SNS

STAFF PICK UP!

仙台・宮城の旬な情報を、S-style編集部が毎日お伝えします😆✨

2021.09.16

写真映え抜群!絶対食べたいグルメ&スイーツ11選

琴乃後藤S-styleWEB編集室

※本サイトで提供される記事、写真、イラストなど、あらゆる形のコンテンツには著作権が存在します。著作者の承諾なしに複製・転用・販売などの二次利用をすることを固く禁じます。

※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

宮城県内の45年続くタウン情報誌『せんだいタウン情報S-styleの編集部が、絶対たべてほしい!おすすめの料理をご紹介します。

写真映え抜群!絶対食べたいグルメ&スイーツ11選

1.ザクザクもっちりチュロス『KUROBOSHI』
2.りんご飴でお祭り気分『MR.MASH』
3.韓国屋台グルメの定番スイーツ『ヘンボッハン テッペ仙台店』
4.オリジナリティあふれるモナカ『すずや』
5.フォトジェニックな韓国発のビックマカロン『pâtisserie Émotion』
6.かまぼこで作るアメリカンドッグ⁉ 『阿部蒲鉾店 本店』
7.あつあつの焼きたてたい焼き『鯛きち 名掛丁店』
8.街中の喧騒を忘れさせてくれるような重厚感漂う『Hambleton Hall』
9.写真映え抜群のスペシャルシェイク『THE ROOFTOP E GARDEN』
10.山形発祥のコーヒーロースター『萬國珈琲 仙台茂庭店』
11.山形の老舗和菓子店が営む『EIGYOKUDO CAFE』

1.ザクザクもっちりチュロス『KUROBOSHI』

 

チュロスが
カラフルにおめかし!

「ストロベリーペブルス」(530円)。お店では「クレープブリュレ」や「ポップコーン」のほか、ドリンクも販売

’20年11月にオープンした『KUROBOSHI』。こちらのチュロスは、タピオカ粉と米粉を使用したもっちり食感の生地が特長です。8種類のラインナップの中でも目を引く「ストロベリーペブルス」は、チュロスの上に甘酸っぱいストロベリーチョコレートとカラフルなシリアルをトッピング。シリアルのザクザク感ともっちり生地のハーモニーを楽しめますよ。

【地下鉄東西線青葉通一番町駅より徒歩3分】

編集部おすすめポイント

●厳選素材で作るチュロスが絶品!
●ザクザク感ともっちり食感が相性◎
●色鮮やかな見た目に心も踊る
KUROBOSHI 仙台店

住所: 仙台市青葉区一番町3-9-2 プラスビル1F

電話:080-6574-2410

営業情報:10:00~19:00(土・日曜、祝日~20:00)

定休日:無休

HP:http://kuroboshi-sweets.com

2.りんご飴でお祭り気分『MR.MASH』

 

まるで宝石!
輝くりんご飴

「APPLE CANDY」(400円)のほか、マッシュポテトをメインにオリジナル商品を展開しています

甘酸っぱいリンゴを、クリスピーな飴でコーティングしたこちら。直径7cm前後のリンゴに豪快にかぶりつくと、表面の飴がパリッと崩れ、リンゴの蜜がジュワッとあふれ出します。2つの異なる食感と、口の中で一体化する甘みと酸味が絶妙ですよ。目の前で作る工程を見るのも楽しく、食べる前からわくわくが止まりません!

【地下鉄南北線勾当台公園駅より徒歩3分】

編集部おすすめポイント

●しずくが流れるような仕上がりもキュート!
●りんご飴のほか、マッシュポテトや「ロングチキンスティック」など食べ歩きフードが充実
●メニュー開発も行う社長は、なんと現役女子高生!
MR.MASH

住所: 仙台市青葉区国分町3-2-10

電話:080-8218-5500

営業情報:11:00~18:00

定休日:水曜

HP:https://www.mr-mash.com

3.韓国屋台グルメの定番スイーツ『ヘンボッハン テッペ仙台店』

 

ふわモチの
韓国発ドーナツ

「クァベギ(もち米ねじりドーナツ)」(162円)。お手頃価格も魅力的!

