SNS

STAFF PICK UP!

仙台・宮城の旬な情報を、S-style編集部が毎日お伝えします😆✨

2022.01.15

【全文公開】蒲鉾本舗高政社長による好評連載「女川とアカルイミライ」vol.10

有沙高橋ありちゃ

皆さんこんにちは!
S-style編集部のありちゃです。

女性アイドル(特にWACK)と女川大好き!なありちゃの熱烈オファーにより始まった、蒲鉾本舗高政社長・高橋正樹さんによる好評連載「女川とアカルイミライ」。

震災後の悲しみの中、ひょんなことから始まった女川とアーティストたちの物語。さまざまな出会いを経て、“被災地”から“ハッピーを届ける町”へと変貌を遂げた女川のストーリーを、物語の立役者・老舗蒲鉾店『蒲鉾本舗 高政』社長の高橋正樹さんが紡ぎます。

蔵出し情報満載!(?)な本連載を、全国のアーティストファンにも届けるべく、
特別にWEBで全文公開します。

第10回「ONAGAWACK その①」

’12年、1期BiSがおながわ秋刀魚収獲祭にご出演いただいて以来、現WACK社長・渡辺淳之介氏とのご縁が始まった。1BiS解散後も、2BiSGANG PARADEEMPiRE、多くのWACK所属アイドルグループに、3月の女川町復幸祭と9月のおながわ秋刀魚収獲祭で街を盛り上げていただいてきた。「みんな女川を楽しみにしているんですよ」「女川って特別なんです!」とメンバーやファンの皆さんからうれしいお声をもらうが、こちらこそお世話になりっぱなしで頭が上がらない。そして、この「年に2回、東京からアイドルが来て地元を盛り上げてくれる」という積み重ねが、人口6000人内外の田舎町に変化と文化をもたらすことになる。

’18年女川町復幸祭は2BiSGANG PARADEが出演した。ステージはもちろん大変盛り上がり、打上げの席では食事と共に町民とさまざまな話に花を咲かせた。一方同日、同じWACK所属のBiSHは沖縄でライブ。バーベキューなどでファンと交流していた。WACK界隈、アイドル界隈は遠く離れた2つの場所についてSNSで賑やかさを見せていた。こちらも「沖縄もめっちゃ楽しそうですね」「BiSHは女川に来たんですか?」「いや、唯一来てもらっていない。スケジュールとか会場の事情とかいろいろあるからね」などと会話をしていたところ、お酒の入った女川町長が「もうWACKが全部女川に集結するイベントやろうよ! 女川とWACKで『ONAGAWACK』だ! ハッハッハ!」と剛毅なノリで喋る。あはは、それいいですね、女川なら何でもできそうですね! 一同盛り上がったが、誰ひとり本気ではなかった。

その翌日、友人の娘さんから声をかけられた。昨日はものすごく楽しかったと感謝を言われたあと「BiSHも女川に来てほしいです。この街の空気を、人の温かさと前向きな生き方を感じてほしくて…」。ちょっと待っててねと、私はその場でWACK渡辺社長に電話をした。昨日は大変盛り上がりました、ありがとうございました! ジュンジュン、WACK全部女川に集まってさ、ほかでできないようなイベントやらない? ONAGAWACKなんてのが町長からも昨夜出たんだけど。「お、いいっすね! やりましょう!」即答だった。マジすか…。

「S-style1月号」には写真掲載!

いかがでしたか?

女川でのイベントの様子も掲載しています。
興味がある方は、ぜひお手にとってみてくださいね。

次回の連載もお楽しみに!

 

「S-style1月号」はAmazonでも好評発売中!

★「女川とアカルイミライ」過去記事はこちらから★
第1回 BiSと女川のはじまり①
第2回 BiSと女川のはじまり②
第3回 BiSと女川のはじまり③
第4回 女川町民音楽祭「サンマーソニック」①
第5回 女川町民音楽祭『サンマーソニック』②
第6回 「ただいま」と「おかえり」
第7回 港町女川のギター工房
第8回 アイナ・ジ・エンドさんの涙
第9回 あの日から10年を越えてなお

有沙高橋
ありちゃ

週末は「ラーメン遠征」に励む、S-style編集部イチのラーメンマニア。今まで実食したラーメン屋は100軒以上。最近、好きが高じてラーメンソムリエの資格を取得しました~!khb東日本放送(テレビ朝日系列)との連動企画「イケ麺チャージ」を担当、TVにも出演中です。実は実家がラーメン屋。