SNS

STAFF PICK UP!

仙台・宮城の旬な情報を、S-style編集部が毎日お伝えします😆✨

2020.12.25

【地元タウン誌厳選】名湯揃い!鳴子の日帰り温泉9選

琴乃後藤S-styleWEB編集室

※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

※本サイトで提供される記事、写真、イラストなど、あらゆる形のコンテンツには著作権が存在します。著作者の承諾なしに複製・転用・販売などの二次利用をすることを固く禁じます。

宮城県内6万部発行の45年続くタウン情報誌『せんだいタウン情報S-style』。地元のおでかけ情報を知り尽くすタウン情報編集部が、地元で愛される日帰り温泉施設を紹介します。「宮城」で、「一度は訪れてほしい!」日帰り温泉施設をピックアップ。今回は鳴子エリアをご紹介します!

【地元タウン誌厳選】名湯揃い!鳴子の日帰り温泉9選

1.滝の湯
2.鳴子・早稲田桟敷湯
3.鳴子ホテル
4.鳴子旅館
5.鳴子観光ホテル
6.ますや
7.仙庄館
8.名湯・秘湯・うなぎ湯の宿 琢ひで
9.黒湯の高友旅館

滝の湯

 

鳴子温泉の
シンボル

桶を伝って滝のように流れ落ちる湯は、さらりとした肌あたり。長年使いこまれ、丸みを帯びた木の浴槽が風情たっぷりです

鳴子温泉街の中心、温泉神社前にある重厚な木造建築が『滝の湯』です。鳴子温泉のシンボルともなっている共同浴場で、長年地元の人に愛され続けています。石鹸もシャンプーもありませんが、ただ硫黄泉に浸かるだけで身も心も温まること間違いなし! 打たせ湯もあり、凝った肩もすぐにほぐれていきます。

日帰り入浴データ

【基本入浴料】大人(中学生以上)200円※小人100円
【時間】7:30~21:30
【無料備品】なし

★編集部おすすめコメント

  • かつての湯小屋を思わせるノスタルジックな雰囲気が漂っています
  • 朝早くから夜遅くまで、いつでも源泉かけ流しが楽しめて最高!
  • 駅から徒歩約3分のアクセスの良さや、リーズナブルな価格がうれしい
滝の湯

住所: 大崎市鳴子温泉字湯元

電話:080-9633-7930

営業情報:7:30~21:30

定休日:無休

共同浴場 鳴子・早稲田桟敷湯

 

湯の花が
た~っぷり!

美術館や劇場を思わせるモダンな外観が特徴。桶を伝って流れてくる源泉は、浴槽に入る頃には程よい湯加減になっています

早稲田大学の学生たちが温泉掘削の実習中に掘り当てた「早稲田湯」。掘削から60年ほどが経った今も、共同浴場として町内外の人に親しまれています。浴場の天井は高い吹き抜けになっていて、圧迫感を感じさせない造り。湯上りに休憩できる桟敷席があるほか、貸切で利用できる露天風呂(有料)もあり好評を博しています。

日帰り入浴データ

【基本入浴料】大人550円※小人330円、貸切露天風呂50分1,100円(入浴料別)
【時間】9:00~21:30(入館~21:00)※年末年始は変更の場合あり
【無料備品】ボディソープ

★編集部おすすめコメント

  • 入浴後に桟敷席で休憩できるのもうれしいポイント(利用時間10:0018:00
  • 貸切露天風呂は家族や気の合う仲間、恋人と利用するのにぴったり
  • 日帰り温泉施設とは思えないほどモダンな外観がおしゃれ!
共同浴場 鳴子・早稲田桟敷湯

住所: 大崎市鳴子温泉字新屋敷124-1

電話:0229-83-4751(鳴子まちづくり)

営業情報:9:00~21:30(入館~21:00)※年末年始は変更の場合あり

定休日:無休

鳴子ホテル

 

