SNS

STAFF PICK UP!

仙台・宮城の旬な情報を、S-style編集部が毎日お伝えします😆✨

2021.01.13

【地元タウン誌厳選】広瀬通駅周辺の人気カフェ6店

琴乃後藤S-styleWEB編集室

※本サイトで提供される記事、写真、イラストなど、あらゆる形のコンテンツには著作権が存在します。著作者の承諾なしに複製・転用・販売などの二次利用をすることを固く禁じます。

※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

『せんだいタウン情報 S-style』の編集部が出合った仙台市内のカフェの中から6店をセレクト。洗練された空間で、非日常感を楽しめる名店カフェで豊かなひとときを過ごそう!

【地元タウン誌厳選】広瀬通周辺の人気カフェ6店

1.小さなサンルームテラスを従えた『morc』
2.温かい雰囲気が長居を誘う『今野珈琲』
3.カジュアルに楽しむ英国カフェ『Northfields』
4.バラエティ豊かな朝食メニューに注目『darestore』
5.琥珀色の空間のカフェ『AS TIME』
6.温かい雰囲気が心地よい『40計画』

小さなサンルームテラスを従えた『morc』

 

限定されない“用の美”を
体現した一軒のカフェ

ほぼオーナーのDIYという店内。臨時休業などはSNSにて確認を

「仙台きなこのテリーヌショコラ」と「はちみつレモンスカッシュ」。ケーキセットは864円から

1970年代に建てられたマンションの2階の奥。小さなサンルームテラスを従えた『morc』がひっそりと佇んでいます。ランドスケープデザインを手がけるオーナーが始めたこちらには、置く場所や使う用途を限定しない器やアクセサリーがずらり。店内で楽しめるのは、ほうじ茶のラテや洋菓子と和菓子の中間のような「浮島サンド」など。棚を彩る作品のほとんどが日本のものということもあり、和のエッセンスを加えたメニューが楽しめます。

★編集部レコメンド

●店内ではグラスや食器も販売中
●「浮島サンド」は要チェック!
●テラス席には多肉植物の鉢植えがずらり

morc

住所: 仙台市青葉区本町2-9-20 BIビル202

電話:022-702-8161

営業情報:11:30~19:00、土・日曜10:00~18:00

定休日:月・火曜

HP:https://www.instagram.com/morc_sendai/?

温かい雰囲気が長居を誘う『今野珈琲』 

 

店主の趣味空間が
心地よい

ブルーの外壁と木の扉がお店の目印。店内に並んだ漫画やCDは、すべてマスターのコレクション

時間が経って氷で薄まらないように、飲みたい分だけ注いで楽しめる「アイスコーヒー」(480円)

ブルースやジャズ、ロックのBGMに耳を傾け、雑誌や漫画を手にコクのあるコーヒーを楽しむひとときは、手軽で贅沢なリフレッシュタイム。蝶ネクタイが似合うにこやかなマスターと、やさしく迎えてくれる2人の娘さん。家族で営む温かさもあり、店は街のオアシスとして多くの人に愛されています。瓶入りのアイスコーヒー、ボリューム満点のホットドッグなど客の満足度を考えたメニューもうれしいです。

編集部レコメンド

●コーヒーと軽食のみという潔さが素敵!
●新鮮な状態で提供したいと、豆は少量ずつ自家焙煎
●店全体が穏やかな空気。ふとした瞬間に訪れたくなる

今野珈琲

住所: 仙台市青葉区中央2-5-4

電話:022-222-2455

営業情報:11:30〜17:00

定休日:不定休

カジュアルに楽しむ英国カフェ『Northfields』

 

カジュアルに楽しむ
スタイリッシュな英国カフェ

こだわりのソファやテーブル席など、それぞれに異なる表情を見せる

『Brew Tea Co.』の「アールグレイ」はポットでたっぷりと

「イギリスにあるカフェ」をコンセプトに、2016年9月にオープン。店主のジェームズさん、夏海さんの思い出の地であるイギリス・ノースフィールズのカフェをイメージした店内は、味のあるアンティークの家具が配され、スタイリッシュながらも肩肘張らずにくつろげます。「イギリス=アフタヌーンティーというイメージを持たれがちなので、とっつきやすくしたかった」と夏海さん。『BREW TEA Co.』の紅茶やこだわりのコーヒー、素朴で気取らないスイーツとともにくつろぎのひとときを!

