SNS

STAFF PICK UP!

仙台・宮城の旬な情報を、S-style編集部が毎日お伝えします😆✨

2021.01.28

【自然の恵み豊かな蔵王】ここに行きたい!ランチ13選

琴乃後藤S-styleWEB編集室

※本サイトで提供される記事、写真、イラストなど、あらゆる形のコンテンツには著作権が存在します。著作者の承諾なしに複製・転用・販売などの二次利用をすることを固く禁じます。

※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

蔵王山麓には自然がいっぱい! 今回は『せんだいタウン情報 S-style』の編集部が出合ったお店を13店ピックアップしました。お店選びの参考にしてくださいね。思い切り食べて遊んだ後には、温泉へ行くのもおすすめですよ。

【地元タウン誌厳選】蔵王エリアのランチスポット13店

1.ブランド豚を手軽に楽しむ『ZAO BOO』
2.受け継がれ、進化する伝統の味『中華亭 分店』
3.自慢の台湾グルメがずらり!『慢瑤茶』
4.遠刈田温泉で愛され続ける老舗そば店『新楽』
5.蔵王の森に現れた赤い屋根『Akai△Yane』
6.無化調の中華そば『麺王 みらい 蔵王円田店』
7.アートに囲まれた非日常空間『CrossRoad』
8.長年愛される魅惑の味噌ラーメン『ラーメン渓流』
9.「蔵王のお釜ピザ」で名を馳せる『ルヴォワール』
10.食事からお土産まで揃う『蔵王酪農センター』
11.手作りソーセージやハムが評判『ベルツ』
12.新鮮野菜に大満足『ほわいとらでぃっしゅ 蔵王わくわくファーム』
13.県内外のそば通を魅了する一軒『川音亭』

ブランド豚を手軽に楽しむ『ZAO BOO』

 

「みちのくもち豚」を使った
絶品ハンバーガー

「ZAO BOOバーガー」(big890円)。small690円もあります

ブランド豚「みちのくもち豚」のバーベキューやハンバーガーが味わえるレストラン『ZAO BOO』。肉汁あふれる絶品バーガーはもちろん、もち豚はハンバーグやしょうが焼き、ヒレカツなどでも楽しむことができます。希少な蔵王牛を使ったメニューもおすすめですよ。

★編集部レコメンド

  • もち豚の旨みを感じるハンバーガーが美味!
  • 流通量の少ない蔵王牛を使ったメニューも要チェック
  • 蔵王の自然を眺めながら家族や仲間とワイワイBBQするのも楽しい
もちぶたBBQ&グリル ZAO BOO

住所: 刈田郡蔵王町遠刈田温泉仲町9-1

電話:0224-34-3953

営業情報:11:00~18:00ラストオーダー

定休日:木曜(祝日の場合は営業)

HP:https://zaobooburger.com

受け継がれ、進化する伝統の味『中華亭 分店』

 

毎日食べても飽きない
人気の中華そば

「中華そば」(650円)。魚介系・動物系の旨みがバランスよく折り重なった、コクのあるスープ

クラシカルな佇まいの「中華そば」で知られる白石の老舗『中華亭』から唯一のれん分けを許されたお店です。節や煮干からとった魚介ダシの香りの奥に、豚や鶏から引き出した動物系の旨みが染み渡るスープ。つるりとしたのど越しが心地よい自家製麺をすすれば、その美味しさに思わずうなってしまうはず。

編集部レコメンド

  • 季節や天候によって味の調整を続けてきた渾身の一杯
  • 休日ともなれば長蛇の列ができる人気店
  • 奥様の父である本店の先代からご主人、そして息子さんへと受け継がれる伝統の味
ラーメンの店 中華亭 分店

住所: 刈田郡蔵王町遠刈田温泉字七日原478-1

電話:0224-34-4262

営業情報:11:00~15:45ラストオーダー

定休日:火曜、第2・4水曜

自慢の台湾グルメがずらり!『慢瑤茶』

 

台湾の風を感じながら
ひと休み

やさしい甘みが広がる「豆花」や、もちもち食感の「タピオカドリンク」など

ルーロー飯や小籠包、ちまき、胡椒餅などの食事から、かき氷やタピオカといったスイーツまで、話題の台湾グルメが満喫できます。台湾茶も種類豊富で、茶葉はすべてオーナーが台湾から直接仕入れるというこだわりの品です。

