SNS

STAFF PICK UP!

仙台・宮城の旬な情報を、S-style編集部が毎日お伝えします😆✨

2019.02.10

【S-style2月号掲載】これは必食! 実直な仕事が生む珠玉の「中華そば」

kamaspoカマスポ
名店たる所以はスタッフにあり!

旨みの強い老鶏のみで仕立てた鶏100%のスープが『嘉一』の肝。スープはオーダー毎に小鍋で火にかけ、アツアツの状態で提供する

岩手県久慈市の『千草』、山形県南陽市の『龍上海』。そんな2つの名店の厨房を担った店主・及川さんが『嘉一』を開いて9年。鶏100%のスープが人気を呼び、仙台における純鶏ラーメンブームのパイオニア的存在として、絶対的地位を築き上げた。そんな人気店故に相当の自負があると思いきや、「未だに親方と2人で首をひねりながら試行錯誤しています。まだ完成ではないんです」と店長の伊藤さんは語る。その言葉通り、オープン当初から使っていた『龍上海』の麺から、よりスープと麺のバランスを考え、昨年6月より自家製麺に切り替えた。「使うのは小麦とかん水のみ。『嘉一』のラーメンは、余計なものを削ぎ落とした、ごまかしのきかないシンプルなラーメンなんです。何か一つでも狂えばバランスが崩れます。老鶏の丸とガラのみでとったスープは、輝くような黄金色。まずはひと口スープを味わえば、まろやかな鶏油とコク深いスープが幾重にも重なり合い、手もみの縮れ麺が鶏の旨みを豊かに運ぶ。そして噛めば噛むほどに味わい深い、コリコリとしたチャーシューが麺とスープに合いの手を打つ。その日入荷したネギの太さから切り出す厚みを考え、メンマの幅にさえ神経を使う。一杯のラーメンに誠実に実直に。そして更なる高みを目指す。そんな心意気が『嘉一』のラーメンをおいしくさせているに違いない。

「鶏チャーシュー麺(塩)」もおすすめ!

「鶏チャーシュー麺(塩)」(980円)。カツオやコンブ、干しシイタケの旨みを凝縮させた塩ダレに、自慢の純鶏スープを合わせた一杯。コリコリとした歯ごたえの鶏チャーシューと甘いメンマが絶妙なハーモニーを生み出している

店内はカウンター席のみ。人気店のため、土・日曜、祝日は混雑必至だが、並ぶだけの価値は絶対にある

中華そば 嘉一

住所: 仙台市青葉区国分町3-8-12

電話:022-265-5907

営業情報:11:00~15:00※スープ・麺なくなり次第終了

定休日:水曜・第3木曜

HP:http://ka-1.net

Map

S-style 2019年2月号(vol.650)

『せんだいタウン情報2月号 仙台・宮城 ラーメン総選挙』では、読者の生の声から選ばれた「ハズレのない名店」を大特集! 『嘉一』の順位やランキングの結果は、『S-style2月号』で要チェック!

kamaspo
カマスポ

「三度の飯より釣りが好き」。休日のほとんどを海の上で過ごす、中肉中背既婚の釣りバカスタッフ。「宮城の観光特派員」「うちの自慢、聞いてけさいん」「せんだい★スポーツ」などを担当中