韓国で屋台グルメの定番として大人気の「ねじりドーナツ」は、米粉100%のグルテンフリー。油で揚げてあるのに重くなく、外側のサクッと軽い食感と、中のもっちり感の絶妙なコントラストにやみつきになること間違いなし! 仕上げにピンクシュガーをかけたプレーンタイプのほか、シナモン、ココア、抹茶、きなこ味もありますよ。

【地下鉄仙台駅直結】

編集部おすすめポイント

●ふわふわもっちり食感が絶妙
●グルテンフリーなので、小麦アレルギーの人でも安心
●チョコやアイシングでデコレーションした輪っかタイプのドーナツにも注目!
ヘンボッハン テッペ仙台店

住所: 仙台市青葉区中央4-1-1 EBeanS 2F

電話:080-9014-8673

営業情報:10:00~20:00

定休日:EBeanSに準ずる

HP:https://henbbohan-teppe.com

4.オリジナリティあふれるモナカ『すずや』

 

見た目も華やかな
和スイーツ

「ずんだカタラーナ」(テイクアウト540円※イートインの場合は550円)。2階のイートインスペースではあんみつなども味わえます

仙台では珍しいモナカ専門店が、二日町から文化横丁内に移転オープン。イタリア料理のシェフである店主ならではのひと手間が加わった華やかな品々が揃っています。その中でも、おすすめは「ずんだカタラーナ」。手作りのずんだとカタラーナを豪快にサンドした看板メニューです。パリパリとしたモナカの食感もたまりませんよ!

【地下鉄東西線青葉通一番町駅より徒歩5分】

編集部おすすめポイント

●味はもちろん、見た目の華やかさにもうっとり
●金沢の専門店から取り寄せるモナカがパリパリで美味!
●イタリア料理のシェフが手がける、オリジナリティあふれる和スイーツが味わえる
甘味処 すずや

住所: 仙台市青葉区一番町2-3-37

電話:非公開

営業情報:12:00~19:00(ラストオーダー18:30)

定休日:不定休

5.フォトジェニックな韓国発のビックマカロン『pâtisserie Émotion』

 

カラフルでファニーな
映えスイーツの真骨頂!

「トゥンカロン スイーツシェル」と、「トゥンカロン グリーンティーモンスター」は各440円

韓国語で“太っちょなマカロン”という意味を持つ「トゥンカロン」が、週替りで6種類登場!北海道産バターを使ったほんのり甘いマカロン生地でチョコレートやクッキーをサンドした、見た目もキュートなトゥンカロンは手土産にもぴったりです。30年以上マカロンを作り続けてきた洋菓子店だけあって、美味しさはお墨付きですよ。

【地下鉄南北線富沢駅よち徒歩1分】

編集部おすすめポイント

●食べるのがもったいないほどキュートなルックスに胸キュン!
●30年以上の実績が裏付ける、洋菓子店ならではの本格的な味わい
●週替りなので、訪れる度に新たな味に出会える楽しみも
pâtisserie Émotion

住所: 仙台市太白区大野田5-38-9

電話:022-302-6880

営業情報:11:00~19:30(土・日曜、祝日~19:00)

定休日:月曜

HP:https://emotion-sendai.com

6.かまぼこで作るアメリカンドッグ⁉『阿部蒲鉾店 本店』

 

仙台市民に愛される
名物の食べ歩きグルメ

言わずと知れた仙台名物「ひょうたん揚げ」(250円)。トッピングのケチャップは普通・辛口からセレクトできます

80余年の歴史を持つ『阿部蒲鉾店』。定番の笹かまぼこはもちろん、見逃せないのが看板商品の「ひょうたん揚げ」です。「第1回仙台・青葉祭り」での販売以来人気を集め、今では仙台の食べ歩きグルメの代表格として知られています。ふわふわのかまぼこがほんのり甘いサクサクの衣に包まれた、仙台市民の溺愛メニューです。

