SNS

2020.05.07

【老舗洋食店でLet’sテイクアウト!】『アメリカングリル文化横丁店』で夢の弁当をオーダーしちゃった話

こんにちは、S-style編集部のあちきです。文化横丁にある『アメリカングリル 文化横丁店』でテイクアウト弁当をオーダーしちゃいました。

アメリカングリル 文化横丁店

仙台で70年以上の歴史を誇る老舗洋食店『アメリカングリル』。こちらの「文化横丁店」は、三代目の鈴木辰典さんが腕をふるう、言わば‟分店”です。本店のクラシカルな雰囲気とは打って変わって、USロックの名盤やポスターがずらりと並ぶ店内は、青春時代を音楽と共に過ごした辰典さんの趣味!新たなアメリカングリルとして愛されている一軒です。

そんなアメリカングリルがテイクアウトをスタート!

S-style5月号の「ひとりごはん特集」取材時に、店主の辰典さんから「テイクアウトはじめました」と聞いていた私。満を持してオーダーしちゃいました!なんで‟満を持して”かって…?実は私、はじめてアメリカングリル文横店にお伺いした時から、小さな夢があったんです。

S-style5月号は「ひとりごはん&テイクアウト」特集

それは…

このミートボールがお弁当にわんさか入っていたら、どんなに夢のようなんだろう🥰✨✨

それがそのミートボール。(S-style2018年11月号より抜粋)

お弁当の定番とも言える「ミートボール」ですが、なんだか子どもの時からあまり好きになれなかった私。でも、『アメリカングリル文化横丁店』でいただいたこの「味自慢ミートボール(※文横店限定)」で開眼。牛肉100%のミートボールは、みっしりと肉々しい食感がまるでハンバーグのようなウマさ。味付けも特製デミグラスソースがしっかりと染みていて「えー!!このミートボール、お弁当のミートボールと全然違う!何個でも食べたいじゃん!これは立派な大人の美味や!!」と、目からウロコが落ちたのでした。というわけで、今回は特別に「ミートボールのお弁当」をオーダーしちゃいますよ。

テイクアウトは要予約。メニューはオーダー次第!

「アメリカングリル 文化横丁店」のテイクアウトは特に決まったメニューがなく、予算や食べたいものに応じて柔軟に対応していただけるそう。必ず”要事前予約”にしているのは、お持ち帰りとは言え「あたたかくておいしいものを食べてほしい」という店主の想いから。通常よりお手頃価格にしているという驚きのサービスからも、辰典さんの男気あふれる愛情と料理への誇りが伝わってきます。

たとえば、

  • 予算〇〇円でおかずだけお願いしたい!
  • ランチのお弁当をいくつかお願いしたい!

なんてのもOK。グラタンと汁物以外はほとんど持ち帰りできるそうです。私はワガママにも「ミートボールの弁当」を特注させていただき、そのほかランチのお弁当を2つオーダーしました。

絶品洋食が盛りだくさんの特注お弁当

特注お弁当(800円※ご飯付)。ミートボールが5個も入っている!ウヒヒ…

こちらが今回特別にオーダーさせてもらったお弁当。念願のミートボールが5個も入っていますよ。それだけでなく、コーンコロッケやハッシュドポテト、フィッシュフライも贅沢に詰めてくださいました。しかもミートボールはチーズがけ!ひと口食べてやっぱりウマい。肉のおいしさがギュッと詰まっていて、ご飯が進むこと進むこと…😂♥この盛りだくさんのおかずにまたたっぷりの愛情を感じました。わがままオーダーすみません…!でも夢がかなったー!ありがとうございます!

こちらは「メンチカツ弁当」(800円※ご飯付)

そして「ポークカツ弁当」(800円※ご飯付)

こちらのフライは、すべてラード100%で揚げているこだわりよう。香りも良くサクッと揚がっており、不思議ともたれないのが特長です。ポークカツはみっしりと程よい歯触りの大ぶりのお肉が絶品。メンチカツも生タマネギのシャキシャキ感が活きています。食材とレシピにこだわったお店の洋食を800円というリーズナブルな価格で楽しめるのがうれしいですね。

ごちそうさまでした!

『アメリカングリル 文化横丁店』には、まだまだオムライスやナポリタンなどの名物がたくさんありますので、自分好みに注文して楽しむのがおすすめ。今回オーダーした「ミートボールのお弁当」はスペシャルメニューですが、メインメニューとご飯がセットで800円の”今日のランチ”や、単品メニューなら気軽にオーダーできるので、仕事の合間のランチやラクしたい時の晩御飯にもうってつけ。サービス精神たっぷりな素敵な店主さんですので、ぜひみなさんも気軽にご連絡してみてください。

アメリカングリル 文化横丁店

住所: 宮城県仙台市青葉区一番町2-4-12 新富ビルB1F

電話:022-265-6556

営業情報:11:30~14:00、18:00~23:00※新型コロナウイルスの感染拡大状況を踏まえ、営業時間の短縮、臨時休業になる場合があります。事前の確認をおすすめいたします

定休日:日曜

Map

ちなみに普段の『アメリカングリル 文化横丁店』さんは、深夜23時まで気軽に洋食が楽しめるお店。ひとりごはんにもうってつけなうれしい大人のダイニングです。洋食をつまみにクイッとハイボールもいいですね!

S-style5月号も要チェック!

【発売日】4月24日 【価格】495円(税込)

仙台・宮城の「ひとりごはん&テイクアウト」の最新情報

大注目の「Uber Eats」。編集部によるレポート記事も収録。
おうち時間や在宅ワークの心強い味方になれる1冊です。

ご購入はコチラから!

achiki
あちき

仙台生まれ仙台育ち。2021年から日刊S-style Webの編集長になりました。三角食べが特技。コロナ禍以降は料理とお笑い、「ゼルダの伝説」に凝っています。FUJIFILM X-T100を相棒に写真も練習中。