SNS

STAFF PICK UP!

仙台・宮城の旬な情報を、S-style編集部が毎日お伝えします😆✨

2020.10.29

【仙台新店】2020年注目の新店まとめ④

琴乃後藤S-styleWEB編集室

※本サイトで提供される記事、写真、イラストなど、あらゆる形のコンテンツには著作権が存在します。著作者の承諾なしに複製・転用・販売などの二次利用をすることを固く禁じます。

※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

【仙台新店】2020年注目の新店まとめ③

2020年の今年、仙台・宮城にオープンした気になる新店を総ふり返り!まだ足を運んでいない人は要チェックです!

2020年注目の新店まとめ③

【青葉区五橋】とんかつえんどう
【青葉区中央】餃子STANDカワグチ
【青葉区国分町】CHICCI
【青葉区錦町】Hippo
【若林区新寺】カカカカリイ
【宮城野区小田原】菜の花パン
【太白区長町】海苔巻き 長吉

【青葉区五橋】とんかつえんどう(6/25オープン)

 

異色の経歴を持つ店主が
とんかつ界に新風を巻き起こす

「上ロースかつ定食」(1,650円)。“とんかつ”でいろいろな味わいを楽しんでほしいという想いから「塩竃の藻塩」「伊達の旨塩」「ゲランドの塩」を卓上に用意

フレンチやパティスリーでの経験を持つ店主が、店の看板に据えたのはとんかつ。「若手が少ないとんかつ業界に切り込みたい」と決意を固めた。肉はもちろん米や塩まで、使う食材は東北にゆかりあるもの。肉は産地を特定せずその時季最もおいしい東北産の銘柄豚を使う。現在はかつがメインのコースが登場し、今後はカツサンドやカツカレーにも意欲的。とんかつ界の新星から目が離せなさそうだ。

★編集部レコメンド
・3種類の塩でとんかつの食べ比べを楽しめる
・ザクザクとした衣は多賀城の『かね久』特注の朝挽き生パン粉を使用
・すべてのメニューが弁当対応もOK。当日11時までの事前予約で50円引きに

とんかつえんどう

住所:〒980-0022 宮城県仙台市青葉区五橋2-8-17 五橋ドミトリー2F

電話:022-395-7491

営業情報:11:00~15:00、17:00~21:00※売切次第終了

定休日:日曜、ほか不定休

HP:https://tonkatsuendo.com

【青葉区中央】餃子STANDカワグチ(4/14オープン)

 

サク飲み、昼飲みにも!
餃子×ビールは幸せのかけ算

カリカリ・もっちり・ジューシーが一度に楽しめる「フライ餃子」(450円)など餃子は全7種

東京や大阪に根付く“立ち飲み文化”を、仙台の中心部から発信する居酒屋。料理はどれもワンコイン以下と格安ながら、エビが贅沢に入った「えび餃子」や小籠包並みの肉汁があふれる「水餃子」など、一品一品にこだわっておりコスパも抜群だ。また、締めにぴったりなのが鶏100%のスープとカツオ節の香りが特長の自家製ラーメン。土・日曜、祝日のみ、7時から「朝ラー」も楽しめる。

★編集部レコメンド
・あれこれ食べ比べも楽しい種類豊富さがうれしい
・仙台駅に近く、仕事帰りのサク飲み、ご飯スポットとしても重宝
・淡麗スープが美味な「中華そば」も必食!

餃子STANDカワグチ

住所:〒980-0021 宮城県仙台市青葉区中央1-10-25 EDEN内

電話:022-797-3399

営業情報:11:00~24:00(土・日曜、祝日7:00~)

定休日:無休

HP:https://kawaguti.owst.jp

【青葉区国分町】CHICCI(4/28オープン)

 

まるで海外スイーツのような
映えるケーキがSNSで話題!

「チョコミントオレオチーズ」(540円・写真手前)、「塩キャラメルバナナケーキ」(500円・写真右奥)、「ロータスチーズケーキ」(480円・写真左奥)など見た目も可愛いケーキが揃う

国分町のバー『SHOT BAR 2355』を間借りし、日中の間ケーキやドリンクを販売している『CHICCI』。コロナ禍にオープンしたにも関わらず、多くの若者が足を運ぶ一軒だ。「こんなケーキがあったら可愛いかも!」という店主・加藤さんのひらめきから生まれるポップな彩りのケーキは、海外旅行好きの加藤さんが現地で食べたスイーツがモチーフだ。色鮮やかなケーキやドリンクはインスタ映え間違いなし! メニューの最新情報はInstagram(@_chicci_)をチェック。

★編集部レコメンド
・色鮮やかなケーキはインスタ映え間違いなし!
・「アボカドシェイク」や「メロンクリームソーダ」などドリンクも充実
・2日前までの予約でホールケーキもテイクアウト可能

CHICCI

住所:〒980-0803 宮城県仙台市青葉区国分町2-13-1 セブンコートビル1F

電話:022-263-2355

営業情報:12:00~18:00

定休日:不定休

HP:https://monchi12.wixsite.com/chicci-2

【青葉区錦町】Hippo(5/6オープン)

 

