SNS

2022.07.13

秋保の自然に包まれ深呼吸。絶対に行くべき仙台の新店カフェ【MIDI】

こんにちは、S-style編集部のあちきです。

今日は仙台市太白区秋保にあるカフェ『MIDI(ミディ)』を紹介します。

秋保の豊かな自然環境に溶け込む
“公園のようなカフェ”を目指して

2022年4月にオープンしたカフェ『MIDI』。秋保温泉街に佇む一軒家カフェです。

長くカフェ業界に携わってきた店主・佐藤さんが新たに目指したのは、仙台・秋保の豊かな自然環境に溶け込む“公園のようなカフェ”づくり。

店は内部の客席をぐるりと囲む縁側を備えた造りが特徴で、窓を開ければ外と中の境目がなくなり、自然と一体化するような心地よさが広がります。

客席スペースは、縁側席と一体化した造りが特徴。外に備えた縁側席も利用可能で、足元には秋保特産の秋保石が敷かれています

ドリンクのほか、パンや焼き菓子、コーヒー豆はテイクアウトもできます

メニューは

  • コーヒー
  • 天然酵母パン
  • 自家製スイーツ

などをラインナップ。

自家製の天然酵母パンを使った日替りサンドウィッチも用意しています。

自家製パンの日替りサンドウィッチ。この日は「チキンとカマンベールチーズ」(450円)が登場

「フロマージュテリーヌ」(450円)と「カフェラテ」(550円)。コーヒーは登米のロースター『Kultur coffee roasters』から仕入れているそう!

実は店名の『MIDI』とは、“1年の13ヵ月目”を意味し、「新たな時間・空間を作りたい」という想いが込められているんです。

ここにいるとまさに、忙しい日常から離れて心をリセットできそう。

縁側席に腰かけて、ゆるりと流れる時間を楽しむもよし。テイクアウトしたドリンクをお供に秋保散策を楽しむもよし。

この夏はぜひ秋保の新店カフェ『MIDI』を訪れてみてくださいね。


★まとめ

  • 秋保温泉街にカフェ『MIDI』が2022年4月オープン
  • 外と中が隔たりなく溶け合った、自然豊かな環境でコーヒーが楽しめる
  • ピッツァ&カフェ『ドットーレ』のお隣。駐車場も共有40台と充実
MIDI(ミディ)

住所: 仙台市太白区秋保町湯元字釜土東28

営業情報:9:30~17:00(ラストオーダー16:00)

定休日:水曜

HP:https://www.instagram.com/midi_akiu/?hl=ja

Map

achiki
あちき

仙台生まれ仙台育ち。2021年から日刊S-style Webの編集長になりました。三角食べが特技。コロナ禍以降は料理とお笑い、「ゼルダの伝説」に凝っています。FUJIFILM X-T100を相棒に写真も練習中。