SNS

STAFF PICK UP!

仙台・宮城の旬な情報を、S-style編集部が毎日お伝えします😆✨

2019.07.25

S-style8月号掲載・バクコメの「爆UP!!」~丸森町・不動尊公園キャンプ場~

iyashirobo癒しロボ

こんにちは! THESPEATLESのキリンゴ・スターです。子どもたちが夏休みに入り、「どこか連れてって!」の毎日です。みなさん予定は決まってますか!?夏と言えばズバリ!「キャンプ」と「夏祭り」ですね!(キリンゴ調べ)

『せんだいタウン情報S-style』で毎月連載の『爆UP!!』。宮城県住みます芸人の「バクコメ」(https://profile.yoshimoto.co.jp/talent/detail?id=3194)が県内の注目施設や企業を訪問する人気企画の紹介です!

S-style8月号(725日発行)では、バクコメの2人が『丸森町・不動尊公園キャンプ場』(http://marumori.jp/spot/fudosoncampjyo/)に行ってきました!

『日刊せんだいタウン情報S-style Web』では、その模様をご紹介します!

夏休みは手ぶらでデイキャンプを楽しもう

日常の喧騒から離れ、自然の中で遊びたい、涼も感じたい。そんな人にぴったりのスポットが丸森町の『不動尊公園キャンプ場』です

大自然の中でデイキャンプ!

鳥のさえずり、川のせせらぎ、満天の星空が、訪れた人々を癒してくれる『不動尊公園キャンプ場』。夏には水遊びが楽しめる自然の宝庫です。テントサイトとコテージがあり、キャンプ初心者もエキスパートも楽しめると人気を集めています。到着した2人は、最初にコテージを見学。バス・キッチン・トイレに各種道具も付くとあって、休日は特に人気だそう。

手ぶらで来た2人は入村料、道具、食材などが一式セットになった「手ぶらでワイワイバーベキュープラン」を利用。通常プランは12,000円ですが、今回は贅沢プラン(3,000円)を利用しました。こちらはなんと牛カルビがA4ランク和牛にグレードアップ!

牛肉を頬張れば肉汁がジュワ〜。焼きそばもウマ~。「この霜降り具合、たまらん!」とBBQを堪能する2人。そんな2人を後ろから見つめるのは丸森町PR大使「しょこ丸」。うっかり燃え上がるのは危険なので、後方待機が命じられています。

お腹いっぱい食べた後は川へ。川は透明度が高く、水遊びもOK。浅い場所もあるので夏は水着を持参しましょう。2人は「楽しい~」と水切りに夢中になったのでした。

近隣には日帰り入浴も可能な『国民宿舎あぶくま荘』(http://www.kokumin-shukusha.or.jp/annai/ken/miyagi/104018.html)や、不動尊公園の豊かな緑を眺めながらゆっくり食事ができる、舟の形をしたレストラン『自然ゆうゆう館 天水舎』などの舘よりスポットにもぜひ足を運んでみてはいかが?

また、丸森町の夏祭りと言えば『齋理幻夜』もお見逃しなく!

https://machico.mu/cocoico/detail/5003729

 

詳しい情報はS-style8月号(725日発行)をチェック!

不動尊公園キャンプ場(ふどうそんこうえんキャンプじょう)

住所: 伊具郡丸森町字不動64-1

電話:0224-72-2648(キャンプ場管理事務所)

営業情報:受付時間9:00~17:00

HP:http://marumori.jp/spot/fudosoncampjyo/

料金:入村料日帰り300円、1510円、コテージ4人用日帰り5,140円、宿泊10,200円(8人用もあり)、手ぶらBBQプラン2,000円~
施設設備:フリーサイト、区画サイト、コテージ(48人用あり)、貸出テント、シャワー、トイレ ※電話またはインターネットより予約可 ※手ぶらでBBQ5名以上で3日前までに要予約

Map

iyashirobo
癒しロボ

せんだいタウン情報 S-styleの非公認キャラクターとしてその名をほしいままにしてきた癒しロボ。これまで連載してきた4コママンガを振り返ってみたり、癒しロボが注目する情報などをお伝えしていきます。