SNS

2022.03.05

パン好き編集部が行く!今月のパン活memo~パンツクルヒト~

こんにちは、編集部はまじです。突然ですが。ワタシ、パンが好きなんです。週末になれば6歳児を連れてほぼ県内どこかしらに出かけているんですが、出先ではついついパン屋さんを探してしまいます。買いこみすぎて、家族にあきれ顔をされることもしばしば。ですが、めげません。ちなみに好きなパンは塩パン、カレーパン、明太子フランスです。

ということで、パン好き編集部のパン連載、Webでもスタートしちゃいます!

人気ゆえの進化を遂げた
(ほぼ)塩パン専門店

今年で5周年を迎えた大崎市の『パンツクルヒト』。

オープン当初に私が取材した時から、看板メニューは塩パンでした。

それから数年、県内で行われるパンイベントでは即完売が当たり前の人気店になった訳ですが、久しぶりに取材に行ったら、パンのラインナップにびっくり。

「塩パンこんなに種類ありましたっけ⁉」と聞くと、「今日は13種類。お客さんからの声もあり、いつの間にかこんなに増えちゃいました(笑)」と店主の大友さん。

食パンなどもありますが、商品の8割は塩パンという稀有な一軒なんです。

白い外観と爽やかな水色の扉が目印です

棚にずらりと並ぶ塩パンたち…!

この日は塩ぱん、塩ぱんウインナー、塩あんぱん(つぶあん+白玉)などをお買い上げ

塩ぱん…160円
種類が増えても、やっぱり一番人気はプレーンの「塩ぱん」。試行錯誤を重ねてたどり着いたこだわりの”巻き方”は企業秘密!

塩ぱんウインナー…280円
生地の中にはジェノベーゼソースが巻かれており、食事パンとしての食べ応えもバツグン!

塩あんぱん(つぶあん+白玉)…210円
オープン時から人気の「塩あんぱん」も多彩に進化。「白あんピー塩ぱん」ほか、こちらはたっぷりの粒あんと白玉が入っています

塩の存在感がありながらも、絶妙なあんばいでまとまった唯一無二の塩パンは、大崎まで買いに行く価値アリ、ですよ。ぜひ行ってみてくださいね!

パンツクルヒト

住所: 宮城県大崎市三本木蒜袋北屋敷103

電話:090-3983-2111

営業情報:11:00~16:00※パンなくなり次第終了

定休日:不定休

Map

hamaji
はまじ

小学1年の息子を追いかけながら、日々せっせと働くワーキングマザー。「せんだいタウン情報S-style」第19代目編集長やってます。BTSが好きすぎて、やたらと韓国料理ばかり作っているただのARMY。