SNS

STAFF PICK UP!

仙台・宮城の旬な情報を、S-style編集部が毎日お伝えします😆✨

2021.08.30

【地元民ぞ知る】仙台に来たら必食!絶品牛タン厳選9店

琴乃後藤S-styleWEB編集室

※本サイトで提供される記事、写真、イラストなど、あらゆる形のコンテンツには著作権が存在します。著作者の承諾なしに複製・転用・販売などの二次利用をすることを固く禁じます。

※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

仙台名物として、必ず名前が挙がる「牛たん」は、おもてなしにも最適です。味や工程など、店ごとの違いやこだわりを知れば、ツウっぽく語れるかも。あなた好みの「牛たん」を探してみてくださいね。

本企画は宮城県のタウン情報誌『せんだいタウン情報S-style20218月号』より、読者アンケートで地元民のお気に入りの店を集めた「宮城県民が選んだ、愛されグルメグランプリ」特集掲載内容からお届けします

地元民ぞ知る】仙台に来たら必食!絶品牛タン厳選9店

1.変わらず手作り、だから旨い!『旨味太助』
2.濃厚な旨みがあふれ出す!『牛たん炭焼 利久』
3.厚さ、旨み、塩味のバランスが絶妙『たんや善治郎』
4.3種の味で牛たん焼が楽しめる『味の牛たん 㐂助 駅前中央本店』
5.素材から焼きまでこだわり抜く!『牛タン焼専門店 司』
6.品揃え豊富な土産品も要チェック『伊達の牛たん本舗』
7.有名グルメガイドにも掲載された『牛たん料理 閣』
8.職人技が活きる絶品牛たん焼『牛たん若』
9.和食の技法を詰め込んだ逸品『陣中』

 

1.変わらず手作り、だから旨い!『旨味太助』

仙台・牛たん炭火焼の
金字塔

「牛たん定食B(5枚)」(2,000円)。牛たん焼、浅漬け、南蛮漬け、麦飯、テールスープの組み合わせを作ったのも『太助』の功績

麦飯で食べる「うなぎ丼」(2,650円)。炭火で焼き上げるふわふわの蒲焼は専門店顔負けの味です

1948年、『太助』の初代・佐野啓四郎さんが開いた専門店が草分けとされる仙台の牛たん炭火焼。今でも和食の料理人であった初代の信条である手作りにこだわり、素朴ながら心に染みる絶品の牛たん焼を届けています。熟練の技で見極める焼き具合は、強火で2030秒。一晩寝かせて引き出した脂の旨みと炭の香りが奏でる極上のハーモニーを体感して!

【交通:地下鉄南北線勾当台公園駅より徒歩3分】

編集部おすすめポイント

●仙台の牛たん炭火焼の礎を築いた元祖の味は必食!
●土日や連休は行列必至。電話・FAXにて牛たん焼とテールスープの地方発送も受付
●昭和の名残をとどめるレトロな店内、店主一家のあたたかなもてなしも魅力
旨味太助

住所: 宮城県仙台市青葉区国分町2-11-11 千松島ビル1F

電話:022-262-2539

営業情報:11:30~22:00※現在は20:00までの時短営業中

定休日:月曜(祝日の場合は営業、翌日休みの場合あり※要問合せ)

 

2.濃厚な旨みがあふれ出す!『牛たん炭焼 利久』

肉厚なのに
さくっとやわらか

「牛たん定食(3枚6切)」(夜1,782円)。牛たんは塩か味噌が選べ、夜のみオリジナルの伊達茶クリーム大福と小鉢付き。昼は1,595円

通常の1.7倍の厚さを誇る「牛たん極定食(3枚6切)」(夜2,508円)。昼は牛たん、麦飯、テールスープのセットで2,354円

表面は炭火の香りをまとってパリッと焼き上がり、さっくりした歯切れの後に旨みたっぷりの肉汁がジュワッ。この味を生むのが、創業から変わらない仕込み作業です。店舗が増えた現在でも、職人が素材の状態を見極めながら1枚ずつ手切りし、独自にブレンドした塩を手で振り味を付けています。感動すら覚える、心地よい食感と濃厚な味わいを楽しんで。

