せんだいタウン情報 日刊S-style web
SNS

2022.05.07

パン好き編集部が行く!今月のパン活memo~麦小屋~

こんにちは、編集部はまじです。今月のパン活memo連載3回目。今回はパン好きならずとも注目したい村田町のパン屋『麦小屋』を紹介します。

ピッツァの名手が受け継ぐ
ハードパンの名店の新しい形

薪窯で焼くハードパンが人気だった名店『麦家』。

前店主の引退にあたり、ナポリピッツァの店『Pizzeria de Napule』で腕を振った宗形さんが店を継承しました。

“シンプルで無理のない、無駄のないものを”という『麦家』のスタンスはそのままに、北海道産有機小麦や有機食材にこだわった安心安全なパンを提供しています。

気温や湿度など、毎日の微妙な変化を感じとりながら、天然酵母と会話するように仕込みを微調整。

薪の香りをまとった独特の風味は、たくさんのお客さんを虜にしているんです。

さらに今後はピッツァも並行して店頭に並ぶかも…と宗形さん。今後の展開がとっても楽しみです!

小麦のいい香りが広がる店内。幸せな空間です。

この日購入したパンの中から3つを紹介します!

全粒粉100%…ホール・972円、1/4・270円
滋味深い小麦の味わいを堪能できるひと品。外はカリッと、中はもっちりとした食感のコントラストも楽しいです

全粒粉70いちじくくるみ…ホール・1,188円、1/4・324円
イチジクの上品な甘みと酸味が際立つ人気商品。ザクザクとしたクルミも抜群のアクセント!

エメンタールチーズ ミニ食パン…864円、1/2・432円
ミニ食パンは現在6種類。芳ばしいチーズが香るこちらのほか、レーズン、いよかんピールを使ったものもあります

どれを食べてもはハズレなし。編集部スタッフ用のお土産もたっぷり買い込んでお店を後にしたのでした。
次にうかがった時はなにを買おう…と、いまから悩んでしまうはまじなのでした。

麦小屋

住所: 柴田郡村田町菅生字舘52

電話:0224-83-3235

営業情報:11:00~17:00※パンなくなり次第終了

定休日:火・水曜

Map

バックナンバーはこちら

パン好き編集部が行く!今月のパン活memo~パンツクルヒト~

パン好き編集部が行く!今月のパン活memo~BAGEL U~

hamaji
はまじ

6歳の息子を追いかけながら、日々せっせと働くワーキングマザー。自宅つまみの開発に余念がなく、最近極めたのは「納豆オムレツ」と「ベイクドポテト」。新米編集長として日々勉強中。