色が変化する
不思議な湯

温泉大浴場「芭蕉の湯」は、鳴子温泉随一の広さ。開放感のある大きな浴槽には、湯量豊富な源泉がたっぷりと注がれています

外気や湿度によって微妙に色が変わる不思議な温泉です。硫黄成分の血行促進作用により、ぽかぽかと温まり、肌をしっとりと保湿する“美人の湯”としても知られています。大浴場は毎朝5時に男女が入れ替わるので、両方の大浴場を満喫するならぜひ宿泊を! 宿泊利用者は「バイキングプラン」「会席膳プラン」も楽しめます。

日帰り入浴データ

【基本入浴料】大人1,100円※小人660円
【時間】11:00~15:00
【無料備品】シャンプー・リンス、ボディソープ、ドライヤー

★編集部おすすめコメント

  • 美容が気になる女子&男子必見の“美人の湯”
  • 源泉かけ流しの湯はとろりとした肌あたりで、身体の芯までぽかぽかに
  • 訪れる度に微妙な色の変化が楽しめる、珍しい温泉です
鳴子ホテル

住所: 大崎市鳴子温泉字湯元36

電話:0229-83-2001

営業情報:11:00~15:00

定休日:不定休

HP:http://www.narukohotel.co.jp

鳴子旅館

 

お肌ふっくら
“美人の湯”

元は湯治宿として開業。男湯と女湯はほぼ同じ造りをしています。昔ながらの浴場で、心身を包み込む柔らかな湯が楽しめます

古くから“美人の湯”として愛される湯を守る、素朴な風情の旅館です。無色透明の湯は古い角質や汚れを落とす炭酸水素塩泉。浸かると肌がふっくらつやつやになると評判を呼んでいます。エレベーター完備なので、足腰の弱い人、年配の人にも安心です。宿泊すると地元食材を使った家庭的な手料理が楽しめます。

日帰り入浴データ

【基本入浴料】大人500円※小人(小学生以下)300円
【時間】12:00~14:00
【無料備品】シャンプー・リンス、リンスインシャンプー、石けん、ボディソープ

★編集部おすすめコメント

  • この温泉を求めて連泊する人も多いという名湯です
  • つるつる美肌を叶える“美人の湯”
  • 源泉の温度が高いですが、湯温は季節によって調整してあるので安心
鳴子旅館

住所: 大崎市鳴子温泉字車湯54-11

電話:0229-83-3820

営業情報:12:00~14:00

定休日:不定休

HP:http://www.naruko-ryokan.jp

源蔵の湯 鳴子観光ホテル

 

鳴子屈指の
温泉リゾート

和風の情緒を大切にした大型旅館。広々とした大浴場には、美肌の湯として知られる硫黄の湯がなみなみと注がれています

全体がゆとりのある造りをしていて、特に大浴場は広々としていて豪華です。男性用の「源蔵の湯」、女性用の「静香の湯」にはそれぞれに粋な檜の露天風呂が備わっているのもうれしいポイント。浴槽には白濁した硫黄の湯が贅沢にあふれ、ゆったりと湯浴みを楽しめます。昼食付きの日帰りプランもあります(要予約)。

日帰り入浴データ

【基本入浴料】大人1,080円※小人(4~12歳)540円、3歳以下無料。フェイスタオル付。貸切風呂45分2,160円~(当日要確認)
【時間】12:00~14:00※宿泊客の状況による。要事前確認
【無料備品】シャンプー・リンス、石けん、ボディソープ、ドライヤー(コロナウイルス感染拡大防止対策としてドライヤーはフロントにて貸出中)

★編集部おすすめコメント

  • 開放的な大浴場は、のんびりとくつろぐのに最適
  • プライベート感満載の貸切風呂が利用できるのもうれしい
  • 昼食付き日帰りプランもあり、のんびり食事も楽しめます(要予約)
源蔵の湯 鳴子観光ホテル

