SNS

2022.05.25

【新店レポ】極厚ローストビーフと出会える!?『山ノ洋食屋 ざびえる』がOPEN

こんにちは、S-style編集部のふーみんです。今日は、312日に青葉区川内にオープンした新しいレストラン『山ノ洋食屋 ざびえる』を紹介します。

青葉区川内にオープン!
『山ノ洋食屋 ざびえる』

誕生日などの記念日でも利用できる落ち着いた構えながら、肩肘張らずにリラックスして過ごせる雰囲気が魅力的な『山ノ洋食屋 ざびえる』。

最寄り駅の地下鉄東西線川内駅からは徒歩6分。

駐車場は歩いてすぐのところに1台分あります。

予約必須!大人気「ローストビーフステーキ」

ディナー限定の看板メニュー「ローストビーフステーキ」は、国産牛リブロースを使用。

サシがしっかり入っていながらも、余分な脂を取り除き、さらにリンゴで酸味を加えたフォンドヴォーをベースにしたソースにすることで、さっぱりと食べられますよ!

サイズは120g(2,420円)、180g(2,950円)、300g(4,500円)から選べるが、その食べやすさから1人で300gをぺろりと平らげちゃう人も多いそう。(写真は300g)

そんな「ローストビーフステーキ」はなんと人気のあまり、予約だけで売り切れてしまうことも!

予約必須の逸品ですよ!

ランチメニューも充実

学生も多く訪れるランチでは、牛タンが150gも入った「特製たんシチューランチ」(1,100円)が一番の人気メニュー。

ライスとスープはおかわり自由なので、満腹間違いなし!

電話予約限定のコースも

『山ノ洋食屋 ざびえる』では、電話予約でコース料理も受付(5,500円~応相談)。

前菜や「ローストビーフステーキ」だけでなく、豪華なデザートプレートが、非日常の空気を生み出してくれます。

その他、誕生日プランもあるので、記念日に利用したい人は電話で相談してみると良いかも!

まとめ

  • 青葉区川内に隠れ家的レストラン『山ノ洋食屋 ざびえる』がオープン
  • 看板メニューの「ローストビーフステーキ」は予約必須。300gもペロリと食べる人も!
  • ランチタイムには学生も多く、ライスとスープがお替り自由で満腹確実
山ノ洋食屋 ざびえる

住所: 仙台市青葉区川内三十人町18-5

電話:022‐302-6721

営業情報:11:00~15:00、17:00~21:00 ※ラストオーダー各30分前

定休日:水曜

HP:https://www.instagram.com/youshoku_xavier/

ふーみん
ふーみん

趣味はバスケとランニング、飲み歩きの新人編集者。
しこたま飲みたいので、家近くの店に通いがちだが、ちゃくちゃくと新規開拓を画策中。