SNS

STAFF PICK UP!

仙台・宮城の旬な情報を、S-style編集部が毎日お伝えします😆✨

2020.11.04

【仙台タウン誌厳選】絶対食べたい!宮城の味噌ラーメン12店

有沙高橋ありちゃ

※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

※本サイトで提供される記事、写真、イラストなど、あらゆる形のコンテンツには著作権が存在します。著作者の承諾なしに複製・転用・販売などの二次利用をすることを固く禁じます。

 東北のターミナル都市・仙台。古くから多くの人的・文化的な交流が盛んだったここ仙台では、良い意味で”ご当地ラーメン”が存在しません! 様々な方向性の味わいが進化して、オリジナリティあふれるラーメンが日々生まれています。そんな、ラーメン・ダイバーシティ「仙台」で、「絶対に食べてほしい!」ラーメン屋さんをピックアップ。今回は、「味噌ラーメン」をフィーチャーして、12店ご紹介します。

【宮城のおすすめ味噌ラーメン】

1.【岩沼市】コクと甘みの余韻が後引く鴨ダシで勝負『arakawa』
2.【岩沼市】スパイシー!唯一無二の味噌ラーメン『沼田商店 麺組』
3.【宮千代】たっぷりの茹で野菜や背脂、モチモチ太麺『らーめん淳』
4.【古城】爽やかな辛みと味噌の甘み『鬼がらし 仙台店』 
5.【中倉】奇跡のあっさり系味噌スープ『味よしラーメン 中倉本店』
6.【原町】五味を満たす複雑な味わいにファン続出『★ラーメン★ スミス』
7.【落合】長年愛される・変わらない味『おり久』
8.【柳生】のど越しツルツルの氷点麺『ラーメン松月』
9.【長町】進化を続ける味噌ラーメン『麺匠 玄龍 ララガーデン長町店』
10.【原町】万人に愛される素朴な味わい『仙臺みそ壱 原町店』
11.【若林】味噌の奥深い魅力のトリコになる!『味噌三礎』
12.【郡山】珍しい“鰆節”のスープを味わう『麺匠 一丞』

【岩沼市】コクと甘みの余韻が後引く鴨ダシで勝負『arakawa』

 

鴨ダシラーメンの
超新星

「鴨だし 味噌らーめん」(880円)※大盛+100円

店内はカフェを思わせる心地よい空間。カウンターのほか、小上がり席もあるので子連れ客もくつろげる

宮城県民を虜にした『arakawa』のラーメンの肝は、“ほかの店にはないものを”と選んだ「鴨ダシ」。味噌・塩・醤油のいずれも固定ファンがつく人気ぶりだが、中でもリピーターが多いのは味噌ラーメン。スープには、仙台味噌など6種の味噌を合わせて寝かせた特製味噌ダレに、鴨の甘みとコクが絶妙にマッチ! とろりと粘土のあるスープに食べ応えのある中太麺が絡む中毒性のある味わいだ。

★編集部レコメンド

鴨肉のコロコロチャーシュー、シャキシャキの白髪ネギも軽やかなバランス
●炒め野菜の甘みと香ばしさも相まって、一度すするとやみつきになるスープ
●麺は中太ちぢれ麺と細ストレート麺の2種。味噌は、中太がおすすめ!

noodle shop arakawa

住所: 岩沼市中央4-12-5

電話:0223-23-0203

営業情報:11:00〜15:00、金・土曜、日曜11:00〜15:00、17:30〜20:00※スープなくなり次第終了

定休日:月曜(祝日の場合は営業、翌日休み)

HP:https://twitter.com/arakawanoodle/

【岩沼市】スパイシー!唯一無二の味噌ラーメン『沼田商店 麺組』

 

五感がスパーク
間違いなし!

「味噌らーめん」(870円)※大盛+230円

行列店だけに店入口には待合スペースも用意。広々とした空間でゆったりとラーメンが楽しめる

県内屈指の行列店『沼田商店 麺組』。特に人気の「味噌らーめん」は、着丼と同時にスパイシーな香りを感じさせるひと品。5〜6種類の香辛料と2種の味噌をブレンドしたタレをベースに、豚骨を炊き上げた動物系のスープと、3種の煮干しとソウダガツオやマグロの節からとった魚介系スープが力強さと上品さを表現している。あらゆる旨みをまとった麺は、箸が止まらぬ体験をさせてくれるはず。

 

編集部レコメンド

店内の製麺所で作る自家製麺は強く、もっちりとした歯ごたえ
●フライパンで豪快に火入れする炒め野菜もおいしさのポイント
●看板メニューの双璧をなすのは、「醤油らーめん」!

