SNS

STAFF PICK UP!

仙台・宮城の旬な情報を、S-style編集部が毎日お伝えします😆✨

2018.04.22

映画『ママレード・ボーイ』MOVIX仙台 舞台挨拶レポート!

heroマタギ

CINEMA担当の編集部ひーろーです!

今回は、『MOVIX仙台』にて行われた、427日(金)から上映される映画『ママレード・ボーイ』の舞台挨拶の模様をご紹介!!

本作は、吉住 渉さん原作の少女漫画『ママレード・ボーイ』の実写化作品。監督は、『余命一ヶ月の花嫁』などラブストーリーの名手である廣木隆一さん。主演を「仮面ライダーフォーゼ」で脚光を浴び、『アオハライド』『銀魂』など話題作の出演が続く吉沢 亮さん、“岡山の奇跡”として一躍注目を集めた桜井日奈子さんが務めることで話題になっています。

今回仙台に訪れたのは、監督の廣木隆一さん、小石川光希役の桜井日奈子さん。

 

©吉住渉/集英社 ©2018 映画「ママレード・ボーイ」製作委員会

MC:ようこそ仙台へお越しくださいました。早速ですが、お二方からご挨拶を頂戴したいと思います。よろしくお願いします。

廣木:おばんです! 試写会という形でスクリーンに立ち会うのは初めてでドキドキしていますが、最後まで楽しんでいってください。

桜井:おばんです。今日はお越しいただき、ありがとうございます。監督が緊張しているとおっしゃっていて、私も緊張してきました。短い時間ですが、よろしくお願いします。

MC:よろしくお願いします。さて、この『ママレード・ボーイ』、ここ宮城県での撮影もあったんですよね。ロケはいかがでしたか?

廣木:学校のシーンを尚絅学院大学と高校、仙台大学のテニスコート、カフェで撮影させてもらいました。エキストラの方にもたくさん出ていただいたんですけど、毎日熱心に通ってくれてとても助かりました。

桜井:エキストラの皆さんには寒い中撮影に協力してくださって、感謝の気持ちでいっぱいです。中でもテニスのシーンが私のおすすめで、遊も銀太もキラキラしていてかっこいいです!

MC:宮城でのロケはいつ頃から行われていたんですか?

廣木12月から10日間くらいでしたね。

MC:宮城の12月ってとても寒いですよね?

廣木:本編が夏のシーンで、みんな半袖だったよね? 

桜井:あれは拷問でしたね(苦笑)。カットがかかったらすぐ厚手の服を着ました。カイロがライフラインみたいな。

MC:皆さんには、そこも想像しながら観ていただくのも楽しいですよね。監督から見て、桜井さんはどんな方でしたか?

廣木:本当に皆さんが見たまま、等身大という感じです。光希のピュアな気持ちがしっかりと演技に出ていました。

MC:今のお言葉受けて、桜井さんはいかがですか?

桜井:監督にアドバイスをいただきながら必死に演じていった作品なので、そう言っていただけてすごくうれしいです。

MC:では、逆に桜井さんから見て監督はどんな印象でしたか?

桜井:すごく愛情深い方だなと思います。数えるくらいしか作品に出演していない私を主演に選んでいただいて、一生懸命演じようと思っていたんですけど、それでも自分の力不足を感じる場面もありました。不安なところも真剣に話を聞いていただいて、とても励みになりました。

MC:撮影中はどんなところが大変でしたか? 

桜井:光希が遊に別れを告げられて涙するシーンで、夜寒い中での撮影だったので涙が乾いたりして。何回か撮っていただいたんですけど、監督に「最初に撮ったのが一番よかった」と言われたので、少し悔しかったですね(笑)。

MC:監督が大変だと感じたことはありましたか?

廣木:シェアハウスをしている家族6人を撮影するシーンは、桜井さんと吉沢さんのほかにベテラン俳優の方々もいらっしゃった中で、カメラを普段より多く用意して皆さんの表情をバランスよく抑えるように心がけていました。そこは大変というより緊張しましたね。

MC:「ここは観てほしい」というシーンはありますか?

桜井:シチューを食べるシーンが好きです。ネタバレにならない程度にこれくらいで…。

廣木:みんなで食卓を囲むシーンとかもいいよね。おいしそうな料理もたくさん並んでいます。ちなみに仙台だと、のどぐろとずんだ餅と牛タンと…

桜井:そうですね。私も朝はずんだシェイクを飲んで、お昼には牛タンを食べて、仙台にはおいしいものがいっぱいですな。という感じです!

MC:吉沢さんとの共演はいかがでしたか?

桜井:精神的にもお芝居でもリードしていただきました。現場ではたくさん話しかけてくださったりとか、テニスも空き時間に一緒にやったりしていました。

MC:ありがとうございます。では最後に、これからご覧になる皆さんに一言ずつお願い致します。

廣木:この作品には色々なメッセージを込めました。ぜひ2回、3回と観に来てください。今日はありがとうございました。 

桜井:遊や光希のほかにも魅力的なキャラがたくさんいて、それぞれのキャラクターの成長の物語にもなっていると思います。ぜひ観ていただいて、登場人物の恋模様にたくさんときめいてください。皆でこの作品を盛り上げていけたらと思うので、応援よろしくお願いします!

©吉住渉/集英社 ©2018 映画「ママレード・ボーイ」製作委員会

映画「ママレード・ボーイ」
公式サイト
www.marmaladeboy.jp

公式ツイッター
@marmalade_movie

hero
マタギ

大学4年間を関西で過ごし、お笑いに魅せられたひよっこスタッフ。山に登り、山頂で珈琲を楽しむのが理想の休日。仙台・宮城の情報通になるべく日々修行中。「TV-GUIDE」「本売る人に会いに」などを担当。