:00(LO21:30)、金・土曜11:00〜23:00(LO22:30)

定休日:無休

HP:http://tokushimaramen.com

Map

kamaspo
カマスポ

仙台の情報誌『せんだいタウン情報S-style』で一番のラーメン好き。これまで取材を通して出会ったラーメン屋は200軒以上。日夜、旨いラーメン探しに奮闘している。KHB東日本放送(テレビ朝日系列)との連動企画『イケ麺チャージ!』を担当中。