SNS

2021.03.24

【地元タウン誌厳選】最高の癒しスポット「喫茶店」9選

※本サイトで提供される記事、写真、イラストなど、あらゆる形のコンテンツには著作権が存在します。著作者の承諾なしに複製・転用・販売などの二次利用をすることを固く禁じます。

※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

新型コロナウイルス感染拡大により、緊迫した状況が続く今日このごろ。そんな時だからこそ、「あそこに行こう、ここに行こう!」というお楽しみリストを作って、ご家族やご友人とシェアをする、なんていうのも素敵ですよね。今回は、宮城県内6万部発行の45年続くタウン情報誌『せんだいタウン情報S-styleの編集部が、癒しスポット「喫茶店」をご紹介します。

【地元タウン誌厳選】最高の癒しスポット「喫茶店」9選

1.いつまでも心に残る香りと時間『ホシヤマ珈琲店 本店』
2.絶品サンドが楽しめる純喫茶『タピオラ』
3.琥珀色の空間のカフェ『AS TIME』
4.変わりゆく街並みを見守り続ける『珈巣多夢』
5.繊細な気遣いが光る一軒『エビアン 東一店』
6.クラシックに魅せられる『喫茶エルベ』
7.コーヒー色に広がる景色『道玄坂』
8.仙台銀座にひっそり佇む『珈琲ふうぜ』
9.昭和の温かさを残す『どんぐり』

いつまでも心に残る香りと時間『ホシヤマ珈琲店 本店』

 

日常の中の
極上の時間

創立以来、愛され続ける苦みブレンド「ロイヤルブレンド1989」(1,080円)。ケーキセットもあります

細やかな気配りが行き届いた店内。木の温もりに包まれ、自然と心がほぐれていきます

世界中から集められたカップや飴色に輝く家具、四季の草花などが彩りを添える店内。高いホスピタリティが他の店と一線を画す『ホシヤマ珈琲店 本店』では、「コーヒーを味わうための時間」が細やかに、そして最大限に演出されています。自家焙煎のコーヒー豆で淹れる極上の一杯で、ここでしか味わうことのできない癒しのひとときを過ごせますよ。

★編集部レコメンド

  • コーヒーのための時間を演出する高いホスピタリティ
  • 棚に並んだ、320客を超えるコーヒーカップは圧巻
  • 上質な大人の時間が流れる、落ち着いた雰囲気の店内

※テイクアウト実施状況など、最新の情報は店舗にお問い合わせください

ホシヤマ珈琲店 本店

住所: 仙台市青葉区一番町4-9-1 かき徳玉澤ビル3F

電話:022-263-5560

営業情報:10:00~22:00(日曜、祝日~20:00)

定休日:無休

HP:http://www.hoshiyama.co.jp/

絶品サンドが楽しめる純喫茶『タピオラ』

 

甘さと酸味のハーモニーは
一度食べたらやみつきに!

甘さと酸味のハーモニーは 一度食べたらやみつきに!

約2,000冊のマンガがずらりと並ぶ店内。昼時にはサラリーマンの憩いの場として愛されています

老舗純喫茶『タピオラ』を訪れたのなら、ぜひ「タマゴサンド」をお試しあれ! こちらは、軽くトーストした食パンで、ほうれん草入りの玉子焼きとマヨネーズ、ケチャップをサンドしたひと品。甘めの玉子焼きとマヨ&ケチャップの酸味が絶妙にマッチし、多くの人を虜にしています。でき立てをサーブされるので、熱々のうちに召し上がれ。

編集部レコメンド

  • 甘みと酸味がマッチした、家で真似しても出せない絶妙な味わい
  • 鮮やかな色合いも食欲を刺激する
  • プラス200円で、サラダまたはヨーグルトと、ドリンクがセットに

※テイクアウト実施状況など、最新の情報は店舗にお問い合わせください

タピオラ

住所: 仙台市宮城野区榴岡2-1-8 第二森屋ビル2F

電話:022-293-1801

営業情報:9:00~20:00(ラストオーダー19:30)

定休日:日曜、祝日

琥珀色の空間のカフェ『AS TIME』

 

昨日よりおいしいコーヒーを。
琥珀色の空間で味わう
至高のブレンド

最初は白だった絵も壁も、毎日焙煎しているうちに煙で色付いて琥珀色に

酸味に軽い苦味が加わった「中濃ブレンド」(450円)