沼田商店 麺組

住所: 岩沼市三色吉字雷神7-1 ハナトピア岩沼内

電話:0223-23-6268

営業情報:11:30〜15:00、17:30〜19:00※スープなくなり次第終了

定休日:第4月曜、第4火曜

HP:https://twitter.com/sakusaku3229

【宮千代】たっぷりの茹で野菜や背脂、モチモチ太麺『らーめん淳』

 

G系さながらの
インパクト

「極麺みそ」(930円)※大盛+50円

お店は地下鉄東西線卸町駅から徒歩圏内

たっぷりの茹で野菜や背脂、モチモチ太麺 と、“G系”さながらのインパクトを誇る「極麺みそ」。シャキシャキの茹で野菜の奥にひそむのは、意外なほどマイルドでほんのり甘めのまろやかスープだ。4種の味噌をブレンドしたタレと、鶏ガラや豚骨、野菜で抽出したスープを合わせ、歯ごたえのある太麺に負けないコク深さに仕上げている。

編集局レコメンド

自家製ラー油やおろしニンニクなど、パンチを効かせた味変も楽しい!
●花山椒の香り華やかな自家製ラー油が相性抜群!
●とろけるような豚バラチャーシューと共に召し上がれ

らーめん淳

住所: 仙台市宮城野区宮千代3-7-4

電話:022-204-7062

営業情報:11:30〜15:00、17:30〜21:00(ラストオーダー20:40)

定休日:火曜

【古城】爽やかな辛みと味噌の甘み『鬼がらし 仙台店』

 

 “鬼がらし流”
唐辛子が自慢

「みそらーめん 大辛」(800円)※大盛+150円

カウンター席がずらり。テーブル席も2つあり、家族連れでの利用にもぴったり

仙台でブームが起こる前から”辛味噌ラーメン”を柱に据える店。一番人気の「みそらーめん」は、ノン辛から超辛まで5段階を用意。一味唐辛子と数種のスパイスをブレンドして生まれるのは、パンチが効いていながらしつこさのないすっきりとした辛みだ。ゴマを練り込んだ特注の白味噌を使ったまろやかなスープが、ピリッとした刺激をさらに際立たせる。

編集局レコメンド

ゴマと白みその風味が混ざる“鬼がらし流”唐辛子が決め手!
●味噌の甘さを感じつつ、唐辛子の刺激を楽しみたいなら大辛がおすすめ
●自信がある人は、ほとんどの人がリタイアすると評判の超辛にチャレンジを!

鬼がらし 仙台店

住所: 仙台市若林区古城3-12-23

電話:022-282-3646

営業情報:11:00〜22:00(ラストオーダー21:30)※スープなくなり次第終了

定休日:水曜

HP:https://onigarashi-sendai.com/

【中倉】奇跡のあっさり系味噌スープ『味よしラーメン 中倉本店』 

 

秘伝の辛味噌で
味変を

「味噌ラーメン」(850円)※大盛+200円

着丼の瞬間から食欲をかき立てる香りのスープは、鶏の胴ガラや煮干でとった素朴な清湯ベース。コクのある白味噌ダレと相まって、思わず飲み干してしまうほど旨い、奇跡のあっさり系味噌スープを生み出している。真の楽しみは特製・辛味噌にあり。柑橘のような爽やかな香りの青唐辛子をはじめ、何種もの食材をブレンドした逸品だ。

編集局レコメンド

スープに溶かせば旨み暴発!秘伝の辛味噌で味変しよう
●丼に華を添えるシャキシャキのネギや青のりも美味
●真紅のスープの「エビラーメン」もおすすめ

味よしラーメン 中倉本店

住所: 仙台市若林区中倉1-7-30

電話:022-283-4044

営業情報:11:30〜20:00※スープなくなり次第終了

定休日:水曜

【原町】五味を満たす複雑な味わいにファン続出『★ラーメン★スミス』 

 

味わい深い
味噌ダレが美味

「ニボ味噌ラーメン」(800円)※大盛+100円、特盛+150円

店名の由来となったロックバンド・HEY-SMITHをはじめ、バンドのポスターや数多くにサインが彩る

多彩な味噌ラーメンが評判の『スミス」。「煮干」×「味噌」×「太麺」という個性的なマッチを可能にしたのは、店主の底知れぬ研究心だ。水出しでえぐみなく抽出した煮干と乾物のスープに、鶏・豚ガラでとった動物系スープを合わせて仕上げている。もっちりとした太麺がたくましくスープをすすり上げ、口いっぱいにおいしさを届けてくれる。

編集局レコメンド

味噌ダレには仙台味噌、信州味噌、八丁味噌を合わせてコク深さを実現!
●濃厚ながらバランスの良い味わいが◎
●多種多様な味噌ラーメンがあるのでお気に入りを見つけてみて

★ラーメン★ スミス

住所: 仙台市宮城野区原町1-3-21

電話:022-299-6388

営業情報:11:00〜15:00、18:00〜22:00※スープなくなり次第終了

定休日:水曜

HP:https://twitter.com/Ramensmith/

【落合】長年愛される・変わらない味『おり久』 

 