【交通:地下鉄南北線勾当台公園駅より徒歩5分】

★編集部おすすめポイント

●絶妙な熟成を経た牛たんは、心地よい食感と濃い旨みが感動的!
●1本から9枚しか取れない焼きに適した部位を使うなど、素材へのこだわりたっぷり
●多彩な牛たん料理や宮城の地酒、刺身が楽しめるので県外からの客人のおもてなしにも◎
牛たん炭焼 利久 一番町店

住所: 宮城県仙台市青葉区一番町4-4-32

電話:022-217-3270

営業情報:11:30~15:00、17:00~23:00※ラストオーダー各30分前

定休日:無休

HP:https://www.rikyu-gyutan.co.jp

 

3.厚さ、旨み、塩味のバランスが絶妙『たんや善治郎』

厳選素材と職人技が生み出す
にこだわった牛たん焼き

 

「牛たん定食(4枚8切れ)」(2,035円)。麦飯、テールスープが付き、とろろorサラダが選べます

炭火で炙った牛たんチャーシューがドンと3枚のった「厚切り牛たんラーメン」(990円)。鶏ガラベースで昔ながらの懐かしい味です

備長炭で一気に焼き上げた牛たんは、サクッとやわらかく風味豊か。「まろやかな塩味で牛たんの旨みを堪能してほしい」と、こだわりの粉挽き塩を使い手振りで味を付けています。さらに1枚1枚の状態を見ながら強火の遠火で焼くことで、香ばしくも歯切れの良い絶妙な焼き加減に仕上げています。脇役にも手を抜かない、完成された定食をご賞味あれ!

【交通:JR仙台駅より徒歩2分】

★編集部おすすめポイント

●牛たんの旨みを引き出す粉挽き塩にこだわり、牛たんは塩味のみ
●焙煎麦を加えた麦飯やほろほろの肉が入ったテールスープなど、脇役にも妥協なし
●麦飯のおかわりが1杯無料なのもうれしい
たんや善治郎 仙台駅駅前本店

住所: 宮城県仙台市青葉区中央1-8-38 AKビル3F

電話:022-723-1877

営業情報:11:00~23:00(ラストオーダー22:30)

定休日:無休

HP:https://www.tanya-zenjirou.jp

 

4.3種の味で牛たん焼が楽しめる『味の牛たん 㐂助 駅前中央本店』

仙台で誕生した牛たん焼を
全国区に押し上げた有名店

「牛たん炭焼き定食(塩・3枚6切れ)」(1,705円※8月以降価格変動の場合あり)は6㎜厚の牛たんを炭火で焼き上げた定番メニュー

「厚切りゆでたん」(1,210円※8月以降価格変動の場合あり)は、牛たんの中央から根元の部分をテールスープで煮込んだひと品

『㐂助』初代オーナーが「牛たん焼き」の元祖店『太助』の味に惚れ込み、薫陶を受けて1975年に創業。その後2号店の看板に「仙台名物」と銘打ち、牛たん焼が全国的に知られていくきっかけを担った有名店です。塩、タレ、味噌の3種類で楽しめる牛たん焼は、職人の手振りによる味付け、仕込みにこだわった昔ながらの至福の味わいですよ。

【交通:JR仙台駅より徒歩5分】

★編集部おすすめポイント

●塩、タレ、味噌の3種類の味をラインナップ
●定番の6㎜厚のほか、10㎜厚の牛たん焼も用意
●今や県内11店舗、東名阪8店舗を展開。昼夜を問わず賑わう人気店
味の牛たん 㐂助 駅前中央本店

住所: 宮城県仙台市青葉区中央2-1-27 Ever-i 3F

電話:022-265-2080

営業情報:11:00~22:00(ラストオーダー21:30)

定休日:無休

HP:https://www.kisuke.co.jp

 

5.素材から焼きまでこだわり抜く!『牛タン焼専門店 司』

こだわりが生み出す
絶妙な旨みと歯切れの良さ

「牛たん定食(4枚8切)」。肉の中まで旨みが染み、噛むと肉汁が染み出してきます。ワサビを付けて味わうのが『司』流!

