SNS

STAFF PICK UP!

仙台・宮城の旬な情報を、S-style編集部が毎日お伝えします😆✨

2019.12.14

【新連載】イケ麺チャージ Vol.6『桜木製麺所』

kamaspoカマスポ

今春より新たにスタートしたKHB東日本放送の新番組「チャージ!」。番組とS-styleがコラボしたラーメンコーナー「イケ麺チャージ」(毎週火曜放送)では、ラーメンソムリエ・齊藤夢愛さんとS-styleのラーメンオタク・カマスポが、とびきり旨い県内各地のラーメン屋さんを紹介していますが、誌面では珠玉の一杯を深掘りしてお届けします。

淡麗トリプルスープと熟成麺に刮目!

「塩中華そば」(750円)※麺の大盛+100円

この度おじゃましたのは、五橋にあるマンションの1階にひっそりと佇む『桜木製麺所』。’14年に多賀城でオープンして以来、小麦粉や煮干し、トッピングに至るまで、厳選された素材で仕立てる一杯が評判を呼び、『ミシュランガイド宮城2017特別版』でビブグルマンを獲得。「のんびりやりたくて」と昨年10月に五橋に移転後もその人気は衰えることを知らない。店主・日下さんはラーメン店開業のきっかけを「素人でも始められると聞いて」とあっさりと振り返るが、洗練された淡麗系のラーメンには相当なこだわりが感じられる。そのおいしさの秘訣は「人に聞くこと」。余計なプライドは捨て、良いことは素直に吸収。ダシのことは煮干し屋に、チャーシューのことは肉屋に聞き、開業直前にメンマの作り方をラーメン店を営む友人に教えてもらったこともあったという。
そんな一軒で今食べるべきラーメンは、絶妙なバランスを保った動物系ダシ、魚ダシ、貝ダシのトリプルスープが堪能できる「塩中華そば」。まずは透き通ったスープを一口すすれば、鶏油のまろやかさが口に広がり、その後にカツオ節の香ばしい風味がジワリ。北海道産の「春よ恋」と「ゆめちから」をブレンドした自家製ストレート細麺は滑らかな舌触りと豊かな香りが特長。3日間熟成することで粉と水がしっかりと馴染み、あっさりスープによく合うしなやかなコシのある麺に仕上げた一杯は、最後の一滴まで飽きることなくペロリと完食してしまうはずだ。

桜木製麺所

住所: 仙台市青葉区五橋2-7-8 朝日プラザ五橋Ⅲ 1F

電話:なし

営業情報:11:00~14:30※スープなくなり次第終了

定休日:日曜、ほか臨時休業あり

Map

kamaspo
カマスポ

「三度の飯より釣りが好き」。休日のほとんどを海の上で過ごす、中肉中背既婚の釣りバカスタッフ。「宮城の観光特派員」「うちの自慢、聞いてけさいん」「せんだい★スポーツ」などを担当中