編集部レコメンド

  • 台湾グルメで旅行気分が味わえる
  • 台湾のソウルフード「ルーローハン」がおいしい
  • 香り高い台湾茶が癒し効果抜群
台湾喫茶 慢瑤茶

住所: 刈田郡蔵王町遠刈田温泉本町14

電話:0224-34-4218

営業情報:10:00~18:00

定休日:火・水曜

遠刈田温泉で愛され続ける老舗そば店『新楽』

 

人気の「かもそば」は
野菜と鴨の旨みたっぷり

「冷かもそば」(1,100円)。まずはつゆにつけずにそのまま食べて、挽きぐるみならではの歯触りを楽しむのがおすすめです

創業からおよそ60年になる『新楽』では、大ぶりな鴨肉が入った「かもそば」が大人気! 店主が蔵王山麓の名水で打つ香り豊かな田舎そばは、ホシも混ざり食感も楽しめます。自家栽培のケールなどの旬野菜と、鴨肉の旨みが溶け出したそばつゆとの相性も抜群ですよ。

編集部レコメンド

  • 人気の「かもそば」は、温冷2種類用意。ゴロゴロと大ぶりな鴨肉がたまらない!
  • 朝採れ野菜の漬物も常連客から人気
  • 遠刈田温泉街にあるので、温泉帰りに立ち寄れる
蔵王 かもそば 新楽

住所: 刈田郡蔵王町遠刈田温泉本町18

電話:0224-34-2527

営業情報:11:00~19:00

定休日:水曜

蔵王の森に現れた赤い屋根『Akai△Yane』

 

森のパワーを感じながら
焼きたてピザに舌鼓

ピザにピクルスとポタージュがセットになった「ジェノバシーフード ランチセット」(1,000円。土・日曜祝日は1,380円)

自然豊かな蔵王の森に囲まれた一軒の別荘をリノベーションしたピザ屋さんです。本場・イタリアから取り寄せたオーブン窯で焼くあつあつピザが楽しめます。人気の「ジェノバシーフード」はもちろん、季節野菜のピクルスやポタージュ、デザートもお見逃しなく!

編集部レコメンド

  • 「ジェノバシーフード」のほか、「マルゲリータ」や「4種のチーズピザ」も人気
  • 旬の果物や野菜で仕立てた「季節のジェラート」(350円)は、食後に◎
  • ペット連れOKのテラス席や、店舗裏には無料の足湯も完備
Italian&Cafe Akai△Yane

住所: 刈田郡蔵王町遠刈田温泉字新地東裏山34-195

電話:0224-26-6323

営業情報:ランチ11:30~14:00、カフェ14:00~16:30、ディナー16:30~18:00ラストオーダー、土・日曜、祝日ランチ11:00~14:00ラストオーダー、ディナー17:00~19:00ラストオーダー

定休日:木曜

無化調の中華そば『麺王 みらい 蔵王円田店』

 

古き良き時代の
中華そばに首ったけ!

「中華そば(並)」(650円)※中盛(1.5玉)+100円、大盛(2玉)+200円、替玉+200円

蔵王町役場から遠刈田温泉へ向かう県道12号線沿いに建つ『麺王 みらい 蔵王円田店』。煮干、ゲンコツのほか、野菜やリンゴなど蔵王の恵みからダシをとったスープが自慢の中華そばが楽しめます。自家製麺で、保存料や化学調味料を使わずに仕上げた昔ながらの味わいが魅力です。

編集部レコメンド

  • 保存料、化学調味料不使用の中華そば
  • 豚バラチャーシューが、とろりととろける柔らかさ
  • 『麺王 みらい 宮店』とは、同じ味を提供する姉妹店
麺王みらい 蔵王円田店

住所: 刈田郡蔵王町円田字釜沢13-15

電話:0224-26-9082

営業情報:11:00~15:00※スープがなくなり次第終了

定休日:金曜、第1・3木曜

HP:http://hacca.under.jp/shop/mirai/

アートに囲まれた非日常空間『CrossRoad』

 

一点ものの器とともに
蔵王の時間を満喫

「季節の野菜スープカレー」(900円※写真は夏のカレー)。前菜とサラダ、チーズトースト、デザート付きです

遠刈田温泉街から車で5分ほどの場所にある古民家風カフェ。店に入るとギャラリーがあり、靴を脱いで上がるフローリングの部屋がカフェになっています。店内に飾られた、個性豊かな作品は実際に料理やスイーツの器として使用。季節で変わるスープカレーや日替りのキッシュ、クレープなどが人気です。

編集部レコメンド

  • 東北を中心とした国内作家の陶器やガラス作品で食事やドリンクが楽しめる
  • ひとりひとりに異なる器で出すので、どんな作品に出会えるかも楽しみ
  • ギャラリーの展示内容は、1~2ヵ月ごとに変わる。ギャラリーや作品を覗くだけでもOK
ギャラリーカフェ CrossRoad

住所: 刈田郡蔵王町遠刈田温泉字新地西裏山18-2

電話:0224-34-3939

営業情報:10:00~16:00

定休日:月~水曜(祝日の場合は営業)

長年愛される魅惑の味噌ラーメン『ラーメン渓流』

 

辛味噌を溶かせば
2度おいしい!

