SNS

STAFF PICK UP!

仙台・宮城の旬な情報を、S-style編集部が毎日お伝えします😆✨

2018.05.23

【4コマ】第4回「癒しロボの休日…の巻」

iyashirobo癒しロボ
【4コマ】第4回「癒しロボの休日…の巻」

日刊S-style Web限定でお送りしております、S-style本誌で、一部の熱狂的なファンに爆発的な人気を呼んでいる連載4コマ「癒しロボ」を振り返るコンテンツです。

さて、時間という単位は変わらない、はず。…なのに、朝、出かける前の時間はすごくバタバタとして速く感じます。ついでに言うと、年々、1年の経過が速くて、今年のお正月はつい1ヵ月ほど前、昨年のお正月はほんの2ヵ月前ぐらいの感覚があります。

そして、休日もあっという間に終わってしまう感じがするので、貧乏性の自分は、思いっきり早起きして活動を始めるわけですが、日中は眠くなって昼寝をしてしまう…。それを人は、本末転倒などと言って揶揄したりします。…そんな自分の姿を癒しロボに投影して描いたのが、2014年7月号(2014年6月25日号)の第4話です(え~、まじかい)。

解説しましょう。

■1コマ目

「ハッ、朝か…」とつぶやく癒しロボ。目が覚めたとき、朝だと、朝か…と思いますが、夜だと夜中か…となります。一番やばいのは、朝方と夕方の時間帯に目を覚ました時に、一瞬時間がわからなくなり、焦ることがあります。どうでもいいですね、そんなこと。さて、腕と足を格納するコケシモードは、第3話の「癒しロボのヒミツの巻」の4コマ目で明かされたヒミツ。癒しロボファンにとってはあまりにも有名であります。

2コマ目

早起きしても、午前中はダラダラとテレビを見たりしてしまうもの。今はやっておりませんが、当時は「団地ともお」を見ておりました。ばかばかしくもあり、愛すべき存在であり、と、「団地ともお」にはハマりましたね。ん? あまりみなさんに背中を向けたことのない癒しロボですが、実は開閉可能な扉が付いております。ここから、内部を見ることができるのです。

3コマ目

そんなこんなで、あっという間に昼になるわけです。3コマ目は癒しロボの昼食シーン。「もっぱら立ち食いそうめん」とありますが、そばでも、うどんでも、うーめんでも、やきそばでも、もちろんひやむぎでも、よいわけです。このコマで、癒しロボが麺類全般が好物であることをさりげなく明かしています。

4コマ目

満腹になれば、人間と同様、眠くなる。このあたりになると、ロボットのはずなのに、というつっこみが聞こえてきましたが、まったく気にしません。お得意のコケシモードに変形し、鼻ちょうちんを膨らましながら寝る。この鼻ちょうちんは、鼻水ではなく、駄菓子屋とかで売っているバルーンふうせんです。硬いストローの先に接着剤みたいなやつをくっつけてふくらます、例のアレです。

なにからなにまで、意味や理由や根拠などを求め、物事を理解しようとする立派な方には、癒しロボよりも、同じ見開きページ内に掲載されていた「モツヲのカラダ動かして、ストレス解消!【アグレッシ部】」の企画のほうが、わかりやすいですね。

ちなみに、2014年7月号の第1特集は、「ココロも満たす食べ放題」特集でした。ココロ“も”満たす、食欲を満たすを前提として付けられたタイトルであります。ほかにも、IKEA仙台のオープン情報や、GLAY、森公美子のインタビュー、東北の花火大会など、見どころ満載の一冊でした。

いやはや、冗長に長くなってしまいました。Web限定連載の癒しロボをもう一度見たい、という人は、こちらをどうぞ。

【4コマ】第1回「ロハスな休日」

【4コマ】第2回「癒しロボ 自己紹介の巻」

【4コマ】第3回「癒しロボのヒミツの巻」

iyashirobo
癒しロボ

せんだいタウン情報 S-styleの非公認キャラクターとしてその名をほしいままにしてきた癒しロボ。これまで連載してきた4コママンガを振り返ってみたり、癒しロボが注目する情報などをお伝えしていきます。