SNS

STAFF PICK UP!

仙台・宮城の旬な情報を、S-style編集部が毎日お伝えします😆✨

2021.01.12

【地元タウン誌厳選】仙台駅周辺の人気カフェ7店

琴乃後藤S-styleWEB編集室

※本サイトで提供される記事、写真、イラストなど、あらゆる形のコンテンツには著作権が存在します。著作者の承諾なしに複製・転用・販売などの二次利用をすることを固く禁じます。

※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

『せんだいタウン情報 S-style』の編集部が出合った仙台市内のカフェの中から7店をセレクト。洗練された空間で、非日常感を楽しめる名店カフェで豊かなひとときを過ごそう!

【地元タウン誌厳選】仙台駅周辺の人気カフェ7店

1.街の喧騒を忘れさせる和やかな雰囲気『Cocteau』
2.日常にときめきと安らぎを『Cafe Pamplemousse』
3.買い物の合間にほっとひと息『110COFFEE』
4.静かに時が流れる癒しの空間『café haven’t we met opus』
5.多彩なランチメニューが人気『CAFÉ Con-Combre』
6.ブレイクタイムや夜カフェにぴったり『青山文庫』
7.見た目もキュートなスイーツが自慢『Café MythiQue』

街の喧騒を忘れさせる和やかな雰囲気『Cocteau』

 

スイーツと相性抜群の
ブレンドを
大きなカップで
たっぷりと

落ち着きのあるインテリアはルーツのあるアンティーク。ゆったりとしたソファ席もある

人気の「キャラメルバナナ&ナッツワッフル」(ドリンク付・1,150円+税)。あつあつのワッフルに、冷たいアイスがベストマッチ

街の喧騒を忘れさせる和やかな雰囲気のカフェ。木のぬくもりが伝わる内装や趣きあるインテリアが、訪れた人にリラックスした時間を与えてくれます。自慢の「コクトーブレンド」は、“甘いものと合わせて楽しむ味”を目指してブレンド。バランスのとれた苦味、酸味、そして豆のコクが感じられる後味が、スイーツの穏やかな甘みと心地よく調和しています。18時からのディナータイムは、ピザやスパゲッティなどのフードメニューや、各国のビール、ワインなどアルコールも充実!

★編集部レコメンド

●仙台駅東口より徒歩5分
●懐かしい味わいの「特製ナポリタン」も人気
●日替りランチは850円!

Cocteau

住所: 仙台市宮城野区榴岡4-4-6 八木ビル2F

電話:022-295-5911

営業情報:水・木曜12:00~22:00、月・火・日曜12:00~18:00、金・土曜12:00~23:00

定休日:不定休

HP:https://cocteau.jp/

日常にときめきと安らぎを『Cafe Pamplemousse』

 

居心地のいい
空気に包まれて
日常にときめきと
安らぎを

カウンターからソファまで様々な席を用意。棚やテーブルにはかわいらしい黄色いアヒルが

セロリを使った「グリーンスムージー」は飲みやすく、写真映えも

街中にあることを忘れさせてくれる、居心地のよい雰囲気が人気。店内には落ち着いたアンティーク調のインテリアが配され、あちこちに散りばめられたポップな小物が印象的です。ところどころパーティションで目隠しされおり、周りが気にならないのがうれしい!カリッと香ばしいパンケーキやオーガニックコーヒーなどのドリンク、野菜たっぷりの日替りランチと多彩なメニューで、どんなシチュエーションにも対応。夜は、アルコールと軽食も楽しめます。

 

編集部レコメンド

●本棚には多彩な小説が並ぶ
●ホイップクリームたっぷりのパンケーキは種類も豊富
●夜はアルコールのほか、軽食も味わえる

Cafe Pamplemousse

住所: 仙台市青葉区中央1-7-18 日吉第一ビル3F

電話:022-208-8899

営業情報:11:00~21:00

定休日:無休

HP:https://akashia-mitsubachi-youhoujou.com/pamplemousse-sendai/info/

買い物の合間にほっとひと息『110COFFEE』

 

