SNS

STAFF PICK UP!

仙台・宮城の旬な情報を、S-style編集部が毎日お伝えします😆✨

2021.07.29

【仙台タウン誌厳選】まぜそばがうまい店5選

琴乃後藤S-styleWEB編集室

※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

※本サイトで提供される記事、写真、イラストなど、あらゆる形のコンテンツには著作権が存在します。著作者の承諾なしに複製・転用・販売などの二次利用をすることを固く禁じます。

東北のターミナル都市・仙台。古くから多くの人的・文化的な交流が盛んだったここ仙台では、良い意味で”ご当地ラーメン”が存在しません! 様々な方向性の味わいが進化して、オリジナリティあふれるラーメンが日々生まれています。そんな、ラーメン・ダイバーシティ「仙台」で、「絶対に食べてほしい!」ラーメン屋さんをピックアップ。今回は、まぜそばがおいしいお店をご紹介します!

【おすすめ! 仙台のまぜそば5選】

1.【市名坂】至高の醤油ダレと鶏油を絡める油そば『渡辺』
2.【国分町】凝縮した旨みのパンチとさっぱりした後味がやみつき『一二三 本店』
3.【多賀城市】小麦香る自家製麺と特注ダレが中毒性MAX『はてな 多賀城本店』
4.【上杉】華やかな辛みとゴマの香が極太麺に絡みつく『麺まぜたん』
5.【中央】重量級のモチモチ麺に満腹中枢ノックアウト『麺屋 政宗』 

【市名坂】至高の醤油ダレと鶏油を絡める油そば『渡辺』 

 

超硬麺をダイレクトに楽しむ

「油ソバ」750円※300g・400g同料金

開店1時間前にはこの行列。わざわざ訪れてくれた人のために、麺切れ・スープ切れは絶対に起こさないという

茹でたての麺を特製の醤油ダレで和えた油ソバは、麺の香りや風味、歯応えがよりダイレクトに楽しめるツウ好みのバージョン。タレと油にまみれた麺は、モキモキ感、ワシワシ感が3割増し。しかし噛めば噛むほどうまさがヒートアップするような、トリツカレ感のある恐ろしい一杯だ。現に、「これしか食わん」というコアなファンも少なくないそう。

★ココがポイント

  • 麺の味わいがよりダイレクトに感じられる
  • 箸で持ち上げるのに握力がいるほどの逞しいゴワゴワ麺
  • がしっと豪快に食らいつけ!
自家製太麺 渡辺

住所: 宮城県仙台市泉区市名坂新道18-1

電話:非公開

営業情報:11:00~14:30

定休日:不定休

HP:https://twitter.com/uFII9ickxusR8M5

【国分町】凝縮した旨みのパンチとさっぱりした後味がやみつき『 一二三 本店』

 

パンチとさっぱり感の両立!

「油そば」(740円)※大盛、W盛無料

モチモチの中太麺によく絡むのは旨みを凝縮した特製醤油ダレ。コレステロールの低い油を使っている上、食べ進める中でオリジナル酢とラー油を加えることで、パンチがありながらもさっぱりとした味わいに。予想外のあっさり感で、一度食べたら何度も通ってしまうやみつき必至の一杯だ。仙台駅東口や岩沼、さらには山形にも店舗があり、各店でオリジナルメニューも展開中。

★ココがポイント

  • 口あたりがよく、モチモチ食感の中太麺
  • 多彩に用意するトッピングをプラスするもよし!
  • 本店ではニンニクや背脂を豪快にトッピングした「G系油そば!」にも注目を
油そば 一二三 本店

住所: 仙台市青葉区国分町2-13-2

電話:022-266-1232

営業情報:11:00〜翌2:00(金・土曜〜翌4:00、日曜〜祝日〜24:00)※麺なくなり次第終了

定休日:無休

HP:https://twitter.com/abura_123

【多賀城市】小麦香る自家製麺と特注ダレが中毒性MAX『はてな 多賀城本店』

 