たっぷりの野菜と170gの麺で食べ応え抜群の「味噌ラーメン」

笹谷街道の道中に見える『ラーメン渓流』。一番人気の「味噌ラーメン」は、訪れる人の8割が注文するそう! コク深い味噌スープが絡んだプリプリの多加水麺を野菜と一緒に頬張れば、口の中に濃厚な旨みが広がります。辛味噌を溶かすことでほのかな辛みとコクがプラスされ、違った味わいが楽しめますよ。

編集部レコメンド

  • たっぷりの野菜と170gの麺で食べ応えも抜群
  • トウガラシをはじめ、10数種類のスパイスを調合したオリジナルの辛味噌
  • 店内には広々とした座敷席もあるので、子ども連れでも安心
笹谷 ラーメン渓流

住所: 柴田郡川崎町大字今宿字道下25-6

電話:0224-84-5659

営業情報:11:00~19:00(ラストオーダー18:45)、土・日曜、祝日11:00~20:00(ラストオーダー19:30)

定休日:水曜

HP:https://ramenkeiryu.com

「蔵王のお釜ピザ」で名を馳せる『ルヴォワール』

 

吟味した素材による
“日本のピザ”

とろ~りチーズがあふれ出す「蔵王のお釜ピザ」(1,580円)は人気No.1メニュー

木造校舎の教室をイメージした店内で、焼きたてのピザが味わえる『ルヴォワール』。生地は天然酵母と国産小麦、天然の海塩と蔵王山麓の清水を使用。国産の素材にこだわった“日本のピザ”は心温まる味わいです。オリジナルの包みピザ「蔵王のお釜ピザ」もおすすめですよ。

編集部レコメンド

  • 「蔵王のお釜ピザ」はチーズ好き必食!
  • 自家製ベーコンも美味!
  • 木造校舎が好きなオーナーがこだわった店内は、思わず頬が緩む懐かしさ
森のピザ工房 ルヴォワール

住所: 柴田郡川崎町前川字松葉森山6-5

電話:0224-86-4678

営業情報:10:00~16:30、土・日曜、祝日10:00~18:00※ラストオーダー各30分前

定休日:火曜(祝日の場合は営業)

HP:https://revoir-inc.com

食事からお土産まで揃う『蔵王酪農センター』

 

豊富なチーズや
ブランド牛を堪能!

とろけるチーズがたまらない「ラクロネット」(1人前1,150円※2名より注文可)

蔵王山麓七日原で育まれた良質な素材から生まれた名産「蔵王クリームチーズ」をはじめ、ナチュラルチーズやヨーグルトなどを販売しています。敷地内にはスイスの家庭料理「ラクロネット」や蔵王の新たなブランド牛「蔵王爽清牛」を使ったメニューを味わえる施設もあり、買い物から食事まで楽しめますよ。

編集部レコメンド

  • バラエティ豊かなチーズ類やアイスクリームなどが揃う、乳製品好きのパラダイス!
  • 複数のレストランやお土産売り場があり、楽しみ方は多彩
  • 敷地内にあるローズガーデンは、6月上旬~7月上旬が見ごろ
蔵王酪農センター

住所: 刈田郡蔵王町遠刈田温泉字七日原251-4

電話:0224-34-3311

営業情報:9:00~17:00

定休日:無休

HP:https://www.zao-cheese.or.jp

手作りソーセージやハムが評判『ベルツ』

 

国際コンクールで受賞した
自慢の味を召し上がれ

「バイエルンプレートランチ」(1,695円)は食べ応えたっぷり

山小屋の雰囲気が漂うログハウスで、蔵王の四季を満喫しながら季節の料理が楽しめる『ベルツ』。天然塩を使った自慢のソーセージやハムは、本場ドイツで開催されたIFFA2004国際コンクールで金賞を受賞した店の看板メニューです。お土産としても販売しています。

編集部レコメンド

  • 国際コンクールで金賞を獲得した逸品は見逃せない
  • ビールとともにソーセージを味わうのが最高
  • お土産としても喜ばれること請け合い
森のソーセージレストラン ベルツ