仙台朝市の憩いの場
買い物の合間にホッとひと息

カウンターの脇にテーブル席も。隣にあるベーカリー『marumo』のパンは持ち込みOK

「コーヒー」は1杯300円。スイーツも日替りで登場。テイクアウトも可能だ

伊藤さんが営む『110COFFEE』は、仙台市民の台所・仙台朝市の朝市ビル奥に、2018年にひっそりとオープン。買物に来る人たちや観光客の憩いの場として愛されています。東京の『TORIBA COFFEE』から取り寄せるコーヒーは、そんな朝市に集う人たちのために“毎日飲んでも飽きない味”の豆をチョイスし、価格も抑えめに。少し深煎りでちょっぴり苦めの味わいは、街歩きや休憩のおともにぴったり!

編集局レコメンド

●「コーヒー」は一杯300円
●スイーツも日替りで登場
●『TOBIRA COFFEE』から取り寄せる豆も販売中

110COFFEE

住所: 仙台市青葉区中央4-3-28 朝市ビル1F

電話:090-2020-1010

営業情報:7:00 ~6:00

定休日:日曜、祝日

HP:https://www.instagram.com/itocoffeesendai/

静かに時が流れる癒しの空間『café haven't we met opus』

 

ゆっくりと過ごせる
隠れ家的カフェ

店内には植物などはあえて置かないのは、“お客さまで空間を彩っていただくイメージのお店”だから

甘さの中に、ビターチョコのほのかな苦みが効いた「ガトーショコラ」(550円)は「アイスカフェラテ」(638円)と一緒に

 クリスロード商店街から路地に入ったビル2階の”隠れ家感”がカフェ好きの心をつかんでいるカフェ。宮城県白石市在住のワタナベケイタ氏(trip interior)プロデュースによる木製家具が配された店内は、シンプルながらも温もりある雰囲気。イスに腰かけた時の木の手触り、窓から見える風景、そしてハンドドリップで丁寧に淹れたコーヒーがひとときの癒しを届けてくれる。

編集局レコメンド

●ボリューム満点の軽食メニューや自家製スイーツが人気
●自家製ベシャメルソースをたっぷりのせた「クロックムッシュ」
●カフェラテやカプチーノはコーヒーの風味をより引き立たせたオリジナルブレンドを使用

café haven't we met opus

住所: 仙台市青葉区中央2-2-29

電話:022-263-0581

営業情報:11:00〜18:00(ラストオーダー17:00)

定休日:月曜

HP:http://haventwemet.jp/

多彩なランチメニューが人気『CAFÉ Con-Combre』

 

カフェごはんとスイーツで
温かく迎えてくれる
路地裏の店

昼夜問わず女性一人でも気軽に入れそうな雰囲気

ランチタイムの一番人気「とろ~りたまごのオムハヤシ」(サラダ、スープ付910円)

仙台駅からすぐの路地裏にあるカフェ。白壁の風合いが印象的な店内には、木製の家具が配置され、ぬくもりの空間を演出。昼は多彩なランチや手作りスイーツ、こだわりの水出しコーヒーなどを楽しみながら、夜はアルコールを片手にくつろぎの時間を過ごす人々で賑わっています。フードメニューはボリュームも自慢。スイーツ&コーヒーが一日中オーダー可能なのもうれしい。晴れた日はテラス席で気持ちよくカフェタイムを過ごしてみては。

編集局レコメンド

●フランスの田舎にいるようなのんびりとした雰囲気が◎
●フードメニューはボリュームもいい!
●晴れた日はテラス席もおすすめ

CAFÉ Con-Combre

住所: 仙台市青葉区中央1-6-25 仙台クリニックビル1F

電話:022-224-8506

営業情報:11:00~21:00(ランチタイム~15:00)

