SNS

2021.07.10

【中国料理 大清】究極のシンプル・イズ・ベスト!「米」からこだわる絶品チャーハン

こんにちは、S-style編集部のあちきです。今日は、先日取材で出会った『中国料理 大清』のメチャ旨炒飯をご紹介します。(撮影/呉島大介)

大和町で愛される『中国料理 大清(たいしん)』

大和町吉岡東にある『大清』。店内はシックな雰囲気です

『中国料理 大清(たいしん)』は、大和町吉岡東にある中国料理店。昔から地域に愛されるお店で、現在は2代目のご主人が腕をふるっています。

魅力は食材の魅力に向き合った真摯な中国料理の数々。「どれもおいしい」と評判ですが、特にリピーターが多いのがチャーハンなんです!

今回おすすめしたいのが、大ぶりのエビを10本も使用した、店主自慢の「エビチャーハン」(1,430円)。

“エビだらけ”な見た目に思わず歓声が上がること間違いなし!贅沢な大皿チャーハンです

エビのぷりぷり感はもちろん、実はポイントは「お米」にあり。鍋での火入れを計算し、少なめの水加減で炊いた「チャーハン専用」のお米を使っているんです。

品種は程よい粘り気のひとめぼれを厳選。ふんわりと軽やかな舌触りが自慢で、具材と絡むとほんのりとお米の甘みを感じます。

具材はエビ、タマゴ、キャベツ、ネギのみというシンプルな構成で、熟練の火加減とスピードが食材本来の甘みや旨味を引き出します。ぶりっと弾ける大エビとお米のセッションはたまりません!

職人技で仕上げるぱらぱらチャーハン!圧巻の手さばきです

味付けは「塩」が中心で、まさにお米のおいしさが主役。

究極の「シンプル・イズ・ベスト」なチャーハンは、今まで出会った中でも一番のおいしさでした。ぜひお試しあれ!

中国料理 大清

住所: 黒川郡大和町吉岡東1-2-7

電話:022-345-6688

営業情報:11:30~14:00、17:00~要問合せ

定休日:水曜

Map

achiki
あちき

仙台生まれ仙台育ち。2021年から日刊S-style Webの編集長になりました。三角食べが特技。コロナ禍以降は料理とお笑い、「ゼルダの伝説」に凝っています。FUJIFILM X-T100を相棒に写真も練習中。