牛たんを柔らかく煮てほぐし、秘伝のタレで甘辛く味付けした「元祖 牛タン辛み」(517円)。ご飯のお供や酒のつまみにもぴったりです

※2019年撮影

国分町の路地裏に1号店を構えて今年で15年、仙台市内には4店舗を構える牛たん店です。オーストラリア産ブランド牛の柔らかなタン元を、岩手県産「なら炭」を使って強い火力で大胆かつ繊細に焼き上げ、肉の旨みを閉じ込めています。県産のひとめぼれに二条大麦を加えた焦がし麦飯や、一番ダシのみを使ったコク深いテールスープとも相性抜群ですよ。

【交通:地下鉄南北線勾当台公園駅より徒歩5分】

★編集部おすすめポイント

●心地よい歯ごたえとふっくら柔らかな食感が人気
●ワサビを付けて味わうのが『司』流
●店内では真空パックの牛たんをはじめ、多彩なお土産も販売。地方発送もOK
牛タン焼専門店 司 虎横店

住所: 宮城県仙台市青葉区一番町4-4-6

電話:022-266-3944

営業情報:16:00~21:00※8月17日(火)~8月31日(火)は16:00~20:00(LO19:30)、この期間中のアルコールの提供は19:00までとさせて頂きます

定休日:不定休

HP:https://www.gyutan-tsukasa.co.jp

 

6.品揃え豊富な土産品も要チェック『伊達の牛たん本舗』

2種の牛たん焼をはじめ
多彩なメニューが揃う

「牛たん定食(塩・みそミックス)」(1,820円)は、「塩」「みそ」どちらの味付けも楽しめる贅沢なひと品です

肉の旨みを存分に感じられるよう、塩でシンプルに味付けした「芯たん定食」(2,400円)

多彩に揃う料理の中でも自慢の牛たん焼は、“絶対的な牛たんのおいしさ”を追求し、研究の末に辿り着いた柔らかな歯触りが特長です。味付けは「塩」「みそ」の2種類。県内で初めて牛たんの土産品を販売した店としても有名で、各種冷凍牛たんはもちろん、煎餅やラー油など、バラエティに富んだラインナップにも注目を。

【交通:JR仙台駅直結】

★編集部おすすめポイント

●固定ファンも多い「牛たん(みそ)」は、コク深い自家製味噌を使用したひと品
●「牛たん定食」は1.5人前(2,530円)も用意!
●バラエティ豊かな土産品からお気に入りを探すのも楽しい
伊達の牛たん本舗 tekuteせんだい店

住所: 宮城県仙台市青葉区中央1-1-1 JR仙台駅1F

電話:022-716-5678

営業情報:11:00~22:00(ラストオーダー21:30)、土産品販売10:00~22:00※変更の場合あり

定休日:無休

HP:https://www.dategyu.jp

 

7.有名グルメガイドにも掲載された『牛たん料理 閣』

炭で焼き上げる極厚牛たん
種類豊富な一品料理も自慢

「牛たん焼き(五枚)」(2,200円)。「ライス単品」(165円)など単品メニューを組み合わせて、定食スタイルで味わうのもおすすめ

「牛たんたたき」(2,970円)は脂がのったタン元と、サッパリとしたポン酢ベースの秘伝のタレがベストマッチ!

今年で創業35周年。『ミシュランガイド宮城2017』でビブグルマンに選出された実績を持つ名店です。「備長炭を使い、高温で一気に焼き上げています。うちは、炭の火力が命です!」と店長が語る牛たんは、外はカリッと、中はほんのりレアでジューシー。身が縮まらないよう細長く切れ込みを入れることで、歯切れの良さを実現した絶品牛たん焼を召し上がれ。

【交通:地下鉄南北線広瀬通駅より徒歩5分】

★編集部おすすめポイント

●厚切りでありながら歯切れがよく、ジューシーな牛たん焼は必食
●「牛たん焼」と並ぶ看板メニュー「牛たんたたき」など、『閣』ならではの一品料理も豊富
●現在は夜のみ営業だが、今後昼営業も再開予定。最新情報はSNSをチェック!
牛たん料理 閣 ブランドーム本店

