SNS

STAFF PICK UP!

仙台・宮城の旬な情報を、S-style編集部が毎日お伝えします😆✨

2021.02.08

【元祖・宮城のラーメン激戦区】愛子エリアの名店6選

有沙高橋ありちゃ

※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

※本サイトで提供される記事、写真、イラストなど、あらゆる形のコンテンツには著作権が存在します。著作者の承諾なしに複製・転用・販売などの二次利用をすることを固く禁じます。

宮城県内6万部発行の45年続くタウン情報誌『せんだいタウン情報S-style』。地元グルメを知り尽くすタウン情報編集部が、地元で愛されるラーメンを紹介します。「仙台」「宮城」で、「絶対に食べてほしい!」ラーメン屋さんをピックアップ。今回は激戦区「愛子エリア」のお店をご紹介します。

【元祖・宮城のラーメン激戦区】愛子エリアの名店6選

1.昔ながらのもっきり中華そば『みずさわ屋』
2.黄金色のスープが身体中に染み渡る『伊藤商店』
3.思わず完飲の絶品スープ『NOODLE MAN』
4.パンチのある辛みに潜む甘み『おり久』 
5.多彩な味噌ラーメンが揃う『吟玉(ぎんたま)』
6.万人が楽しめる辛味噌ラーメン『鬼がらし』

昔ながらのもっきり中華そば『みずさわ屋』

 

着丼の瞬間から
ハッピーに

スープがなみなみと注がれた丼が幸福感を誘う「煮卵入り中華そば」(781円)

鶏ガラと豚ガラ、煮干をたっぷりと煮出し、薄口醤油タレを加えたスープは、コク深くもキレの良い味わいです。そんな絶品スープに合わせるのは、自家製の細ストレート麺。少し硬めに茹で、コシの強さを引き立てるのがポイントです。チャーシューや煮卵など、トッピングの細部にまでこだわりがたっぷり詰まっていますよ。

★編集部レコメンド

  • 6時間煮込んだチャーシューや秘伝のタレに漬け込んだ煮卵など、トッピングも美味!
  • ダシの甘みがじんわりと広がるスープが絶品
  • 仕上げの香味油の香ばしさが食欲をそそる
中華そば みずさわ屋

住所: 仙台市青葉区栗生5-22-3

電話:022-392-5572

営業情報:11:33~15:33、17:03~21:03、土・日曜、祝日11:33~21:03※スープなくなり次第

定休日:月曜(祝日の場合は営業、翌日休み)

HP:https://twitter.com/ejzyov2sqsel03k

黄金色のスープが身体中に染み渡る『伊藤商店』

 

アサリがもたらす
コク深さ

「金の中華そば」(700円)。プラス100円で大盛にも対応しています

懐かしい味わいの中華そばの味の決め手は、会津出身の店主が作るスープにあり! 地元・会津から取り寄せた醤油に豚骨、煮干、香味野菜、そして深みのポイントとなるアサリを加えれば、黄金色に輝くスープの完成です。朝7時からは「朝ラー」も提供しており、多くの常連客が早朝から列をなすのも名物のひとつとなっている人気店です。

★編集部レコメンド

  • 「気を抜くと黒くなってしまう」という店主の言葉通り、丁寧な仕事が光る繊細な味わいのスープ
  • 動物系、野菜に魚介といった素材の旨みが、身体に染み入る
  • 早朝から列ができるという「朝ラー」も要チェック
伊藤商店

住所: 仙台市青葉区落合1-18-10 クラフトワン1F

電話:022-391-5253

営業情報:7:00~10:00、11:00~15:00、土・日曜、祝日7:00~15:00

定休日:水曜

HP:http://kumonoue-iko.com/

思わず完飲の絶品スープ『NOODLE MAN』

 

鶏×塩
シンプルな純鶏スープ

「純鶏塩SOBA」(820円)。大盛は+150円。+170円で替玉もできます

飽くなき探求心とセンスで進化系ラーメンを生み出す『NOODLE MAN』。名物の「純鶏SOBA」は、鶏だけを丁寧に煮込み、塩でシンプルに仕上げた清湯スープが絶品です。凝縮された鶏の深いコクと香りが引き立つように、塩は岩塩と沖縄産塩をブレンドして使用しています。細ストレート麺と中太縮れ麺の2種から、好みの麺を選べるのもうれしいポイントです。

★編集部レコメンド

  • 鶏ガラやモミジなど、鶏の旨みをギュギュっと凝縮したスープ
  • 豊かな風味を添える、仕上げの鶏油
  • 歯切れの良い細ストレート麺かモチモチの中太縮れ麺を好みで選べる
NOODLE MAN

住所: 仙台市青葉区落合5-21-31

電話:022-391-6774

営業情報:11:00~14:30、18:00~20:00(土・日曜、祝日11:00~15:00)※月・木曜は昼のみ営業

定休日:不定休

HP:https://twitter.com/NOODLEMAN2017

パンチのある辛みに潜む甘み『おり久』

 

赤味噌の辛味と
野菜の甘みが凝縮!