住所: 大崎市鳴子温泉字湯元41

電話:0229-83-2333

営業情報:12:00~14:00※宿泊客の状況による。要事前確認

定休日:無休

HP:https://www.narukokankouhotel.co.jp

大江戸温泉物語 鳴子温泉 ますや

 

眺望抜群の
展望露天風呂

開放的な展望露天風呂からは、鳴子温泉街を見渡すことができます

純和風の趣を大切にした落ち着きのある温泉宿。高台にあるので、最上階の展望大浴場からの眺めは抜群です。大浴場は『ますや』のモチーフである大きな枡が湯口に配され、枡に温泉が注がれる様子を望むことができます。広い窓面の奥には大自然が広がり、素晴らしい眺めに身も心も癒されること請け合いです。

日帰り入浴データ

【基本入浴料】大人950円※小人440円、土・日曜、祝日大人1,060円、小人550円
【時間】14:00~18:00(火・木曜15:00~18:00)
【無料備品】シャンプー・リンス、ボディソープ、ドライヤー

★編集部おすすめコメント

  • なんといっても鳴子温泉街を見渡せる開放的な露天風呂が魅力!
  • 大きな窓を配した大浴場では、訪れるたびに表情を変える四季折々の景色が楽しめます
  • 玄関前のこけし提灯など随所に和の趣を感じ、ほっと心が落ち着きます
大江戸温泉物語 鳴子温泉 ますや

住所: 大崎市鳴子温泉字湯元82

電話:0229-83-2212

営業情報:14:00~18:00(火・木曜15:00~18:00)

定休日:不定休

HP:https://masuya.ooedoonsen.jp

仙庄館

 

渓流を望む
絶景露天風呂

2002年に全面リニューアル。せせらぎの音に包まれながら仙境の露天風呂に浸かれば、日頃の疲れも吹き飛ぶ至福のひとときが訪れます

中山平温泉の中でも随一の規模を誇るお宿。渓谷に囲まれた仙境の地にあり、眼下に流れる渓流を眺めながら湯浴みができる露天風呂が自慢です。大きな窓が配された大浴場も眺めは抜群! 個室休憩を利用するなら、「お昼膳」(5,000円)の注文がおすすめです。地元の山の幸、三陸の新鮮な海の幸を使った多彩なメニューが味わえます。

日帰り入浴データ

【基本入浴料】大人840円※小人500円、貸切風呂3,150円(2名利用)
【時間】10:00~15:00
【無料備品】シャンプー・リンス、ボディソープ、ドライヤー

★編集部おすすめコメント

  • せせらぎを眺められる露天風呂が最高!
  • よりプライベートな時間を楽しめる貸切露天風呂も評判です
  • 宿直営のブルーベリー農園があり、7~8月にはブルーベリー狩りも楽しめます
仙庄館

住所: 大崎市鳴子温泉字星沼28-2

電話:0229-87-1234

営業情報:10:00~15:00

定休日:日曜

HP:http://www.sensyokan.co.jp

名湯・秘湯・うなぎ湯の宿 琢ひで

 

とろっとろの
「うなぎ湯」

館内で一番大きな湯船の「長生の湯」は混浴露天風呂。ファミリーやカップルで訪れても、一緒に温泉を満喫できます

古くから「うなぎの湯」として讃えられ、全国にその名を馳せる名湯を満喫できます。湯船にたっぷりと満ちる湯は、全て源泉かけ流し。化粧水のようにとろりとした肌触りで、古い角質を溶かして新しい肌へ生まれ変わらせる効果があるとされています。露天岩風呂を備えた「鶴亀の湯」など、多彩なお風呂があるのも魅力です。