“味わう”コーヒーでありたいと、コーヒーはブレンドの薄口、中濃、濃口、特濃のみ。豆はネームバリューに頼らずその時々の旬のものを仕入れ、焙煎も一つの型にこだわらず、素材の持ち味を生かした焼き方を心がけているそうです。豆の微妙な味わい深さを感じてほしいと、あえて食事メニューを設けていません。飲み飽きしないコーヒーを目指して「まだまだ研究中」と話すマスターのひたむきな姿勢がコーヒーの味わいとなり、多くの客を魅了しています。

編集局レコメンド

●穏やかな雰囲気の店内
●カウンター奥の焙煎室には、マスターと共に歴史を刻む焙煎機が!
●コーヒーのほか、ココアやレモネードなども用意

※テイクアウト実施状況など、最新の情報は店舗にお問い合わせください

AS TIME

住所: 仙台市青葉区一番町3-1-21 保原屋ビルB1F

電話:022-225-7558

営業情報:11:30~20:00(金・土曜~22:00)

定休日:無休

変わりゆく街並みを見守り続ける『珈巣多夢』

 

父から子へ
継承するこだわり

看板メニューの「珈巣多夢ブレンド」(460円)。父から子へと受け継がれたこだわりの一杯

店内には’80年代アイドルの歌声が流れ、どこか懐かしく落ち着きを覚える居心地の良さ

老舗喫茶『珈巣多夢』の真骨頂はコーヒーへのこだわりにあります。二代目へと受け継がれたのは、“万人に好まれなくてもいいから、10人のうち2、3人がすごく気に入ってくれる一杯が出したい”という初代マスターの思い。豆を二度焙煎する“ダブル焙煎”はもちろん、炭の一歩手前まで深煎りした「フレンチブレンド」などは、長年培われたプロの一杯です。

編集部レコメンド

  • “ダブル焙煎”のコーヒーがクセになる
  • 隠れ家的な雰囲気も魅力
  • 深夜まで営業しているので、飲んだ後の〆にも

※テイクアウト実施状況など、最新の情報は店舗にお問い合わせください

珈巣多夢

住所: 仙台市青葉区国分町3-2-2 阿部嘉ビル2F

電話:022-225-6879

営業情報:11:00~翌1:00(日曜~18:30)※ラストオーダー各30分前

定休日:無休

繊細な気遣いが光る一軒『エビアン 東一店』

 

変わりゆく街の
変わらぬ“日常”

コポコポとサイフォンでコーヒーを抽出する音にも癒されます

ビルの2階にあるので、商店街を行き交う人の目も気になりません。街中でありながらゆったりと過ごせますよ

65年を超える長い間、サンモール一番町商店街を店を構える『エビアン 東一店』。創業当初からサイフォンコーヒーにこだわり、一杯ずつ丁寧に淹れて提供しています。こちらをはじめて訪れたなら、深いコクと程よい酸味が特徴の「エビアンブレンド」をぜひお試しあれ。この味を求めて50年近く通い続ける常連客もいるという、長年愛され続ける看板メニューです。

編集局レコメンド

  • 創業から看板メニューの「エビアンブレンド」はぜひお試しを
  • スタッフの絶妙な距離感が居心地◎
  • モーニングセットもあるので出勤前にも使えてGood!

※テイクアウト実施状況など、最新の情報は店舗にお問い合わせください

エビアン 東一店

住所: 仙台市青葉区一番町2-5-1 大一野村ビル2F

電話:022-222-5325

営業情報:7:30~19:00(土曜8:30~、日曜、祝日9:00~)

定休日:無休

クラシックに魅せられる『喫茶エルベ』

 

長年愛されている
ナポリタン

昭和レトロな空間で食べるナポリタンは格別!

テーブル席とカウンター席を用意

「昭和の喫茶店」の雰囲気をそのまま残す『喫茶エルベ」で、40年間不動の人気を誇るのが「ナポリタン」です。太麺のパスタにケチャップ、ウインナーと、ここまでは定番の取り合わせですが、異彩を放つのがキャベツ。その歯ざわりと自然な甘みがアクセントになり、「ボリューム満点だけどヘルシー!」と喜ばれています。

編集局レコメンド

  • 店先にある食品サンプルのディスプレイがどこか懐かしい!
  • 先代から続く看板メニュー「塩味スパゲティ」も必食
  • 7種類の味がある「レインボーフロート」は写真映えも◎

※テイクアウト実施状況など、最新の情報は店舗にお問い合わせください

喫茶エルベ

住所: 仙台市青葉区一番町1-1-30 南町通有楽館ビルディングB1F

電話:022-262-1980

営業情報:11:30~17:00

定休日:日曜

コーヒー色に広がる景色『道玄坂』

 