 野菜と赤味噌が
織りなす味わい

「野菜みそラーメン赤」(850円)※大盛+150円

店内は明るく、清潔感にあふれ、休日はファミリーなどで賑わっている

親から子へと何世代にも受け継がれ、愛され続ける一軒。8時間煮込んだ豚ガラスープは、赤味噌のパンチ力ある辛さと絶妙にマッチ。トッピングのタマネギやモヤシといった野菜は、あえてシャキシャキ感を残す程度に炒めることで、スープにとけ広がるほど甘みが増すという。ややウェーブがかったモチモチの中太麺と合わせて、一滴も余すことなく味わいたい。

編集部レコメンド

●シャキシャキ野菜の甘みと赤味噌の辛さがマッチ
●長年変わらない味の秘訣はピリッと辛い絶品赤味噌
●ラーメンの〆には自家製チャーシューが具材の「みそおにぎり」がおすすめ!

ラーメン専門店 おり久

住所: 仙台市青葉区落合2-1-1

電話:022-226-8087

営業情報:11:00〜15:00、17:00〜19:30、土・日曜、祝日11:00〜19:30

定休日:月曜、第3日曜

HP:https://twitter.com/OriqMen331

【柳生】のど越しツルツルの氷点麺『ラーメン松月』

 

コク深スープの
王道の一杯

「みそラーメン」(700円)はこってりし過ぎず、飽きのこない一杯

厨房はガラス張りで、スタッフがラーメンを作っているところが見える造り

閑静な住宅街に佇む隠れた人気店です。白味噌と赤味噌をブレンドし、濃厚な甘みと旨みを感じるスープに合わせるのは、のど越し抜群の“氷点麺”。低温で熟成させることで麺の酸化を防ぎ、小麦の風味をしっかり感じられるのが特長です。レンゲにのせられた辛みそをスープに溶かせばコクがさらに深まり、芳醇な味わいが楽しめます。

編集部レコメンド

  • 昔ながらの野菜たっぷりの味噌ラーメン
  • 0℃で冷蔵熟成した氷点麺の程よい縮れが、スープによく絡みます
  • 濃厚ながらキレがよく、飽きのこない一杯です
氷点麺の店 ラーメン松月

住所: 仙台市太白区柳生5-13-7

電話:022-242-6282

営業情報:11:30~20:00

定休日:水曜

【長町】進化を続ける味噌ラーメン『麺匠 玄龍 ララガーデン長町店』

より親しみやすい
まろやかな旨み

「味噌らーめん」(990円)※大盛+165円

かつて移転前の店舗で「らしからぬ味噌ラーメン」が大きな評判を呼んでいた『玄龍』。「より親しみやすいラーメンを」と誕生したのが、看板メニューの「味噌らーめん」です。アゴと豚骨のWスープに合わせるのは、麹の酸味を抑えるようにブレンドした味噌ダレ。ふくよかなダシの旨みに味噌の風味がマッチした、老若男女に愛されるまろやかな一杯です。

編集局レコメンド

  • シャキシャキの野菜がたっぷりで、食べ応えもばっちり
  • 3種の味噌をブレンドした味噌ダレがコク深い味わいです
  • 多加水麺や、炒め野菜の香味とのバランスも抜群!
麺匠 玄龍 ララガーデン長町店

住所: 仙台市太白区長町7-20-5 ララガーデン長町3F

電話:022-796-2511

営業情報:11:00~22:00(ラストオーダー21:00)

定休日:ララガーデン長町に準ずる

HP:http://mensho-genryu.com

【原町】万人に愛される素朴な味わい『仙臺みそ壱 原町店』

 

【新登場】編集部&ライターが全店実食!新旧問わず、厳選したおいしいラーメン店をご紹介

炒め野菜の甘みが
じ~んわり

「野菜みそラーメン」(780円)※大盛+120円

店内はカウンター席のみ。ほか、『仙台駅前ロフト1階店』『榴岡店』『小田原店』がある

仙台市民の舌と心に刻まれた、ほっと心落ち着くやさしい味わいの味噌ラーメンが楽しめます。何度食べても期待を裏切らないおいしさの秘訣は、ラードで香ばしく炒めたシャッキシャキの山盛り野菜にあり! 野菜そのものの甘みがスープに溶け出て、オリジナルブレンドの味噌の旨みを絶妙に引き立てています。

編集局レコメンド

  • 高温で火入れした新鮮野菜のシャキシャキ歯触りが美味
  • 食材はすべて国産にこだわっているのもうれしいポイント
  • 原町店限定の「シビれる辛し野菜みそ」もおすすめです
仙臺みそ壱 原町店

