SNS

STAFF PICK UP!

仙台・宮城の旬な情報を、S-style編集部が毎日お伝えします😆✨

2021.06.07

【編集部のリピ品】老舗ベーカリー・石井屋の「究極の明太フランス」にやみつき!

achikiあちき

こんにちは、S-style編集部のあちきです。今日は、青葉区上杉にある老舗ベーカリー『石井屋』で見つけた編集部リピ品を紹介します。

昭和3年創業の老舗ベーカリー
『石井屋』

青葉区上杉にある老舗ベーカリー『石井屋』。

初代は和菓子屋から始まり、二代目から洋菓子・パン製造を開始。「食で喜んでもらいたい」と長年地域と向き合い、現在は約120種のパン、約50種類ものケーキ・洋菓子をラインナップしています。

種類の多さはもちろん、「おいしい食材こそが主役」という教えのもと、高品質な食材にこだわっているのもポイント。なんと小麦だけでも4種類を使い分けているんだそうです!

確かなおいしさと手頃な価格を兼ね備えた大人気のパン屋さんです。

4月からの新商品
「究極の明太フランス」

そんな『石井屋』の4代目、パン製造チーフ・伊藤隆紀さんが手がけた新商品が「究極の明太フランス」。

「味よし」「値段よし」「ボリュームよし」を追い求めて作り上げた自慢の品で、4月の発売以来、じわじわとリピーターが増えているそう。取材で教えてもらった編集部、ひと口食べてとにかく「おいしい!」と驚き!

「究極の明太フランス」(230円)。バゲット内側にも明太子フィリングがたっぷり(写っておらず申し訳ありません💦)

特製明太子フィリングのおいしさの主役は『かねふく』の明太子。

『かねふく』明太子を贅沢に使用したフィリングは、バゲットの表面だけでなく内側にもたっぷりと塗られており、しっかりと明太子のコクと旨みが感じられる!

弾力のあるバゲットとのバランスも絶妙で、噛めば噛むほどおいしさが増し、絶妙なピリ辛感に思わず二口目が欲しくなります。

ご飯やおやつにはもちろん、スライスしトースターでカリッと焼けば酒のつまみにも最適。

編集部が思わずリピートし、しかもまとめ買いしてしまった逸品です。

一口食べればやみつきになること間違いなし、石井屋の新たな定番になりそうな絶品「明太子フランス」は1個230円。ぜひみなさんもお試しくださいね。

石井屋

住所: 仙台市青葉区上杉1-13-31

電話:022-223-2997

営業情報:7:45~19:30(カフェ~18:30)、祝日7:45~19:00(カフェ~18:00)※カフェのラストオーダー各1時間前

定休日:日曜

HP:https://www.ishiiya.com

Map

S-style6月号でご紹介した「究極のクリームパン」ももちろん購入!リッチなタマゴ感のある手作りカスタードがおいしい

achiki
あちき

仙台生まれ仙台育ち、広瀬川を愛する生粋のセンダイシティガール。愛車のシングルスピードを乗り回し、街のリアルな情報収集に日々勤しむ。「今月のNEWOPEN」「PA・ラジオ3自転車部活動報告書」コーナーを担当。