日帰り入浴データ

【基本入浴料】大人1,000円※小人400円
【時間】11:00~17:00(最終受付16:30)
【無料備品】シャンプー・リンス、ボディソープ、ドライヤー

★編集部おすすめコメント

  • とろとろの「うなぎ湯」でしっとり湯上り美人肌に!
  • 「鶴亀の湯」や「長生の湯」など多彩なお風呂で湯めぐりも楽しめます
  • 個室休憩や食事付き日帰りプランも充実
名湯・秘湯・うなぎ湯の宿 琢ひで

住所: 大崎市鳴子温泉字星沼20-9

電話:0229-87-2216

営業情報:11:00~17:00(最終受付16:30)

定休日:無休

HP:https://www.takuhide.co.jp

黒湯の高友旅館

 

類まれな名湯
「黒湯」

混浴の名湯「黒湯」。その名の通り、黒々とした湯は効能豊かで温浴効果抜群です。ひょうたん風呂のほかに貸切風呂も完備しています

「東鳴子に高友温泉あり」「高友温泉に黒湯あり」と言われる名湯です。鳴子では珍しく鉄分とラジウムを多く含み、黒っぽい薄墨色をしています。ほとんどの病気に良いと言われ、湯治療養目的で遠方からも多くの人が訪れるとか。「黒湯」をはじめ全部で4つの源泉があり、4種類の浴場に7つの浴槽を備えています。

日帰り入浴データ

【基本入浴料】大人500円※小人250円
【時間】10:00~16:00※浴場の利用は16:00まで。混雑時は早めに終了する場合あり
【無料備品】リンスインシャンプー、石けん、ボディソープ※ドライヤー利用の際はフロントにて貸し出し

★編集部おすすめコメント

  • 病が治ったとの声も多い、鳴子屈指の名湯「黒湯」は要チェック!
  • 貸切風呂や混浴風呂もあり、家族や恋人と一緒に温泉を楽しめます
  • 4つの源泉があり、湯めぐりを楽しめるのも魅力です
黒湯の高友旅館

住所: 大崎市鳴子温泉字鷲ノ巣33-1

電話:0229-83-3170

営業情報:10:00~16:00※浴場の利用は16:00まで。混雑時は早めに終了する場合あり

定休日:無休

HP:http://www.takatomo.co.jp

『みやぎ日帰り温泉 2021年度版』発売中!

宮城県内の
日帰り温泉施設を
108件掲載!
特典は80回以上
利用可能!

こちらが表紙!温泉バイブスにあふれるデザインが可愛くて持ち歩きたくなっちゃいます

待望の『みやぎ日帰り温泉』の最新版!昨今のおでかけ事情を鑑み、今号は県内の施設のみを厳選。日帰り入浴実施の可否や入浴時間などの最新情報を収集しました。さらに毎号好評の特典も充実! 入浴料の割引やフェイスタオルプレゼントなど、80以上の施設で利用できます。どれだけお得に回ったか一目でわかる御朱印式特典でスタンプ収集も楽しみながら、湯巡りに出向いてみてはいかがでしょうか!

クーポンは
2021年12月末日まで有効!1年間たっぷり使えます!

ご購入は宮城県内の書店・コンビニまたは以下のリンクから↓
★Amazon・マチモールご購入ページ


S-style臨時増刊 「みやぎ日帰り温泉2020-2021」

発売日 : 2020年11月6日(金)
仕様 : A5 オールカラー/168ページ
価格 : 本体価格1,200円+税

宮城の温泉を巡って身体を癒してください!

ご利用の際には、感染防止対策を確認してください。また、少人数・短時間で、会話の際にはマスクを着用し、体調が優れない時は参加しないなど、感染を回避する行動をお願いいたします。訪れる際にはご自身でも対策を意識しながら過ごしましょう!

琴乃後藤
S-styleWEB編集室

宮城県内6万部発行の45年続くタウン情報誌『せんだいタウン情報S-style』。地元グルメを知り尽くすタウン情報編集部が、地元で愛される名物を紹介します。スマホやPCで情報収集をしながら、「街を楽しむプロ」になろう!