編集部おすすめポイント

●仙台を訪れたら一度は食べておきたい名物グルメ
●ほんのり甘い衣とかまぼこが奏でるハーモニーにやみつき!
●ケチャップが2種あり、気分によって味を変えられるのもうれしい
阿部蒲鉾店 本店

住所: 仙台市青葉区中央2-3-18

電話:022-221-7121

営業情報:10:00~19:00※ひょうたん揚げは無くなり次第終了

定休日:無休

HP:https://www.abekama.co.jp

7.あつあつの焼きたてたい焼き『鯛きち 名掛丁店』

 

仙台名物のずんだを
あつあつで楽しむ

「ずんだもち」(180円)と「小倉あんホイップ」(160円)。定番のほか、多彩な期間限定メニューも登場します

店頭で焼き上げる、出来立てあつあつのたい焼きが味わえる『鯛きち』。寒い時期は行列になることも多い大人気店です。あつあつのずんだと餅が入った仙台名物「ずんだもち」のたい焼きは、寒い季節に特におすすめのひと品。ホイップクリームと小倉あんが入った「小倉あんホイップ」などの、冷やして食べる生たい焼きもお見逃しなく!

【地下鉄仙台駅より徒歩5分】

編集部おすすめポイント

●他ではあまりお目にかかれない、あつあつのずんだが味わえる
●パリッと香ばしい薄焼きの皮もおいしい
●おやつから食事系まで、バラエティに富んだ限定たい焼きも要チェック!
鯛きち 名掛丁店

住所: 仙台市青葉区中央2-1-30

電話:022-224-7233

営業情報:10:30~19:30

定休日:無休

HP:http://taiankichijitsu.com

8.街中の喧騒を忘れさせてくれるような重厚感漂う『Hambleton Hall』

 

英国のアンティークに囲まれ
旬のフルーツパフェに舌鼓

「季節のパフェ」(1,980円)。9月中旬からはブドウとシャインマスカットのパフェが登場予定です

こちらでじっくり味わいたいのが旬のフルーツをふんだんに使用したパフェです。今時季はモモを贅沢に使用したひと品が登場。自家製のモモのコンポートの下には、モモシャーベットがぎっしり。アクセントに甘酸っぱいラズベリーソースをたっぷりと。ドイツの有名ブランド「ロンネフェルト」の紅茶と合わせて召し上がれ。

【交通:地下鉄東西線青葉通一番町駅より徒歩3分】

編集部おすすめポイント

●「季節のパフェ」は+330円で、紅茶orコーヒーをセットにできる
●英国から輸入したアンティーク家具に囲まれ、イギリスにいるような気分が楽しめる
●店内の家具や食器は販売も行う
antique shop&cafe Hambleton Hall

住所: 宮城県仙台市青葉区一番町2-3-27 サンモールビル1F

電話:022-796-6922

営業情報:11:00~17:00(ラストオーダー16:30)

定休日:水曜

HP:https://www.facebook.com/hambletonhall.sendai/

9.写真映え抜群のスペシャルシェイク『THE ROOFTOP E GARDEN』

 

キュートでポップ、
ボリューム満点!

「ヴィンテージドリンク」※左から「ストロベリーミルク」(600円)、「キャラメルポップ」(500円)、「ミルクココア」(550円)

自家製バタークリームを挟んだマカロン。左から「キャラメルプレッツェル」(420円)、「オレオ」(420円)、「ミルクティー」(330円)

E BeanS』の4階にあり、新感覚のマカロン、種類豊富なハンバーガーやフルーツバーガー、東北初上陸の糸かき氷、新鮮な野菜や果物100%のフレッシュジュースなど、多彩なメニューをリーズナブルに楽しめる一軒。ひんやりとしたシェイクを多彩なトッピングで仕上げた「ヴィンテージドリンク」は、ポップ&カラフルで写真映えすること間違いなし!