ここにしかない
空気を求めて

テーブル席もあるが、カウンター席もファンをも多い

サイフォンで一杯ずつ丁寧に

緑のツタに覆われた外観が特徴的な喫茶店。店内には年代物のマンガ本やフィギュアが所狭しと並び、思わず目を奪われます。メニューはドリンクのみですが、思わず長居してしまう魅力の詰まったお店です。豆の風味が色濃く香る「アイスコーヒー」は、すっきりとした苦みが身体をシャキッと目覚めさせてくれますよ。

編集部レコメンド

●『道玄坂』のコーヒーは、苦味が強めの味わい
●途中で口をリセットするために、水も一緒に提供される
●店の入り口を覆うツタは外を歩く人からの目隠し効果も!

※テイクアウト実施状況など、最新の情報は店舗にお問い合わせください

道玄坂

住所: 宮城県仙台市青葉区国分町1-3-25 大橋ビル1F

電話:022-262-6890

営業情報:8:00~20:00

定休日:日曜、祝日

仙台銀座にひっそり佇む『珈琲ふうぜ』

 

隠し味のコーヒーが
名物グルメの鍵を握る

「珈琲屋さんのオムライス」

南仏をイメージした青い窓枠がキュート

仙台銀座にひっそり佇む一軒訪れる人を虜にする看板メニューのハヤシライス。牛肉と玉ねぎを、トマトと赤ワインで煮込んだルウは、さらりとした舌ざわりが特長です。かために炊いたご飯と合わせれば流れるように喉を通り、ぺろりと平らげてしまいます。創業当時からレシピは変わらず、隠し味にコーヒーを使っているのがポイントです。トマトの酸味と具材の旨みが凝縮されたひと皿を、居心地のよい店内でどうぞ。

編集部レコメンド

仙台銀座にひっそり佇む一軒
●マスターの娘さんがデザインしたピンクの看板が目印
●「本格珈琲ゼリー」は深入りのフレンチローストを使用

※テイクアウト実施状況など、最新の情報は店舗にお問い合わせください

珈琲ふうぜ

住所: 仙台市青葉区中央3-9-13

電話:022-711-7202

営業情報:11:00~18:00

定休日:日曜、祝日※ほか臨時休業あり

昭和の温かさを残す『どんぐり』

 

オレンジ色に
包まれて

常連客は多いが、一見さんも安心。マスターのやさしい出迎えで、気兼ねなく過ごせる

グラスも素敵なクリームソーダ

昭和の時代にタイムスリップしたようなレトロで幻想的な雰囲気を残しながら、長年愛されている『どんぐり』。そんな懐かしき空間を支えるのは、マスターの気さくで商売人気質な人柄。店内の客に目を配りながらも、心地よい空間を守っている。創業から、「KEY COFFEEとサイフォン」一筋。おすすめはマイルドな味わいに仕立てたブレンドです。

編集部レコメンド

●店内を明るく照らすランプシェードはマスターの息子さんセレクト
●幻想的な雰囲気が心地よい
●ランチメニューも好評

※テイクアウト実施状況など、最新の情報は店舗にお問い合わせください

コーヒーショップ どんぐり

住所: 仙台市青葉区国分町2-8-11 パイルガーデンビル1F

電話:022-227-3097

営業情報:9:30~21:00(日曜・祝日~18:00)

定休日:無休

「カフェボン」仙台市内編&宮城編は好評発売中です!

【同梱】『カフェボン』仙台編・宮城編 2冊セットもあります!

『せんだいタウン情報 S-style』の編集部が出合った仙台市内+仙台近郊のカフェを厳選!

今回は、仙台市内の最新のカフェ事情はもちろん、ミュージアム内のカフェ、おでかけやドライブの目的地として申し分のない店を厳選。名前は知っているけど遠くて行けていない、雰囲気だけでも知りたいなど読者の声を反映し、仙台市内は120軒、仙台市外・宮城県内は80軒を紹介しています。好評のハンディサイズで、総掲載物件は200軒です!

マチモールはこちら
https://machimall.machico.mu/products/detail/92
Amazonはこちら
https://www.amazon.co.jp/dp/B07XR5G1JP
https://www.amazon.co.jp/dp/B07XR966R4

仕事帰りや休日のおともに、『カフェボン』もぜひ活用してくださいね! 

琴乃後藤
S-styleWEB編集室

宮城県仙台市のタウン情報誌『せんだいタウン情報S-style』。地元グルメや仙台観光を知り尽くすタウン情報編集部が、地元で愛される名物を紹介します。スマホやPCで情報収集をしながら、「街を楽しむプロ」になろう!