「野菜みそラーメン赤」(850円)。シャキシャキの野菜がたっぷりで食べ応えも抜群

人気の「野菜みそラーメン赤」は、8時間煮込んだ豚ガラスープと、パンチの効いた赤味噌の辛みが絶妙にマッチした一杯。トッピングのタマネギとモヤシから甘みがスープにじんわりと溶け出し、刻一刻と深まる味わいが楽しめますよ。ウェーブがかった中太麺がスープや野菜とよく絡み、あっという間に完食してしまうこと間違いなしです!

★編集部レコメンド

  • タマネギとモヤシのシャキシャキとした歯ごたえが◎
  • モチモチとした食感の中太麺が美味しい!
  • 自家製チャーシュー入りの「みそおにぎり」(200円)が、ラーメンの〆にぴったり
ラーメン専門店 おり久

住所: 仙台市青葉区落合2-1-1

電話:022-797-6335

営業情報:11:00~15:00、17:00~19:30、土・日曜、祝日11:00~19:30

定休日:月曜、第3日曜

HP:https://twitter.com/OriqMen331

多彩な味噌ラーメンが揃う『吟玉』

 

濃厚なエビの風味を
丸ごと食す

「濃厚オマール海老玉」(960円)。大盛は+80円。ラーメン通が唸る味わいです

変わり種の味噌ラーメンをラインナップしている『吟玉』。中でもラーメン通からの支持が厚い逸品が「濃厚オマール海老玉」です。特注の仙台味噌は、一週間寝かせることで角が取れたマイルドな味わいに。そこに、なめらかな舌触りのオマール海老ダレをお玉一杯分たっぷりと加えた、濃厚なエビの風味を感じる一杯です。

★編集部レコメンド

  • リッチな海の香りが凝縮した一杯
  • ニンニクとショウガたっぷりのスープ
  • 麺は4種類の中からセレクトできる。平打ち麺がイチオシ!
ラーメン 吟玉

住所: 仙台市青葉区折立2-7-27

電話:022-226-3003

営業情報:11:30~14:30ラストオーダー

定休日:水曜

万人が楽しめる辛味噌ラーメン『鬼がらし』

 

変幻自在の辛さと
味噌がマッチ!

「鬼がらしらーめん(中辛・味噌)」(825円)※辛さによって料金変動

ノン辛~超辛まである辛味噌ラーメンが看板メニュー。一番人気の中辛は、トウガラシのキレのある辛みにまろやかな味噌が調和する一杯です。厳選した豚をオリジナルのスープでじっくり煮込んだ、とろける舌触りのチャーシューもたまりません! メニューにはありませんが、中辛と大辛の“間”や、超辛以上の「超辛1~」など、細かな注文もできますよ。

★編集部レコメンド

  • 地鶏や野菜をふんだんに使ったスープがするすると箸を進ませる
  • 辛さが調整でき、辛い物が苦手な人から辛い物フリークまで楽しめる
  • 何度も通って、自分の舌に合うベストな辛さを見つけるのも楽しみのひとつ
鬼がらし 栗生店

住所: 仙台市青葉区栗生5-21-9

電話:022-391-7343

営業情報:11:30~21:00※スープなくなり次第終了

定休日:無休

【新登場】編集部&ライターが全店実食!新旧問わず、厳選したおいしいラーメン店をご紹介

新旧問わず、
おいしいラーメン店を厳選

宮城県内には、今尚新しいラーメン店が続々オープンしています。ラーメンを食べ続けている麺ライターと、編集部が実食し、本当においしい店のみを厳選しました。なぜ、おいしいのか。なにが、おいしくしているのか。76軒の店主のこだわりを1冊にまとめました。

最新のラーメン店情報をはじめ、繁盛店への1日密着取材、大人が敬遠しがちなG系への挑戦、格段においしくなった麺の秘密を探るべく製麺所へも取材をしました

マチモールでのご購入はこちらから↓
https://machimall.machico.mu/products/detail/166

Amazonでのご購入はこちらから↓
https://www.amazon.co.jp/dp/B08T48HJKQ

宮城県内の最新ラーメン事情をとくとご覧あれ!
WEB記事と雑誌と、W読みすればラーメン巡りがもっと楽しくなるはず。
ラーメン好きのみなさんに、この想い、届け!

★関連リンク★

1.【宮城の味噌ラーメン
2.【宮城のしおラーメン
3.【宮城の醤油ラーメン
4.【宮城の豚骨ラーメン
5.【宮城のまぜ・油そば&つけ麺
6.【仙台駅から徒歩圏内のラーメン
7.【青葉区のラーメン
8.【国分町のラーメン
9.【太白区のラーメン
10.【若林区のラーメン
11.【宮城野区のラーメン①
12.【宮城野区のラーメン②
13.【仙台市泉区のラーメン
14.【名取・岩沼エリアのラーメン
15.【仙台・宮城の人気ラーメン10選

有沙高橋
ありちゃ

週末は「ラーメン遠征」に励む、S-style編集部イチのラーメンマニア。今まで実食したラーメン屋は100軒以上。最近、好きが高じてラーメンソムリエの資格を取得しました~!khb東日本放送(テレビ朝日系列)との連動企画「イケ麺チャージ」を担当、TVにも出演中です。実は実家がラーメン屋。