SNS

2021.07.25

【新店レポ】リーズナブルなパンがずらり!『土樋パン製作所』の商品を全部見せ

こんにちは!編集部はまじです。今日は7月7日にオープンしたばかりの『土樋パン製作所』をご紹介。店名の通り、お店があるのは若林区土樋にある『東北学院大学』の「ホーイ記念館」の中なんです。とは言えパンの購入はもちろん学生さんじゃなくても大丈夫です。新しいパン屋さんに目がない編集部はまじ、早速駆けつけてきましたよ~。

『土樋パン製作所』があるのはこんなところ

荒町商店街側から東北学院大学方面へ。『西友五橋店』の並びにあるのが

東北学院大学の『ホーイ記念館』。こちらの1階にあるのが『土樋パン製作所』です

店名が書かれた立て看板やビッグサイズのオシャレな三角ポールが入口の目印

店の入口には消毒液と検温器を完備。コロナ対策もしっかりとられています

密防止のため、店内は10名までの入店制限があります。混雑時は譲り合って利用しましょう!

『土樋パン製作所』、店頭のパンを(ほぼ)全部見せ!

お店の方に事前に確認したところ、パンが一番充実している時間帯が【午前11:15頃】という情報をゲットしていた編集部はまじ。ということで、早速充実タイムを狙って訪問してみました。とある日の11時30分頃並んでいた、約35種類のラインナップを(ほぼ)全部見せしちゃいます!
(パンが並ぶ時間は日によって異なる場合があります)

このような空間に、パンがたくさん並んでいます

おすすめポップが掲示されていた「塩パン」

こちらもお店おすすめの「くるみ塩パン」。ザクザクしたクルミがたっぷり入っています!

クルミを使ったパンはほかにもありました。「くるみパン」(120円)

「ブリオッシュシュクレ」(180円)

「シナモンロール」(210円)

「アップルカスタードブリオッシュ」(240円)

「北海道産クリームチーズのくるみパン」(260円)

「ショコラとクルミのブリオッシュ」(320円)

「ミルクフランス」(230円・写真右)、「ラムレーズンバターのミルクフランス」(260円・写真左)

昔なつかしのフォルムが愛しい「メロンパン」

「濃厚カスタードのクリームパン」(230円・写真右)、「ショコラフランス」(150円・写真左)

「チーズフランス」(280円)

この日すでに品薄だったのが「ピザトースト」(280円・写真右)、「焼きカレーパン」(写真左)

「サルサソースノホットドッグ」(350円・写真右)、「キーマカレーのホットドッグ」(350円・写真左)

「トマト&バジルのフランスパン」(280円)

写真右から「4種チーズのフォカッチャ」(280円)、「じゃがバターのフォカッチャ」(280円)、「カレーポテトのフォカッチャ」

「グリーンオリーブのフランスパン」(230円)

「クロックムッシュ」(230円)

「パン・オ・ショコラ」(320円)

「パン・オ・レザン」(200円)

「てりたまロール」(写真右)、「ポテサラロール」(写真左)

「海老フライロール」(写真右)、「鶏ごぼうロール」(写真左)

「たまごロール」(写真左)

「バターロール」(65円)。ほかに食パンもありました!

店内にはリベイクスペースも

店内でパンを食べる場合は、こちらのリベイクコーナーをお見逃しなく。ほっかほかのパンはおいしさ倍増ですよ~!

イートインスペースはこんな感じ。席の間もゆったりと配置されていますね

ちなみに購入したパンは、会計後はセルフ包装で持ち帰るのがこちらのお店のスタイルです

パン屋なのに⁉数量限定の定食もある『土樋パン製作所』

豊富なパンも魅力ながら、場所がらかランチタイムには数量限定で定食も提供します。定食の提供時間は11時~14時で、なんと500円という超お得価格…!
さらにお弁当コーナーもあるので、パンと合わせてチェックするのがおすすめです!

お弁当スペース。ボリューミーなお弁当が10種ほどありました

定食は2種類。この日は「白身魚フライの野菜あんかけ」と

「タルタル照焼きチキン」が登場

★パン好き編集部はまじのチェックポイント

  • 1個65円~とリーズナブルなパンがたくさん揃う
  • 店内にはリベイクコーナーを完備。ほかほかのパンが食べられる!
  • ランチタイムには数量限定の定食提供もあり

これからハード系のパンなど、さらにパンの種類を増やしていくとのことだったので、引き続き要チェックな一軒です。皆さんもぜひ足を運んでみてくださいね~!

土樋パン製作所

住所:〒980-0812 宮城県仙台市青葉区片平2-1-3 東北学院大学ホーイ記念館1F

電話:022-393-9883

営業情報:10:00~17:00

定休日:土・日曜

Map

hamaji
はまじ

小学1年の息子を追いかけながら、日々せっせと働くワーキングマザー。「せんだいタウン情報S-style」第19代目編集長やってます。BTSが好きすぎて、やたらと韓国料理ばかり作っているただのARMY。