せんだいタウン情報 日刊S-style web
SNS

2022.05.06

地元タウン誌編集厳選!初夏の「秋保温泉郷」観光で行くべき場所6選

仙台屈指の温泉地として有名な秋保。ですが、見所は温泉だけじゃありません!実はフォトジェニックなスポットやおいしいグルメ、可愛らしい雑貨店が盛りだくさんのエリアで、日帰り旅にもおすすめなんです。

今日は、地元タウン情報誌『せんだいタウン情報S-style』の編集部が厳選した、初夏の秋保観光で訪れるべき6つのスポットを紹介します。

1日で周り切れるラインナップになっていますので、そのまま休日のおでかけにもご活用ください!ぜひ秋保の魅力を感じてみてくださいね。

「秋保温泉郷」観光で行くべき場所6選

1.触って作って体感できる!華麗で不思議な万華鏡の世界『仙台万華鏡美術館』
2.大自然の中でパワーチャージ!「ハート」の窪みはマストで撮影『磊々峡』
3.黄色いコンテナが目印!サクッと軽い石窯ピザを頬張って『石窯ピザ たつだ』
4.お気に入りの家具や雑貨でおうち時間を楽しく、心豊かに『CLASSOCO FURNITURE』
5.居心地のよい古民家で、旅の疲れを癒すカフェタイムを『アキウ舎』
6.宮城・東北のおいしいものが集結!ここでしか買えない話題のパンも『秋保ヴィレッジ』

 

1. 仙台万華鏡美術館

触って作って体感できる!
華麗で不思議な万華鏡の世界

展示室は2階にあり、子どもも楽しめる作品が多数。ミュージアムショップだけの利用も可

トム・M・シャトー作の「Many Face TV」。作品に頭を入れると、おもしろい景色が!

「天然石の手作り万華鏡体験」(3,960円)など、3種類の万華鏡作り体験もできます

小さな窓の先に、美しく幻想的な世界が広がる癒しのアート作品・万華鏡。館内では、季節やイベントごとに内容を替えながら、日本やアメリカの作家を中心に約300点の作品を展示。緻密な職人技の細工ものや見た目もユニークな大型作品、貴重なアンティークなど、どれも個性豊か。そのうち約60点は実際に触って覗くことができます。館内はなんと、ワンちゃん猫ちゃん連れもOK!

入館料/一般・大学生900円、高校生以下・70歳以上450円、未就学児入館無料

仙台万華鏡美術館

住所: 仙台市太白区茂庭字松場1-2

電話:022-304-8080

営業情報:9:30~17:00(16:30最終入館、手作り体験受付終了)

定休日:無休

HP:http://www.iyashisekai.com/sendai

 

2. 磊々峡(らいらいきょう)

大自然の中でパワーチャージ!
ハートの窪みはマストで撮影を

初夏には苔の緑が美しく広がり、絶好の観覧日和に!   写真提供:宮城県観光プロモーション推進室

「覗橋」から見えるハートの窪みは撮影必至!  写真提供:宮城県観光プロモーション推進室

名取川の流れがひときわ狭くなる秋保温泉湯元付近に広がる渓谷「磊々峡(らいらいきょう)」。秋保温泉街の入口にある「覗橋」がほぼ真ん中に位置し、この橋を挟んで上下約1kmにわたって渓谷美が続きます。下流側に向かう渓谷沿いには約650mの遊歩道が整備され、滝が織りなす景観を楽しむこともできます。また、磊々峡にあるハートの形をした窪みは「恋人の聖地プロジェクト」に認定されており、秋保の人気フォトスポットとしても知られています。

磊々峡

住所: 仙台市太白区秋保町湯元

電話:022-398-2323(秋保温泉郷観光案内所)

 

3. 石窯ピザ たつだ

大自然に映えるコンテナの店で
サクッと軽い石窯ピザを頬張って

ソーセージやモッツァレラチーズ、バジルなどがのった「具だくさんの贅沢ピザ」(1,500円)

秋保大滝から車で4分のところに昨年11月オープン。テラス席はワンちゃん連れもOK ※写真撮影は2月

外に広がる美しい景色を楽しんで欲しいと、各席に双眼鏡を用意。ときには動物の姿が見えることも

自然豊かな田舎道に建つインパクト大の黄色いコンテナ。ここは、「秋保の景色を活かしたお店を作りたい」と考えた店主が、4年越しの夢を叶えた石窯焼きピザの店。もっちり感がありつつサクッとした薄めの生地と、塩味を抑えたマイルドな味わいで、1人1枚ペロリと食べられる軽さが特徴です。ピザは食事系・デザート系を含む5種類。自家製ドリンク「はちみつジンジャー」(350円)もおすすめ!