【交通:地下鉄仙台駅直結】

編集部おすすめポイント

●「ヴィンテージドリンク」は全10種類をラインナップ
●シェイクが注がれた、ポップな海外のヴィンテージグラスもかわいい
●手土産にもぴったりな、カラフル&キュートなマカロンも要チェック!
THE ROOFTOP E GARDEN

住所: 宮城県仙台市青葉区中央4-1-1 E BeanS 4F

電話:022-707-5682

営業情報:10:00~20:00

定休日:E BeanSに準ずる

HP:https://the-rooftop-e-garden.com

10.山形発祥のコーヒーロースター『萬國珈琲 仙台茂庭店』

 

コーヒーと相性抜群!
絶品パフェを堪能

「milk&milkのパリパリいちごパフェ」(748円※テイクアウトの場合は734円)と「コーヒートニック」(550円※テイクアウトの場合は540円)

コーヒー豆の販売も行っており、常時10種類以上をラインナップしています

コーヒーとの相性を重視して考案したスイーツや、コーヒーを使ったアレンジドリンクのラインナップが自慢。2種類のバニラを使ったソフトクリーム、イチゴミルクプリン、ブラウニーなどが層を成すパフェが看板メニューです。この夏より登場した、エチオピアの豆を使った「コーヒートニック」の爽やかな味わいと共に楽しんでくださいね。

【交通:東北自動車道仙台南ICより車で5分】

編集部おすすめポイント

●パフェのソフトクリームは、コーヒーと合うように考え抜かれたすっきりとした後味が自慢
●コーヒーロースターならではの、自慢の豆を活かしたアレンジドリンクにも注目
●コーヒー豆の販売も。店内で焙煎した茂庭店限定フレーバーもお見逃しなく
萬國珈琲 仙台茂庭店

住所: 宮城県仙台市太白区茂庭1-6-10

電話:022-302-4971

営業情報:11:00~17:30(ラストオーダー17:00)

定休日:水曜

HP:https://bankoku-coffee.com

11.山形の老舗和菓子店が営む『EIGYOKUDO CAFE』

 

チーズクリームがとろ~り
人気沸騰の新感覚ティラミス

左から「抹茶ティラミスどら焼きソフト」、「ティラミスどら焼きソフト」(各880円※テイクアウトの場合は各864円)

今年からイートインメニューが増えました。「どら焼きソフト」や「コーヒーゼリーソフト」もおすすめですよ

山形の老舗『榮玉堂』のどら焼きをラテと共に味わえるカフェ。注目は、今年メニューに加わるとすぐさま人気となったティラミスです。3種のチーズをブレンドしたクリームは、匙ですくうとトロ~ッと流れ、極上のなめらかさを追求。ココアパウダーの下に仕込んだどら焼き生地にはエスプレッソをたっぷり染み込ませ、ビターな味わいに仕上げています。

【交通:地下鉄南北線泉中央駅より車で12分】

編集部おすすめポイント

●とろ~りとなめらかなチーズクリームと自慢のどら焼き生地のハーモニーが絶品!
●どら焼き生地の下に隠れた、濃厚なミルクソフトクリームも美味
●抹茶は、宇治抹茶のほどよい苦みとすっきり感が好評
EIGYOKUDO CAFE

住所: 宮城県仙台市泉区高森1-1-189 高森ショッピングプラザ南館

電話:022-725-7020

営業情報:9:00~18:00、カフェ10:00~17:00(ラストオーダー16:30)

定休日:月・火曜

HP:https://www.eigyokudo-cafe.com

琴乃後藤
S-styleWEB編集室

宮城県仙台市のタウン情報誌『せんだいタウン情報S-style』。地元グルメや仙台観光を知り尽くすタウン情報編集部が、地元で愛される名物を紹介します。スマホやPCで情報収集をしながら、「街を楽しむプロ」になろう!