定休日:不定休

HP:https://www.instagram.com/cafeconcombre/

ブレイクタイムや夜カフェにぴったり『青山文庫』

 

ブックカフェで過ごす
自分時間

アンティーク家具が大人の空間を演出

フラスコに入ったネルドリップコーヒーを、コーヒー氷入りのビーカーに注いで味わう「アイスコーヒー」(550円)

 インテリアに溶け込むように、店内には数干冊の文庫本がずらり。テーブルには各テーマに合わせた本が置かれ、席に着く瞬間から心が弾む。落ち着いた照明の中で楽しめるのは、遊び心のあるカフェメニューやしっかりボリュームの食事、小説にちなんだお酒など。ブックカフェのイメージにとらわれず、おしゃべりを楽しむも良し、ゆるりと瞑想するも良し!

編集局レコメンド

その席を選ぶかで本との出会いも変わるので何度訪れても新鮮!
●夜遅くまで営業しているので、仕事帰りにも立ち寄れる
●人気の「クリームソーダ」は天気によって色が変わる!

Café 青山文庫

住所: 仙台市青葉区中央2-1-27 ever-i中央ビル5F

電話:022-209-5115

営業情報:11:00〜24:00、日曜、祝日8:00〜21:00 ※ラストオーダー各1時間前

定休日:無休

HP:https://green-coffee-farm.com/aoyamabunko/

見た目もキュートなスイーツが自慢『Café MythiQue』

 

遊び心あふれる空間で
見た目もキュートな
スイーツを

フルーツたっぷりの「アートスムージー」(1,058円)

北欧やロンドン風など席ごとにテーマがあり、気分に合わせて選べる

パティシエとバリスタ、焙煎士がタッグを組んだカフェ。扉を開けると、アンティーク調のテーブルや小物などを配した、セレクトショップのような空間が広がります。東北では珍しいエスプレッソマシンで淹れる3Dラテアートが自慢。自家焙煎に力を入れており、知識豊富なスタッフがスイーツに合ったコーヒーの提案もしてくれます。店内では、豆の販売も。ほかにも鮮やかに彩られたケーキや自家製ベーグル、スムージーなどが味わえる。目と舌とで楽しめる、乙女心くすぐる癒しの時間を楽しもう。

編集部レコメンド

●色とりどりのケーキはどれにするか迷う時間も楽しい!
●スムージーは、見た目・味・ヘルシー、三拍子揃った絶品メニュー
●3Dカフェラテも人気

Café MythiQue

住所: 仙台市青葉区中央2-4-11 水晶堂ビル3F

電話:022-393-7738

営業情報:11:00~20:00(土・日曜、祝日~18:00)

定休日:不定休

「カフェボン」仙台市内編&宮城編は好評発売中です!

【同梱】『カフェボン』仙台編・宮城編 2冊セットもあります!

『せんだいタウン情報 S-style』の編集部が出合った仙台市内+仙台近郊のカフェを厳選!

今回は、仙台市内の最新のカフェ事情はもちろん、ミュージアム内のカフェ、おでかけやドライブの目的地として申し分のない店を厳選。名前は知っているけど遠くて行けていない、雰囲気だけでも知りたいなど読者の声を反映し、仙台市内は120軒、仙台市外・宮城県内は80軒を紹介しています。好評のハンディサイズで、総掲載物件は200軒です!

マチモールはこちら
https://machimall.machico.mu/products/detail/92
Amazonはこちら
https://www.amazon.co.jp/dp/B07XR5G1JP
https://www.amazon.co.jp/dp/B07XR966R4

仕事帰りや休日のおともに、『カフェボン』もぜひ活用してくださいね! 

琴乃後藤
S-styleWEB編集室

宮城県内6万部発行の45年続くタウン情報誌『せんだいタウン情報S-style』。地元グルメを知り尽くすタウン情報編集部が、地元で愛される名物を紹介します。スマホやPCで情報収集をしながら、「街を楽しむプロ」になろう!