弾力のある自家製麺の虜

「油そば(中盛)」(720円)※並盛・中盛・大盛同一料金。特盛+100円、鬼盛+200円

宮城のラーメン業界で確かな存在感を発揮する『はてな』

油そばの発祥地・東京で修業を積んだオーナーがいち早く仙台に専門店を構えて以来、県内3店舗・県外2店舗を展開する『はてな』。自家製麺で、油そばに最適なもちもち食感に仕立てた麺の旨さが評判だ。小麦由来の甘みを感じる麺には、秘伝の特製醤油ダレが相性抜群。タレ・サラダ油・麺のバランスにこだわったひと品。

★ココがポイント

  • かき込むほどにやみつきになるジャンクな味わい
  • 酸味や辛みをほどよく抑えたマイルドな酢とラー油で、子どもにも人気!
  • ワシワシ・ゴワゴワ麺の「極太油そば ペチカ」もおすすめ
油そば はてな 多賀城本店

住所: 多賀城市八幡2-17-34

電話:022-349-9676

営業情報:11:00〜15:00、17:00〜翌1:00、土曜11:00〜翌1:00(日曜、祝日〜24:00)※ラストオーダー各15分前

定休日:無休

HP:https://twitter.com/aburasobahatena

【上杉】華やかな辛みとゴマの香が極太麺に絡みつく『麺まぜたん』 

 

オリジナル麺の独特の噛みごたえに夢中!

「汁なし担々麺」(800円)※大盛無料

モチモチの極太麺は、かつて自前で打っていた店主のオリジナルレシピによるもの。移転した現在は製麺スペースの関係で製麺所に特注しているが、かん水を極限まで減らすことで生まれる独特の噛みごたえは今なお健在だ。そこに白ゴマを炒めるところから作る芝麻醤、ピリッと爽やかな自家製のラー油がほどよく絡む。

★ココがポイント

  • 卓上には酢や天かす、花椒で味変できるサービスも!
  • ブレンド油で青ネギとスパイスを静かに熱して作る特製ラー油が美味
  • 〆には無料の「追い飯」を加え、最後のひと口まで心ゆくまで味わおう
麺まぜたん

住所: 仙台市青葉区上杉1-8-17 上杉21ビル1F

電話:非公開

営業情報:11:30〜14:30、17:30〜20:30※スープなくなり次第終了

定休日:日曜、祝日

HP:https://twitter.com/Fukunoya_Sendai

【中央】重量級のモチモチ麺に満腹中枢ノックアウト『麺屋 政宗』

 

ぶ厚いチャーシューに極太麺で食べごたえ満点

「アブラ」(850円)※大盛無料、特盛+130円、メガ盛+260円

多くの油そばファンが足繁く通う一軒。トロトロの味玉、歯切れのよいメンマ、ぶ厚いチャーシューなど、抜かりないトッピングもさることながら、特筆すべきはモッチモチの麺。箸で持ち上げるとずっしりと重さを感じるほど重量感ある麺は、特注の極太麺。断面を四角くすることで、オリジナルの歯触りを生み出している。平日・休日問わず、並ばずに入店するのは困難なほど常に賑わう人気店。その味を一度試したならば、行列にも納得するはず。

★ココがポイント

  • 炭火で炙る分厚いチャーシューが香ばしさと満足感をプラス
  • のど越し、弾力、風味が抜群!
  • 満足感は高いけれど、重たくないのがいい!
麺屋 政宗

住所: 仙台市青葉区中央1-6-39

電話:022-398-6370

営業情報:11:30〜23:00(ラストオーダー22:50)

定休日:無休

HP:https://twitter.com/r20040221

琴乃後藤
S-styleWEB編集室

宮城県仙台市のタウン情報誌『せんだいタウン情報S-style』。地元グルメや仙台観光を知り尽くすタウン情報編集部が、地元で愛される名物を紹介します。スマホやPCで情報収集をしながら、「街を楽しむプロ」になろう!