SNS

STAFF PICK UP!

仙台・宮城の旬な情報を、S-style編集部が毎日お伝えします😆✨

2019.11.29

宮城県仙台市の冬の風物詩「仙台光のページェント」を満喫するなら、『Route 227s’ Cafe』に注目!

ohana仙太郎

宮城県仙台市の冬の風物詩「仙台光のページェント」が12月6日(金)から始まります。美しい光たちが、「杜の都」仙台のシンボルであるケヤキ並木を彩り、目にした人が、思わずはっと息をのむほどの華やかな風景を作り出します。

光のページェントは、2019年で34回目の開催。仙台に冬の訪れを告げる、風物詩です。

写真提供:宮城県観光課

今回は、ロマンティックなこの風景を間近で感じながら、おいしい料理とドリンクを楽しむことができる、仙台で注目のレストランカフェをご紹介します。

その名も『Route 227s’ Cafe』。場所は、光のページェントが開催されている定禅寺通沿い、勾当台公園の入り口のすぐそば。まさにページェントの特等席とも言える絶好のシチュエーションのコンセプト・レストランです。

Route 227s’ Cafe』は、東北に227ある市町村の魅力を発信する新しいスポットとして、2019年8月に誕生しました。

各地で育まれた自慢の食材をふんだんに使ったフードメニューの提供や、伝統文化の体験イベントを行うことで、東北エリアをレコメンドする様々な取り組みをしています。

店名の“Route”というネーミングは、このカフェが「東北各地に続く道であること」を表現しており、自然豊かな東北に住む人々や風土やストーリーへと誘う「道」になる、という思いをこめています。

この『Route 227s’ Cafe』で、食や体験を通じて、東北のいろいろな場所に思いを馳せながら、これまで知らなかった東北と出会うことは、とても素敵な体験になるかもしれません。

仙台光のページェントは、12月6日(金)12月31日(火)まで。『Route 227s’ Cafe』のある勾当台公園では、クリスマスマーケットなどのイベントも同時開催されています。

Route 227s’ Cafe
https://route227.jp/

Sendai Winter Park クリスマスマーケット
https://machico.mu/special/detail/1025

この時期の定禅寺通りエリアは、華やかで美味しくて楽しいことがいっぱい。穏やかで魅力あふれる冬の1日を、暖かい光に包まれながらここ仙台で過ごしてみるのはいかがでしょうか。

Route 227s' Cafe TOHOKU by humming bird(ルート ニイニイナナ カフェ)

住所:〒980-0014 宮城県仙台市青葉区国分町3-1-1 勾当台公園内

電話:022-796-9770

営業情報:11:00~23:00、テラス席11:00~21:00

定休日:無休

HP:https://route227.jp/

Map

ohana
仙太郎

せんだいタウン情報(通称:TJ)の公認キャラクター。最近、非公認キャラクター・癒しロボが前に出てきて、もやもや…。癒しロボに負けじと、仙台・宮城の注目情報を発信する。ちなみにモチーフはトラではなく、猫。