SNS

STAFF PICK UP!

仙台・宮城の旬な情報を、S-style編集部が毎日お伝えします😆✨

2018.08.16

【おでかけ】夏の栗駒山climbing!

creativeクリエイティブチーム
登山初挑戦!

こんにちは。クリエイティブチームべいこんです。

ふだん身体を動かすことといえば、階段の昇り降りくらい…という健康に逆行した生活を送るわたし。そんなある日、登山番組を観てからというもの登山欲が沸々と湧き、山を登ることにしました! 今回は、紅葉が美しいことで有名な『栗駒山』へ。数あるコースから、登山ビギナー向けの登り90分、下り70分のコースをチョイス。山頂に向けていざ出発! 夏の植物に癒される『名残ヶ原』や硫化水素の匂いが漂う『地獄谷』を抜け進んでいくと、『昭和湖』に到着。チョコで糖分を補給して、ちょっぴり休憩タイムです。

昭和19年の噴火によってできた湖。季節や角度により、エメラルドグリーンが微妙に変化するらしい

険しい道をひたすら登る登る

『昭和湖』から先は本格的な山道のはじまりです。泥でぬかるむ道やゴツゴツの岩場、そして勾配が激しい道の連続……。水分をこまめに摂ったり途中で出会った湧き水で火照った顔を冷やしたりしながら、ゆっくりゆっくり自分のペースで歩いていきます。

「ここを渡るといいよ」と下山者の方にアドバイスをいただき、慎重に飛石づたい!

さらに登り続け、ようやく山頂直前の『天狗平』に到達。残りは800メートルです。足腰の限界を感じながらも、ラストスパートを駆け上がります!

可愛らしいのに高所に咲く、たくましい植物たちに感動!

いよいよ頂きへ!

スタートから2時間半、ついに…登頂成功! 青々と連なる山々のパノラマを拝みながらここまでの道のりを思い返すと、感動はひとしおです。登頂した方とお話をしたり、おむすびを食べたりして、頂上での時間をたっぷり満喫しました。

今回で登山の不思議な魅力にすっかり取り憑かれたわたし。もっと登山グッズを増やしたり、山を調べたりして登山レベルを上げつつ、ゆくゆくは一泊登山をしてみたいなあと思います。

奥羽山脈に属する栗駒山は、宮城県、秋田県、岩手県が見渡せる

山頂の空気と一緒に味わうコーヒーは格別!

栗駒山

住所:〒021-0101 岩手県一関市厳美町祭畤山国有林内46林班ト(起点の須川高原温泉)

Map

creative
クリエイティブチーム

広告づくりを専門とする編集部内きっての少人数部隊。「ヒト」ということくらいしか共通点がないほどバラバラの3人だが、仕事に対するベクトルは同じ(だと信じたい)。長のようじしはキャンプ、べいこんは純喫茶、ひーろーはアニメ・特撮と、それぞれ趣味に首ったけ。