店主の柔らかな人柄を映す
やさしい甘さの焼菓子たち

焼菓子の種類は日によって変動。最新情報はInstagram(@bakeshop_hippo)をチェックして

小さなカウンターにマフィンやスコーン、クッキーなどが並ぶテイクアウト専門の焼菓子店がオープン。「初めての方にぜひ食べてほしい」と太鼓判を押すスコーンは、さまざまな小麦を試し、店主・伊藤さんの地元岩手の「南部小麦」を使用。さっくり、しっとりの生地にバターがふわりと香り、食欲をそっと後押しする。“茶色くたって、おいしそうに”と丁寧に作られた焼菓子は手土産にもぴったりだ。

★編集部レコメンド
・自慢のスコーンは日々4種ほどがラインナップする
・麻の紐がアクセントのショップ袋も可愛い
・イラストレーター・凪デザインのエコバッグも販売中

Bakeshop Hippo

住所:〒980-0012 宮城県仙台市青葉区錦町2-3-44 錦ビル5号室

電話:050-5375-8863

営業情報:11:00~16:00

定休日:火・水・金・土曜のみ営業

【若林区新寺】カカカカリイ(6/11オープン)

 

親しみ感じるコク旨カレーは
セルフで擦るスパイスで仕上げ!

2種のルウの合盛り「あいがけカリイ」(980円)。鶏ダシで炊いたターメリックライスも美味

「誰もが好きなカレーで幸せを届けたい」とオープン。家庭で作るような親しみやすい味をイメージしながらも、20種のスパイスを巧みに使い、豊かな香りとコク深さを持つ唯一無二のカレーを提供する。人気の「ルーカリイ」は野菜の甘みが凝縮されたマイルドな味わい。一方「キーマ」は香辛料による甘み・苦味・酸味がひと皿に盛り込まれ、食べるごとに印象が変わる。マッシュポテトや天かすなどのトッピングもおすすめ。

★編集部レコメンド
・スパイスをすり鉢で擦り、自分でカレーにかけるのが『カカカカリイ』の醍醐味
・カレーに合う味わいを求めて、コーヒー豆専門店と研究を重ねた「水出しアイスコーヒー」もぜひ
・イートインと同一料金でテイクアウトもOK!

カカカカリイ

住所:〒984-0051 宮城県仙台市若林区新寺1-3-21 イーストビル1F

電話:022-290-7336

営業情報:11:30~21:00※14:00~16:00はテイクアウト販売のみ。カレー売切れ次第終了

定休日:日曜

【宮城野区小田原】菜の花パン(5/18オープン)

 

国産小麦でもっちもち食感
頬張るほどに幸せ広がるパン

「小麦本来のおいしさを伝えたい」という思いから、すべてのパンはバターと卵不使用

趣味で始めたパン作りにすっかり魅了されたオーナーが、チャレンジショップやイベント出店を経て、晴れて実店舗をオープン。北海道産の小麦、キビ糖、圧搾一番搾り菜種油を使って朝早くから丁寧に手作りするパンは柔らかくてモチモチの食感が特長。惣菜系、菓子パン系、ベーグルなど常時20種類ほどが並ぶが、一つひとつが小ぶりな大きさで3つ4つとあれこれ食べられるのがうれしい。

★編集部レコメンド
・バターと卵不使用で小麦本来のおいしさをダイレクトに感じられる
・小ぶりサイズであれこれ食べ比べできるのがうれしい
・淡い黄色と木の壁、可愛らしい看板を目印に訪れよう

菜の花パン

住所:〒983-0803 宮城県仙台市宮城野区小田原1-9-28

電話:090-5354-4379

営業情報:10:00~16:00

定休日:月・火曜

【太白区長町】海苔巻き 長吉(6/2オープン)

 

宮城をギュウッと巻き込んだ
具だくさんの個性派太巻き

人気ベスト3の「とろたく」(170円)、「アボカドさらだ」(140円)、「鰻蒲焼き」(180円。夏限定)

石巻の無農薬米、塩竈の海苔と鮮魚、蔵王のタマゴ。地元宮城の自然の恵みたっぷりな新鮮食材をふんだんに使って、職人が丁寧に巻く太巻きが勢揃い。「〆鯖香り」「牛タン味噌」など定番8種に加え、夏はウナギ、秋はキノコといった季節の限定品も目が離せない。さらに、旬のネタを愛らしく握った「伊達手毬」、ウニやイクラを使った「海宝一口巻き」をはじめ、ハレの日を彩るお寿司も魅力。

★編集部レコメンド
・宮城の自然の恵みたっぷりな新鮮食材を使用
・見た目も華やかな太巻きは手土産にもぴったり
・旬の味覚を活かした季節限定品も要チェック

海苔巻き 長吉

住所:〒982-0011 宮城県仙台市太白区長町5-1-30 tekuteながまち内

電話:022-281-8211

営業情報:10:00~21:00

★関連リンク
【仙台新店】2020年注目の新店まとめ①はこちら
【仙台新店】2020年注目の新店まとめ②はこちら
【仙台新店】2020年注目の新店まとめ③はこちら

琴乃後藤
S-styleWEB編集室

宮城県内6万部発行の45年続くタウン情報誌『せんだいタウン情報S-style』。地元グルメを知り尽くすタウン情報編集部が、地元で愛される名物を紹介します。スマホやPCで情報収集をしながら、「街を楽しむプロ」になろう!