石窯ピザ たつだ

住所: 仙台市太白区秋保町馬場野尻町北64-4

電話:080-6651-4626

営業情報:10:30~19:00

定休日:不定休

HP:https://pizza-tasuda.com

 

4. CLASSOCO FURNITURE

お気に入りの家具や雑貨で
おうち時間を楽しく、心豊かに

家具は、生活スタイルや部屋の広さに合わせ、素材やサイズなど自分好みに注文可

座面が柔らかなカーブを描いており、座り心地抜群の「スツール」(49,500円)。飾り台にもぴったり

秋保石の吸水性を生かした「秋保石プランツコースター」(3,300円)。木製の脚もポイント

「暮らしに寄り添う」をテーマに、日常生活に馴染むシンプルなデザインと、長く使い続けられる品質の高さが人気のオーダーメイド家具を製造。工場隣のショールームでは、ダイニングテーブルやキャビネットなどの家具を展示するほか、端材を使ったオリジナル雑貨や、遊び心のある東北の手仕事雑貨を販売。木の温もりや作り手の丁寧な仕事が伝わる商品は、毎日のおうち時間を豊かにしてくれます。

CLASSOCO FURNITURE

住所: 仙台市太白区秋保町境野字上戸33-6

電話:022-724-7869

営業情報:10:00~17:00

定休日:不定休

HP:https://www.classoco.com

 

5. アキウ舎

居心地のよい古民家で
旅の疲れを癒すカフェタイムを

茅葺き屋根にトタン張りを施した、重厚な屋根が印象的

築160年の木造民家を匠の技で再生。音楽イベントなども開催している

本場・スペインのバスク地方のレシピを忠実に再現した「バスクチーズケーキ」(550円)

かつて秋保湯元で「除(のぞき)屋敷」と呼ばれた、築160年の民家をリノベーションしたカフェ。その風格ある店内で味わえるのは、秋保を中心とした宮城県産野菜をふんだんに盛り込んだプレートや、目でも舌でも楽しめるスイーツの数々。昨年から提供を開始した「バスクチーズケーキ」は、焦げた表面の香ばしさと濃厚でクリーミーな味わいが特長。コーヒーをお供にゆっくりとカフェタイムを楽しんで。

アキウ舎

住所: 仙台市太白区秋保町湯元字除9-4

電話:022-724-7767

営業情報:11:00~17:00(ラストオーダー16:00)※ランチタイム~14:30

定休日:火曜(祝日の場合は営業、翌日休み)

HP:https://akiusha.jp

6. 秋保ヴィレッジ

宮城・東北のおいしいものが集結
ここでしか買えない話題のパンも

食卓を楽しくするご飯のお供もずらり。観光客だけでなく地元住民の心も掴む品揃えが自慢!

カステラ工房で手作りした「かすてらパン」(432円)は『秋保ヴィレッジ』限定。焼きたてが並ぶ

「さくらさんが好きなあんこパンちゃん」(216円)。甘いパン生地の中に、こしあん入りの大福が!

100軒以上の契約農家が運ぶ新鮮野菜、宮城・東北の名産品、土産におすすめの銘菓などが一堂に会し、メニュー豊富なフードコートやお茶を使った足湯も楽しめる買い物スポット。数ある商品の中でも特にリピーターを増やしているのがパン。牛乳をたっぷり使った甘さ控えめの「かすてらパン」は、竹鶏たまごの風味とふわふわ食感がたまりません!岩手のメーカーとコラボした大福入りのパンも人気。

秋保ヴィレッジ

住所: 仙台市太白区茂庭字中谷地南32-1

電話:022-302-6081

営業情報:9:00~18:00

定休日:無休

HP:https://akiu-village.jp

いかがでしたか?

地元タウン誌編集厳選!初夏の「秋保温泉郷」観光で行くべき場所6選はいかがでしたか?

おでかけ日和の1日には、ぜひ仙台・秋保でプチトリップを楽しんでみてくださいね!

★関連リンク★
【地元タウン誌が選ぶ】秋保温泉付近のおしゃれカフェ4店
https://s-style.machico.mu/pickup/13477
プチ旅行気分を満喫!秋保で楽しむランチ6選
https://s-style.machico.mu/pickup/13676
【わざわざ行きたい!♡】仙台のおしゃれランチスポット15選【厳選】
https://s-style.machico.mu/pickup/24007

琴乃後藤
S-styleWEB編集室

宮城県仙台市のタウン情報誌『せんだいタウン情報S-style』。地元グルメや仙台観光を知り尽くすタウン情報編集部が、地元で愛される名物を紹介します。スマホやPCで情報収集をしながら、「街を楽しむプロ」になろう!