編集局レコメンド

●スコーンやブラウニーといった焼き菓子が人気!
●キャロットケーキは紅茶にぴったりの味わいでおすすめ
●異国の雰囲気ながらも居心地のいい店内

Northfields

住所: 仙台市青葉区国分町1-3-13 遠藤ビル3F

電話:080-2801-6817

営業情報:11:00~18:00(LO17:30)

定休日:水曜、ほか不定休あり

HP:https://www.instagram.com/northfieldsjp/?hl=ja

バラエティ豊かな朝食メニューに注目『darestore』

 

コーヒーと共に過ごす時間を
自由に楽しむカフェの醍醐味

中央の大きなテーブルがメイン

「ドリップコーヒー」(407円)や「ラテ」(370円)は「ホットサンドミートくん」(680円・15:00まで提供)と一緒に

全国トップクラスのロースター&バリスタに教えを受けた寺澤さんと石山さんを中心に、オーストラリア・メルボルンでの経験を活かした提案してくれます。挽きたてのコーヒーとトーストや、ホームメイドのグラノーラといったバラエティ豊かな朝食で1日のスタートを。ドリンクはもちろん、焼菓子はテイクアウトもOK。物販にはオーナーの一人である寺澤綾乃さんが描いた、動物のパッケージイラストも印象的なコーヒー豆も。もちろん自家焙煎のシングルオリジンです!

編集局レコメンド

●自家焙煎のコーヒー豆は店舗にて販売!
●動物のパッケージイラストが今にも動き出しそうでかわいい!
●色とりどりのフルーツとヨーグルトをあわせた「自家製グラノーラ」も美味

darestore

住所: 仙台市青葉区一番町3-11-27 かねはち一番町ビル3F

電話:080-2157-3002

営業情報:8:00~18:00

定休日:火曜

HP:https://www.instagram.com/darestore2017/

琥珀色の空間のカフェ『AS TIME』

 

昨日よりおいしいコーヒーを。
琥珀色の空間で味わう
至高のブレンド

最初は白だった絵も壁も、毎日焙煎しているうちに煙で色付いて琥珀色に

酸味に軽い苦味が加わった「中濃ブレンド」(450円)

“味わう”コーヒーでありたいと、コーヒーはブレンドの薄口、中濃、濃口、特濃のみ。豆はネームバリューに頼らずその時々の旬のものを仕入れ、焙煎も一つの型にこだわらず、素材の持ち味を生かした焼き方を心がけているそうです。豆の微妙な味わい深さを感じてほしいと、あえて食事メニューを設けていません。飲み飽きしないコーヒーを目指して「まだまだ研究中」と話すマスターのひたむきな姿勢がコーヒーの味わいとなり、多くの客を魅了しています。

編集局レコメンド

●穏やかな雰囲気の店内
●カウンター奥の焙煎室には、マスターと共に歴史を刻む焙煎機が!
●コーヒーのほか、ココアやレモネードなども用意

AS TIME

住所: 仙台市青葉区一番町3-1-21 保原屋ビルB1F

電話:022-225-7558

営業情報:10:30~18:30(木曜、日曜、祝日12:00~17:30)

定休日:不定休

温かい雰囲気が心地よい『40計画』

 

バランス◎のカフェごはんと
焼きたてマフィンに元気をもらう

店内はカウンターとソファ席を用意

日替りのマフィンは季節のフレーバーも。コーヒー(500円)

店内には静かな時間が流れ、温かい雰囲気が心をほっこりさせてくれます。マフィンをはじめ、フードはすべて手作り。食事メニューには市場から届く野菜がたっぷり。栄養バランスを考えた献立と、素材のおいしさを活かした味わいにファンが多いです。

編集局レコメンド

一人でも気軽に入れる雰囲気
●日替りの「40計画カレー」(800円)のご飯は古代米入り!
●手作りマフィンも人気

40計画

住所: 仙台市青葉区本町2-5-14 加藤ビル1F

電話:022-721-1338

営業情報:8:00~18:00 (土曜11:00~18:00)

定休日:日曜、祝日

HP:https://green-coffee-farm.com/aoyamabunko/

「カフェボン」仙台市内編&宮城編は好評発売中です!

【同梱】『カフェボン』仙台編・宮城編 2冊セットもあります!

『せんだいタウン情報 S-style』の編集部が出合った仙台市内+仙台近郊のカフェを厳選!

今回は、仙台市内の最新のカフェ事情はもちろん、ミュージアム内のカフェ、おでかけやドライブの目的地として申し分のない店を厳選。名前は知っているけど遠くて行けていない、雰囲気だけでも知りたいなど読者の声を反映し、仙台市内は120軒、仙台市外・宮城県内は80軒を紹介しています。好評のハンディサイズで、総掲載物件は200軒です!

マチモールはこちら
https://machimall.machico.mu/products/detail/92
Amazonはこちら
https://www.amazon.co.jp/dp/B07XR5G1JP
https://www.amazon.co.jp/dp/B07XR966R4

仕事帰りや休日のおともに、『カフェボン』もぜひ活用してくださいね! 

琴乃後藤
S-styleWEB編集室

宮城県内6万部発行の45年続くタウン情報誌『せんだいタウン情報S-style』。地元グルメを知り尽くすタウン情報編集部が、地元で愛される名物を紹介します。スマホやPCで情報収集をしながら、「街を楽しむプロ」になろう!