せんだいタウン情報 日刊S-style web
SNS

2022.01.17

【美里町】2つ並べて撮りたい!じっくり味わう【クラフトビール】

こんにちは、S-style編集部のアルデンテです。ここ数年、クラフトビールが人気ですね。宮城にもさまざまなマイクロブルワリーがありますが、今回は美里町のビールをご紹介します。

いま人気のクラフトビール
その特徴は?

その昔、ご当地の特産品を使ったフルーツビールなど「地ビール」が、一大ムーブメントを起こした時代がありました。

「最近、人気が高まっているクラフトビールって、あの頃の地ビールと何が違うの?」と思っている方もいるかもしれません。

当時の地ビールは「大手メーカーではない、その土地の醸造所で独自に作られているもの」を指すことがほとんどでした。

いま注目を集めているクラフトビールは、個人など小さな醸造所で作られているケースが多く、個性豊かな味わいやラベルが特徴です。

美里町のクラフトビールは
じっくり味わうべし

2つ並べると「美里」に。どっちから飲もうかな?

さて、美里町のクラフトビールは2019年に「地元のビールがあったらいいな」と誕生。

まろやかでフルーティなヴァイツェン「美」と、独特な苦みがあるヘレス「里」の2種類です。

こちらのビールは、ゆっくりじっくり味わいたいタイプ。
口に広がる旨みをしみじみ感じながら、贅沢なひとときを過ごせます。

自分へのご褒美やちょっとしたプレゼントにもいいですね。

美里のビールが買えるのは
こちらのお店!

さて、こちらのビールが購入できるのは以下の店舗です。
・花野果市場(遠田郡美里町練牛六号12)
・でんえん土田畑村(遠田郡美里町木間塚原田5)
・あ・ら・伊達な道の駅(大崎市岩出山池月下宮道下4-1)

写真の瓶タイプ(330ml・600円)のほか、持ち運びしやすいアルミボトル(300ml・500円)もありますよ。

問合せ/マジコ
TEL 0229-87-3367
https://majiko3310.jimdofree.com

aldente
アルデンテ

日々、1歳児に振り回される中、癒しはコーヒーとアルコールと人んちの猫。何でも飲むが、今は国産クラフトジンが気になっている。「特ダネ★伝言板」コーナー担当。