SNS

STAFF PICK UP!

仙台・宮城の旬な情報を、S-style編集部が毎日お伝えします😆✨

2021.01.25

和食から洋食まで!日本三景・松島のランチ6選

琴乃後藤S-styleWEB編集室

※本サイトで提供される記事、写真、イラストなど、あらゆる形のコンテンツには著作権が存在します。著作者の承諾なしに複製・転用・販売などの二次利用をすることを固く禁じます。

※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

日本三景のひとつに数えられる、日本屈指の景勝地である『松島』。今回は和食から洋食まで、自慢の景観とお食事を楽しめるお店を、宮城県内6万部発行の45年続くタウン情報誌『せんだいタウン情報S-styleの編集部がご紹介します。お店選びの参考にしてくださいね。

和食から洋食まで!日本三景・松島のランチ6選

1..カキとアナゴ好きは必食!『田里津庵』
2.船元が確かな目利きで営む『松島さかな市場』
3.五大堂前の洋食店『グリル玉屋(たいかん亭2F)』
4.ハンバーガーの可能性を感じる一軒『Harry’s Junction』
5.松島イタリアンを提案する『Toto』
6.全国から映画フリークが訪れる『LYNCH』

カキとアナゴ好きは必食!『田里津庵』

 

松島湾と楽しむ
贅沢ランチ

名物「究極のかきフライ」(冬季限定)

「あなごひつまぶし」

松島湾を望む観光地にありながら、静かで贅沢な時間が過ごせる隠れ家のような佇まいが魅力の『田里津庵』。宮城県産の大ぶりのカキを使った「究極のかきフライ」(冬季限定)と、秘伝のタレをまとったアナゴがたまらない「あなごひつまぶし」が名物です。日本三景を眺めながら、ちょっぴり贅沢なランチタイムが過ごせますよ。

★編集部レコメンド

  • サックリ揚がったカキフライは、中が驚くほどジューシー!
  • 5種の薬味とダシで、多彩な食べ方ができるひつまぶし
  • 大きな窓から松島湾を一望できる贅沢な空間
かきとあなご 松島 田里津庵

住所: 宮城郡利府町赤沼字井戸尻132-2

電話:0570-041-075

営業情報:11:00~15:00(土・日曜、祝日~16:00)※ラストオーダー各30分前

定休日:不定休

HP:https://www.ichinobo.com/taritsuan/

船元が確かな目利きで営む『松島さかな市場』

 

松島の海の幸が
大集合!

土産物、水産加工品、名産品など、海にまつわるものが豊富に揃っています

松島周辺の海の幸が揃う市場。気仙沼の大型マグロ漁船の船元が手がけているだけあって、目利きはお墨付きです。2階には海鮮丼や寿司などをイートインできるスペースもあり、松島の味覚を存分に味わうことができますよ。カキのクリームコロッケを米粉バンズで挟んだ「松島かきバーガー」が名物になっています。

編集部レコメンド

  • 「松島かきバーガー」は、休日に行列ができるほどの人気商品
  • バンズの米粉には宮城県産ササニシキを使用
  • 豊富な品ぞろえでお土産探しにもうってつけ
松島さかな市場

住所: 宮城郡松島町字普賢堂4-10

電話:022-353-2318

営業情報:8:00~17:00

定休日:無休

HP:http://www.sakana-ichiba.co.jp

五大堂前の洋食店『グリル玉屋(たいかん亭2F)』

 

松島では珍しい
洋食を堪能

本日のスープとお新香が付いた「ステーキ丼」(1,620円)

松島湾を眺めながら食事が楽しめます

五大堂前にあるこちらは、松島ではなかなかお目にかかれない洋食を味わえるお店です。オープンキッチンの店内からは、目の前に広がる松島湾の景色を楽しむことができますよ。「ステーキ丼」をはじめ、パスタやカレーなど、老若男女に愛される味が人気を集めています。

編集部レコメンド

  • 松島湾を眺めながら食事が楽しめる
  • 松島で洋食を味わいたくなった時におすすめ
  • 「お子様ランチ」もあるので、子ども連れにもぴったり

 

グリル玉屋(たいかん亭2F)

住所: 宮城郡松島町松島字町内98-9 たいかん亭2F

電話:022-354-3191

営業情報:11:00~15:00、土・日曜、祝日11:00~15:30※ラストオーダー各30分前

定休日:無休※1月、2月のみ不定休

HP:https://www.taikanso.co.jp/taikantei/tamaya/tamaya.html

ハンバーガーの可能性を感じる一軒『Harry's Junction』

 

口いっぱいに旨みが
広がる絶品ハンバーガー

「アボカドチーズバーガー」(1,430円)、「ポテトS」(165円)。豪快にかぶりついてもよし、ナイフで切り分けて食べてもよし!

