SNS

STAFF PICK UP!

仙台・宮城の旬な情報を、S-style編集部が毎日お伝えします😆✨

2018.06.01

【おやつしりとり vol.2 】「つる~り、ふるふるわらびもち」

achikiあちき

こんにちは、S-style編集部のあちきです。新連載「おやつしりとり」では、甘いもんやしょっぱいもん、いろんなおやつでしりとりを繋ぎます。

 

【おやつしりとり 第一回 「理想のドーナツ」】

http://s-style.machico.mu/pickup/585

 

「理想のドーナツ」からバトンを受け継ぎ、第二回は“つ”から始まる和おやつが登場です。

つる~り、ふるふるわらびもち

心地よいひんやり感が初夏に合う、和のおやつの定番「わらびもち」。サツマイモやタピオカのでん粉を代用したものが多い中、『山吉商店』は本わらび粉を使って毎朝手作りしています。「失敗をくり返して、開発に1年かかったんだよ。理想の塩梅を見つけてからは、レシピを1gも崩さず作り続けています」と店主の遠藤さん。たっぷりのきな粉を纏いふるふると揺れる「わらびもち」は、舌の上でつる~りとろり、溶けていく。その滑らかなテクスチャと柔らかい甘みに、ほんのひと口でもう虜!

「わらびもち 白」(300g・594円)

定番の「白」のほか、『山吉商店』では2種類のわらびもちをラインナップ。黒糖入りの「黒」は、ほんのりと黒糖のコクがプラスされた味わいで、こちらも人気が高いそう。試食をしながら選べるのも、店主・遠藤さんの思いやりです。

左が「白」、右が「黒」、奥が「チョコ」。いずれも300g・594円

黒糖入りの「わらびもち」にビターなココアパウダーをまぶした「チョコ」は、偶然から生まれたアイディア商品。バニラアイスやフルーツを添えて召し上がれ。

やわらかなわらびもちとココアパウダーが口の中でなめらかに交わり絶品!

元々、惣菜屋としてスタートした『山吉商店』。「わらびもち」と人気を二分するのが、天草を使った「生ところてん」(300g540円)です。今、一般的には天草から作った「ところてん」がほとんどないそうで、「本物のところてんの味をぜひ知ってほしい」と遠藤さんは話してくれました。

初夏は、青海苔やカラシを添えてサッパリといただくのがおすすめ

こちらが天草。乾燥した状態の天草を煮濾し、しっかり冷やせばところてんのできあがり!

店主の遠藤さん。「とにかく手を抜かない。楽をしないで真面目に作る。それが商売の原点だと思います」と話してくれました

想いを込めて作る「わらびもち」や「ところてん」、その味を求めて、県外からも客が訪れる『山吉商店』。ぜひ行ってみてくださいね。

山吉商店(やまきちしょうてん)

住所:〒982-0032 仙台市太白区富沢3-28-31

電話:022-245-2067

営業情報:10:00~16:00

定休日:火曜

現在発売中のS-style6月号「おやつしりとり」は、“ち”からスタート。子どもも大人もみんなが大好きな、昔ながらの定番おやつを掲載しています。ぜひご覧ください!

achiki
あちき

入社3年。仙台生まれ仙台育ち、広瀬川を愛する生粋のセンダイシティガール。愛車のシングルスピードを乗り回し、街のリアルな情報収集に日々勤しむ(主に深夜)。「ART&EVENT」「おやつしりとり」コーナーを担当。