住所: 仙台市宮城野区原町6-2-34

電話:022-296-4655

営業情報:11:00~22:00(平日ランチタイム~15:00)

定休日:月曜

HP:https://twitter.com/ramenmisoichi

【若林】味噌の奥深い魅力のトリコになる!『味噌三礎』

 

フレンチ出身の
店主ならではの
緻密な一杯

「まろやか濃厚白味噌」(780円)※麺の大盛+100円

国道54号線沿いに建つ。昼時ともならば、あっという間に駐車場が埋まる人気店

フレンチ出身の店主が魅せられた、仙台味噌を中心に考案したメニューを提供しています。安定した人気を誇る「まろやか濃厚白味噌」は、豚骨と鶏の白湯スープをベースに3種をブレンドした味噌ダレと秘伝のオイルでコクと香りをプラス。食感のアクセントとなるエシャロットなど、緻密に計算された味の組み立てはひと口にラーメンと括るのが惜しいほどのおいしさです。

編集部レコメンド

  • フレンチ出身の店主ならではの味わいで、味噌ラーメンの概念が覆るほどのおいしさ!
  • 豚骨と鶏を一日かけて炊いた白湯スープも奥深い味わい
  • 味噌ダレで煮込んだチャーシューも絶品です
味噌らーめん専門店 味噌三礎

住所: 仙台市若林区若林1-4-50

電話:非公開

営業情報:11:00~14:45、17:00~20:30※スープなくなり次第終了

定休日:月曜(祝日の場合は営業、翌日休み)、ほか不定休あり

【郡山】珍しい“鰆節”のスープを味わう『麺匠 一丞』

 

鰆節の甘い
余韻を感じて

「味噌らーめん」(820円)

他ではなかなかお目にかかれない鰆節のラーメンを味わえます

名店『玄龍』で修業を積み、かつて同店があった場所で独立した店主が営んでいます。その特徴は、なんといってもスープに「鰆(さわら)節」を使っていること! 旨みが強く、後味に甘さを感じる鰆節は、コク豊かな味噌ダレと相性抜群です。しっかり炊いた豚骨のパンチも加わり、風味豊かな一杯に仕上げています。

編集部レコメンド

  • 店舗で炙りを入れ鰆節の独特な香りを和らげていて食べやすい
  • 福島・羽田製麺謹製のつるつるプリプリの多加水麺とのバランスも◎
  • 他ではなかなかお目にかかれない鰆節のラーメンを味わうならここで決まり!
麺匠 一丞

住所: 仙台市太白区郡山4-14-13

電話:022-247-6113

営業情報:11:30~15:00※スープなくなり次第終了

定休日:火曜(祝日の場合は翌日)

HP:https://twitter.com/tNEsnSMMJRgEF4w

新旧問わず、
おいしいラーメン店を厳選

宮城県内には、今尚新しいラーメン店が続々オープンしています。ラーメンを食べ続けている麺ライターと、編集部が実食し、本当においしい店のみを厳選しました。なぜ、おいしいのか。なにが、おいしくしているのか。76軒の店主のこだわりを1冊にまとめました。

最新のラーメン店情報をはじめ、繁盛店への1日密着取材、大人が敬遠しがちなG系への挑戦、格段においしくなった麺の秘密を探るべく製麺所へも取材をしました

マチモールでのご購入はこちらから↓
https://machimall.machico.mu/products/detail/166

Amazonでのご購入はこちらから↓
https://www.amazon.co.jp/dp/B08T48HJKQ

宮城県内の最新ラーメン事情をとくとご覧あれ!
WEB記事と雑誌と、W読みすればラーメン巡りがもっと楽しくなるはず。
ラーメン好きのみなさんに、この想い、届け!

 

★関連リンク★

1.【宮城の味噌ラーメン
2.【宮城のしおラーメン
3.【宮城の醤油ラーメン
4.【宮城の豚骨ラーメン
5.【宮城のまぜ・油そば&つけ麺
6.【仙台駅から徒歩圏内のラーメン
7.【青葉区のラーメン
8.【国分町のラーメン
9.【太白区のラーメン
10.【若林区のラーメン
11.【宮城野区のラーメン①
12.【宮城野区のラーメン②
13.【仙台市泉区のラーメン
14.【名取・岩沼エリアのラーメン
15.【仙台・宮城の人気ラーメン10選
16.【元祖・宮城のラーメン激戦区】愛子エリアの名店6選
17.新たなラーメン激戦区⁉五橋・中倉エリアが熱い‼

有沙高橋
ありちゃ

週末は「ラーメン遠征」に励む、S-style編集部イチのラーメンマニア。今まで実食したラーメン屋は100軒以上。最近、好きが高じてラーメンソムリエの資格を取得しました~!khb東日本放送(テレビ朝日系列)との連動企画「イケ麺チャージ」を担当、TVにも出演中です。実は実家がラーメン屋。