住所: 刈田郡蔵王町遠刈田温泉字遠刈田北山21-12

電話:0224-34-2001

営業情報:11:00~14:30ラストオーダー、17:30~19:30ラストオーダー(金・土曜のみ夕方も営業) 定休日:木曜(祝日の場合は翌水曜)

新鮮野菜に大満足『ほわいとらでぃっしゅ 蔵王わくわくファーム』

 

野菜がたっぷり入った「蔵王高原野菜スープカレー」

蔵王七日原地域で野菜作りをする『蔵王わくわくファーム』が、旬の素材をおいしく味わってほしいとオープンさせたレストランです。野菜たっぷりのスープカレーは、じんわりと甘くスパイシー。自家製窯で焼いたピザや、スモーキーな「いぶりドライ大根」も見逃せませんよ。

編集部レコメンド

  • 農家ならではの新鮮野菜だからこそ味わえる素材のおいしさに感動
  • 野菜たっぷりのメニューは、健康志向の人にもおすすめ
  • スモーク風味の「いぶりドライ大根」はお土産にもぴったり
ほわいとらでぃっしゅ 蔵王わくわくファーム

住所: 刈田郡蔵王町遠刈田温泉字小妻坂71

電話:0224-34-2041

営業情報:11:00~17:00(17:00以降は予約時のみ営業)

定休日:火曜(祝祭日の場合は営業)

県内外のそば通を魅了する一軒『川音亭』

 

香りと甘みを楽しむ
手打ちそば

ふっくら肉厚で骨までやわらかいイワナの天ぷらを、自家製味噌ダレで味わう「いわなご膳」(1,900円)

豊かな自然に囲まれた『川音亭』のそばは、すするたび鼻に抜ける豊かな香りと、舌に残る甘みが特長です。長い経験で培った職人技と敷地内に湧く天然水、そして厳選した玄そばが味の要。冬の数日間、店裏の川に玄そばを浸し寒風で乾燥させた「寒ざらしそば」を一年中楽しめるほか、10月からは新そばも登場します。

編集部レコメンド

  • きれいな水と澄んだ空気、冬の厳しい寒さで仕込んだ「寒ざらしそば」が味わえる
  • 自家栽培の野菜や山菜など、季節の旬菜が楽しめる「野菜天ざるそば」もおすすめ
  • 店長と女将、大女将のアットホームなもてなしも人気の理由
本格完全手打蕎麦 川音亭

住所: 柴田郡川崎町大字前川字六方山29-1

電話:0224-87-2903

営業情報:11:00~16:00※そばなくなり次第終了

定休日:不定休

別冊「宮城を楽しむ おでかけ&宿」発売中

【同梱】『カフェボン』仙台編・宮城編 2冊セットもあります!

のべ数百軒以上の温泉宿やレジャースポット等を取材してきた地元の情報のプロである編集部が、これまでの掲載店の中から選んだ、withコロナ時代だからこそ楽しむべき宮城の温泉宿&おでかけ情報を集約。県内での観光を楽しんでもらうための1冊です。

■でかけて、遊んで。泊まって。今こそ宮城を楽しもう
『S-style』と 『Kappo』の両編集部が選んだ、自信を持っておすすめする宿泊施設と、周辺の立ち寄りスポットの情報を、30代前半のニューファミリー層から、旅好きのアクティブシニア層まで、幅広い世代にお届けします。「あそこに行こう、ここに行こう!」というお楽しみリストを作って、ご家族やご友人とシェアをする、なんていうのも素敵です。

マチモールはこちら
https://machimall.machico.mu/products/detail/147

Amazonはこちら
https://www.amazon.co.jp/dp/B08HH1JWYL

休日のおともに、『宮城を楽しむ おでかけ&宿』もぜひ活用してくださいね!

★関連リンク★

●和食から洋食まで!日本三景・松島のランチ6選
https://s-style.machico.mu/pickup/13639
●プチ旅行気分を満喫!秋保で楽しむランチ6選
https://s-style.machico.mu/pickup/13676
●いくつ知ってる?仙台駅のおすすめランチ7選
https://s-style.machico.mu/pickup/13827

ーーーーーー

●【地元タウン誌厳選】白石・蔵王に行くなら訪れたい日帰り温泉9選
https://s-style.machico.mu/pickup/13105

琴乃後藤
S-styleWEB編集室

宮城県内6万部発行の45年続くタウン情報誌『せんだいタウン情報S-style』。地元グルメを知り尽くすタウン情報編集部が、地元で愛される名物を紹介します。スマホやPCで情報収集をしながら、「街を楽しむプロ」になろう!