SNS

2022.03.25

【がま、さば、うまっ!】港町・塩竈発の新名物「竈さば(がまさば)」実食レポート

みなさん、「竈さば(がまさば)」はご存知でしょうか?

今日は、宮城が誇る港町・塩竈発の新たな名物「竈さば(がまさば)」に注目!

合言葉は【がま、さば、うまっ!】。「竈さば」の販売場所や実食レポ、さらに塩竈の地酒とのペアリングのススメまで、たっぷりと紹介します。

これを読んだら【がま、さば、うまっ!】が脳内リピート間違いなし⁉ぜひ最後までお付き合いください。

目次

1.「竈さば」とは?
2.「竈さば」×「塩竈の地酒」相性をチェック!
3.いざ実食!

 

「竈さば」とは?

「竈さば」とは、塩竈の水産物の加工製造・販売を手掛ける『YAMATO』が、塩竈港で水揚げされたサバを使った加工品として2021年より販売をスタート。

現在は、缶詰、生ハム、骨取りフィーレがラインナップされ、地元・塩竈市内での販売を中心に『YAMATO』のEC市場で手に入れることができます。

さて、噂では、塩竈土産として缶詰が人気だとか、地酒にも合うという話を聞きつけ、しかも塩竈でしか手に入らないというので、さっそく塩竈に行ってきました。

【関連記事】
販売元の『YAMATO』の都留社長へ聞いた『竈さば』のコンセプトやこだわりなどは、こちらからどうぞ!

まず、塩竈にある『YAMATO』さんに、どこで買えるのかヒアリングのため訪ねてみることにしました。

「売っているのは、塩竈市内20~30ヶ所です」と都留社長。

たとえば、

  • 相原酒店(TEL.022-362-5187)
  • 廻鮮寿司 塩釜港(TEL.022-367-3838)
  • みなと塩釜魚市場(TEL.022-352-3231)
  • 共栄丸水産(TEL.022-366-1163)

などで購入できるそうです。なるほど、ありがとうございます!

 

「竈さば」×「塩竈の地酒」相性をチェック!

というわけで、さっそく『相原酒店』さんに行ってみました。店に入ると、数えきれないほどの地酒の数々に圧倒されつつ、「突然すみません、ご主人いらっしゃいますでしょうか?」と訪ねてみると、奥から「さきほど『YAMATO』さんから連絡いただいておりました!」と相原さんが登場。

「塩竈に来たお土産として缶詰を買っていかれる方が、けっこういらっしゃるんです。味はもちろん、手頃な値段と、缶詰というのがウケているんじゃないでしょうか」…ふむふむ。

せっかく、塩竈に来ているし、しかも酒屋さんに来ているので、「竈さば」の缶詰に合う地酒を紹介していただくことにしました。

「そうですねぇ…(ややしばらく考えております)水煮には阿部勘酒造さんの純米吟醸 蔵の華、味噌煮には佐浦さんの純米辛口 浦霞がいいかな~」ほほう。

水煮→阿部勘酒造「純米吟醸 蔵の華」のやわらかな甘い香りと、瑞々しいさわやかな口当たり、すっきりとしたキレのある味わい。

味噌煮→佐浦「純米辛口 浦霞」の心地よい香りとしっかりとした米の旨味、後味のキレが感じられるバランスのとれた辛口。

『竈さば』の味付けと、それぞれの味わいが楽しめる日本酒との組み合わせが、相原さんのおすすめとのことです。となれば、試してみるしかない!

 

いざ実食!

今回は、味噌煮と浦霞の組み合わせでいただいてみました

「竈さば」の味噌煮の缶詰を開けると、みっしりと詰まったサバが登場。

そーっとお皿に盛り付けて、と。まずは「竈さば」をひと口。

しっかり味噌が染み込んだ濃厚な味わい。

そしてすかさず「純米辛口 浦霞」をごくり。ふわっと鼻を抜ける香りを堪能しながら、のど越しを楽しむ。こりゃたまらんですわ。

『竈さば』も地酒も楽しみたいので、個人的にはちびちび、じっくりと時間をかけていただくのがおすすめです。今度は、水煮と阿部勘の組み合せを味わってみたいと思います!

株式会社YAMATO
☎022-361-3035
営業時間/9:00~17:00
https://uminosachi-yamato.com

▼『竈さば』のオンラインショッピングはこちらから
【楽天市場】 焼き魚・煮魚 : 海の幸なのにYAMATO
https://item.rakuten.co.jp/sfd-ymt/kan-00001/

iyashirobo
癒しロボ

せんだいタウン情報 S-styleの非公認キャラクターとしてその名をほしいままにしてきた癒しロボ。これまで連載してきた4コママンガを振り返ってみたり、癒しロボが注目する情報などをお伝えしていきます。