SNS

STAFF PICK UP!

仙台・宮城の旬な情報を、S-style編集部が毎日お伝えします😆✨

2018.11.06

【自転車部の部長からの伝言】ガッツおそ松、丸森を走った!の巻

iyashirobo癒しロボ
「赤いサイクルフェスタ丸森2018byザミラ」のロングコースを、自転車部の部長・ガッツおそ松と、御朱印担当のあんこが爆走! とのこと。

こんにちは! 癒しロボです。

今回は、自転車部の部長こと、ガッツおそ松から、ぜひこの情報を上げてほしいと言われたので、上げてみるよ。

どうやら、自転車部のメンバーで10月7日に開催された「赤いサイクルフェスタ丸森2018byザミラ」に出たみたいなんです。その時の楽しかった思い出を語りたいみたいなので、読んであげてくださいな。

詳しくは、S-styleの最新号にレポート記事が載っているので読んでみてください。
ご購入はこちら。

ガッツおそ松です。

いやぁ~、今年の「赤いサイクルフェスタ丸森2018byザミラ」のロングコースは、最高でしたね。
まぁ、何が最高だったのかは、続きを読んでいただければと思います。

昨年は、一人さみしくロングコースを走ったのですが、今年は自転車部の御朱印担当であるあんこと一緒にロングコースを走ったのです。
上の写真は、第一エイドの松ヶ房ダムに到着して、へんなテンションになってしまったあんこさん。

さて、我々、ロングコース一行は、どんどん抜かれることを想定して、早めにスタートしようという作戦を立てていたんですが、気がついたときには、後ろから数えたほうが早い位置におりました。これはしょっぱなから作戦失敗! と二人はぐるぐるペダルを回すわけですが…。

不動尊公園キャンプ場手前の石羽地区では「石羽古碑街道かかしまつり」を開催中。大勢のかかしからの応援を受けて、思わずテンションアップ! そしてペースアップ! といきたいところではありますが、第一エイドのある松ヶ房ダムまでは上り坂の連続! 「先、行きますね!」と、いつものごとく先行するあんこの後ろ姿を眺めつつ、ヒーヒー言いながら上りきって頂上までたどり着く私ガッツおそ松。ふと空を見上げたら、サンマみたいな雲が浮かんでおりました。よく見ると、緑がキラキラしているのですが、これ「彩雲」というちょっとめずらしいものなんだそうですよ。知らなかった。

青い空と白い雲、そして宇田川湖畔の山並み。眼の前に広がる素晴らしい景色に、思わずダンスをはじめてしまったあんこが、上の写真なのです。

第一エイドステーションの松ヶ房ダムでは、赤いもんがずらりと並ぶプレートを一人ひとり手渡しでいただきます。シソジュース、へそ大根、蒸しパン、きゅうりのしそ漬け…などなど、手作りの一品一品を堪能。これが、サイクルフェスタ丸森の楽しみのひとつでもあるのです。今度は、ダムカードをいただきに、自転車部全員で訪れたいと思います。

休憩もそこそこに、元気を取り戻した我々は、急ぎ走り出します。遅れを取り戻すために、私ガッツおそ松はペースアップ! そのペースにあんこは、なんとかかんとか近づいて「待って~!」と叫ぶも、風切り音で何も聞こえない私ガッツおそ松は「うわ、さすが余裕で着いてくるなぁ。もうちょっとペース上げなきゃ」といった、コミュニケーション不足を発揮しながら第2エイドに到着。とにかく風が強くて、下り坂でも押し戻される、そのぐらい強い風という状況だったのです。

阿武隈川を挟んで、向こう岸に3つ目のエイドステーションが見えました! すでにくつろいでいる大勢のライダーたちを横目に、今年、全線開業30周年を迎えた阿武隈急行と並走。「もうすぐだ~!」なのに、なかなか阿武隈川を渡る橋が現れない。えっちらおっちら、上ったり下ったり、やっと橋に到着。

ようやく、第3エイドの「やしまや」に到着したころには…。

ご覧の通り、閑散)。もうすでに、皆さん出発した後でした(笑)。

古代米で握ったおむすびと、豚汁をいただいて、あとは、川沿いを下る平坦路、という安心感から、ちょっとのんびり休憩。

あとは、阿武隈川沿いをたんたんと走れば、ゴールの役場までひとっ走り! ぐらいに考えておりましたが
そうは問屋は卸してくれません。たんたんと、ペダルを回し続けることになるわけです。いやはや。

ようやくたどり着いた感動のゴールでは、すでに走り終えていた自転車部のメンバー、いちぼと、あちきと、カメラマンさん、みなさんがお出迎え!

ゴール後は、“赤い”ものを散々食べまくり、ロングコースで消費したカロリーを、ややオーバーするぐらいに摂取。
さんざん、エイドステーションで食べまくったはずなのに、やっぱり、自転車の大会の楽しみのひとつなのです。

ガッツおそ松、丸森を走った! は以上です。
楽しそうだなぁ~。

じゃ、また。

癒しロボより。

追伸
埼玉県から参加のポタガールのいくみん&ちかさんのレポートも、ぜひ!

東北イベントにゲスト参加! 宮城県丸森町「赤いサイクルフェスタ」

iyashirobo
癒しロボ

せんだいタウン情報 S-styleの非公認キャラクターとしてその名をほしいままにしてきた癒しロボ。これまで連載してきた4コママンガを振り返ってみたり、癒しロボが注目する情報などをお伝えしていきます。