住所: 宮城県仙台市青葉区一番町3-8-14 スズキアバンティビルB1F

電話:022-268-7067

営業情報:17:00~22:30(ラストオーダー21:30)

定休日:無休

HP:http://gyutankaku.in

 

8.職人技が活きる絶品牛たん焼『牛たん若』

おいしい牛たん焼を
お手頃価格でお気軽に

香ばしい炭の香りと、噛むとじゅわっと広がる旨みがたまらない「牛たん3枚定食」(1,360円)

タン下を仙台味噌と八丁味噌で味付けし、丼にした「味噌煮込み牛たん丼」(980円)。女性にうれしいコラーゲンがたっぷりです

2010年創業の『牛たん若』。老若男女すべての人に愛される牛たんを目指して、気軽に訪れられる「味」「価格」「雰囲気」を大切にしています。1枚1枚心を込めて手切りされる牛たんは大きく厚みがあり、食べ応えも満点です。絶妙な塩加減と3種類の炭を使い分ける独自の焼き方が、柔らかさとあふれる旨みを生み出しています。

【交通:地下鉄南北線泉中央駅より徒歩7分】

★編集部おすすめポイント

●牛たん1本からさまざまな部位をランダムに提供しているので、多彩な食感を味わえる
●リーズナブルな価格でおいしい牛たんが楽しめる。夜も値段が変わらないのもうれしい
●山形の漬物名人直伝の漬物もおいしい
牛たん若 泉店

住所: 宮城県仙台市泉区泉中央4-19-3

電話:022-346-1519

営業情報:11:30~15:00(ラストオーダー14:30)、17:00~21:00(ラストオーダー20:30)

定休日:火曜

HP:https://www.gyutanwaka.com

 

9.和食の技法を詰め込んだ逸品『陣中』

リピート必至の
ボリューム弁当

「満福牛タン弁当 塩」(1,000円)。炊き方までこだわった五穀米、自社製造のオリジナル温野菜など、脇役までこだわり満載

自宅用に厚切りした「満福牛タン厚切り塩麹熟成(240g)」。工場直売店限定価格2,000円

リーズナブルな価格も魅力の「満福牛タン弁当 塩」。リピーターが多いのは和食の世界で研鑽を積んだ社長のこだわりが随所に感じられるからこそ。牛たんは塩麹を加えたオリジナルのタレで72時間、さらに熟成庫で90時間と、合計約1週間熟成。溶岩石でふっくら焼き上げた牛たんは噛むほどに旨みが広がり、まさにお腹も心も“福”で満たされる味わいです。

【交通:JR仙石線陸前高砂駅より車で5分】

★編集部おすすめポイント

●ボリューム満点でありながら、1,000円という太っ腹価格も人気の理由
●牛たんは成牛と仔牛の食感が異なる2種類を使用
●弁当のほか、自宅用牛たんやメディアでも話題の食べるラー油「牛タン仙台ラー油」なども販売
陣中 本社工場直売店

住所: 宮城県仙台市宮城野区福室字御蔵前二番57-1

電話:022-259-4153

営業情報:11:00~18:00

定休日:無休

HP:https://www.jinchu.jp

杜の都・仙台を訪れたら、ぜひ味わってほしい名物が「牛たん」です。ぷりぷりでサクッとした食感に、噛むほどに広がる濃厚な味わい。一度食べたらリピート必至の味わいは、まさに仙台グルメ!

自宅に居ながら気軽に仙台の牛タンを味わえる「お取り寄せ牛タン」の記事(https://s-style.machico.mu/pickup/9546)と合わせて、お店選びの参考にしてくださいね。

琴乃後藤
S-styleWEB編集室

宮城県仙台市のタウン情報誌『せんだいタウン情報S-style』。地元グルメや仙台観光を知り尽くすタウン情報編集部が、地元で愛される名物を紹介します。スマホやPCで情報収集をしながら、「街を楽しむプロ」になろう!