店内は、アメリカの田舎にあるダイナーをイメージ。ポップなイラストや英字のロゴがセンスよくあしらわれています

本格ハンバーガーを柱に据える一軒。ハンバーガーは定番から個性派まで、14種類をラインナップしています。つなぎを一切使わず、オージー・ビーフの粗びき肉100%で作るパティの肉々しさがたまりません。手作りにこだわったソースやマヨネーズ、ほんのりと甘さを感じる軽めのバンズなど、選び抜いた食材で作る絶品ハンバーガーは必食です!

編集部レコメンド

  • 赤身肉メインで作るパティは、胃もたれしないとシニア層からも大好評
  • 松島産カキのジャム、ずんだアイスクリームといった地元色豊かなハンバーガーにも注目
  • タコスやサンドイッチなど、アメリカンで“ゴキゲン”なメニューも揃う
Harry's Junction

住所: 宮城郡松島町高城字町195-1 コセキビル1F

電話:022-290-6827

営業情報:11:00~20:00

定休日:火曜

HP:https://harrysjunction.com

テラス席のような開放感『Toto』

 

陽気なイタリアンを
思う存分味わおう

前菜とコーヒーなどのドリンクが付いた「山盛り魚介のペスカトーレ」

「さっぱり!レモンティラミス」は、上にのっているレモンもそのまま食べられます

’21年6月に4周年を迎えるイタリアン『Toto』。テラス席さながらの開放感あふれる1階フロアで味わいたいのが、「山盛り魚介のペスカトーレ」です。エビ、ホタテ、ムール貝といった魚介の濃厚な旨みと、フレッシュトマトの酸味が相性抜群です。リングイネの歯触りもGood! 料理と合わせるドリンクも豊富に揃っていますよ。

編集部レコメンド

  • “山盛り”というメニュー名の期待を裏切らないボリューム!
  • 人気の「レコステ」をはじめ、軽快でまろやかなナチュラルワインが豊富
  • JR仙石線松島海岸駅よりすぐという立地も◎
松島イタリアン Toto

住所: 宮城郡松島町松島字浪打浜10

電話:022-355-8537

営業情報:11:30〜16:00(LO15:00)、17:00〜21:00(LO20:00)

定休日:無休

HP:https://www.conception-gp.com/toto/

全国から映画フリークが訪れる『LYNCH』

 

映画愛で満たされた
サンクチュアリ

リンチをオマージュした店は、同店を含め国内には2店舗のみ。根強いコアなファンが全国から訪れています

どこか懐かしさを感じる店内の雰囲気にぴったりな「ナポリタン」と「クリームソーダ」

映画監督のデヴィッド・リンチを敬愛する店主が営むカフェバー。店内にはアンティークの家具が所狭しと並び、映画のパンフレットが至る所に積み重なっています。リンチの世界を再現したという空間は、無秩序に見えて不思議と落ち着く居心地の良さ。飲食店で修業したという店主が作る、手作りのフード類はボリュームもあり満足度高めです。

編集部レコメンド

  • リンチをオマージュした、ファンの間では“終着駅”と呼ばれる一軒
  • イタリアンやオーセンティックバーで修業した店主が作るフードがボリューミー
  • 現在構想中だという、映画をテーマにしたカクテルも楽しみ!
Cafe&Bar LYNCH

住所: 宮城郡松島町機崎字長田80-121

電話:022-354-3743

営業情報:13:00~22:00(ランチ~15:00)

定休日:水曜

HP:http://cafelynch.com

でかけて、遊んで。泊まって。今こそ宮城を楽しもう!別冊「宮城を楽しむ おでかけ&宿」発売中

のべ数百軒以上の温泉宿やレジャースポット等を取材してきた地元の情報のプロである編集部が、これまでの掲載店の中から選んだ、withコロナ時代だからこそ楽しむべき宮城の温泉宿&おでかけ情報を集約。県内での観光を楽しんでもらうための1冊です。

■でかけて、遊んで。泊まって。今こそ宮城を楽しもう
『S-style』と 『Kappo』の両編集部が選んだ、自信を持っておすすめする宿泊施設と、周辺の立ち寄りスポットの情報を、30代前半のニューファミリー層から、旅好きのアクティブシニア層まで、幅広い世代にお届けします。「あそこに行こう、ここに行こう!」というお楽しみリストを作って、ご家族やご友人とシェアをする、なんていうのも素敵です。

マチモールはこちら
https://machimall.machico.mu/products/detail/147

Amazonはこちら
https://www.amazon.co.jp/dp/B08HH1JWYL

休日のおともに、『宮城を楽しむ おでかけ&宿』もぜひ活用してくださいね!

★関連リンク★

●和食から洋食まで!日本三景・松島のランチ6選
https://s-style.machico.mu/pickup/13639
●プチ旅行気分を満喫!秋保で楽しむランチ6選
https://s-style.machico.mu/pickup/13676

琴乃後藤
S-styleWEB編集室

宮城県内6万部発行の45年続くタウン情報誌『せんだいタウン情報S-style』。地元グルメを知り尽くすタウン情報編集部が、地元で愛される名物を紹介します。スマホやPCで情報収集をしながら、「街を楽しむプロ」になろう!