SNS

STAFF PICK UP!

仙台・宮城の旬な情報を、S-style編集部が毎日お伝えします😆✨

2019.04.06

湯のまち鳴子から「しあわせの湯気」をお届けします。

creativeクリエイティブチーム

こんにちは! クリエイティブチームのシナモンです。宮城県有数の温泉地・鳴子温泉郷。温泉そのものの魅力はもちろん、時代に応じた多様な過ごし方が広がっています。そんな多様な過ごし方を鳴子から発信する冊子「ゆとくらし」が完成しました!

表紙には「ゆとくらし」のロゴマークが!

「温泉+●●」のコーナーでは、大自然を体感するSUP体験、読書の楽しみ、地元食材を味わえるお店など、温泉とともに楽しみたい多様な過ごし方をご紹介しています。

「鳴子アーススポーツプロジェクト」の活動にクローズアップ

鳴子とつながりの深いロバート・キャンベルさんのインタビューでは、温泉と読書の親和性についてなるほど! というお話が

米どころとあって、お米はもちろん、自家栽培の野菜や温泉熱を利用した商品など、鳴子ならではのおいしいものも盛りだくさん!

『旅館ゆさ』で食べた朝ごはん。たっぷり味噌汁や自家製お漬物の味が忘れられません

そのほか、伝統&モダンなこけしや、鳴子へ移住してきた皆さんのインタビュー、温泉を支える方々の想いなどをご紹介。住む人には温泉とともにあるこれからの豊かなライフスタイルを、訪れる人には温泉との関わりが豊かなライフスタイルの一つとなるように。温泉とともにあるそれぞれの「ゆとくらし」を改めて感じるきっかけとなる1冊です。鳴子観光協会などで配布しているので、ぜひ手にとってくださいね!

■発行
大崎市湯治文化ビジネス創造プロジェクト
☎/0229-83-4751(鳴子まちづくり株式会社)

creative
クリエイティブチーム

広告づくりを専門とする編集部内きっての少人数部隊。メンバーは「ようじし」「シナモン」「シャーク」。“ヒト”ということくらいしか共通点がないほどバラバラの3人だが、仕事に対するベクトルは同じ(だと信じたい)。