SNS

STAFF PICK UP!

仙台・宮城の旬な情報を、S-style編集部が毎日お伝えします😆✨

2019.04.25

【日刊Web独占インタビュー】5月10日(金)公開 『轢き逃げ -最高の最悪な日-』毎熊克哉さん 前編

文代梅津Kappo・別冊チーム

稀代の俳優・水谷 豊が監督と初めての脚本を手がけた『轢き逃げ -最高の最悪な日-』。“轢き逃げ”という誰にでも起こり得る事件を題材に、犯人、被害者とその家族、犯人を追う刑事、それぞれ違う立場で事件に関わる人間が宿した感情を、強烈な心理描写で表現した。今回は、轢き逃げ事件の捜査にあたる新米刑事・前田 俊を演じた毎熊克哉さんに、作品の魅力を伺いました。

映画のあらすじ

ある地方都市で起こった轢き逃げ事件。車を運転していたのは青年・宗方秀一。助手席に親友・森田 輝を乗せ、自身の結婚式の打合せに急いでいた矢先の出来事だった。突然の娘の死に悲しみに暮れる両親。平穏な日常から否応なく事件に巻き込まれ、それぞれの人生が複雑に絡み合い、抱える心情が浮き彫りになっていく。
彼らの心の奥底に何があったのか?何が生まれたのか?その悲劇の先に、彼らは何を見つけられるのか?

(C)2019映画「轢き逃げ」製作委員会

初めて脚本を読んだ時の感想を教えてください

毎熊克哉事故は車を運転する人であれば誰にでも起こり得る、という怖さと、悪事を働いても隠し通すことができずに追い詰められていく主人公の視点が、おもしろいという意味で嫌な感じがしました。その後に主人公のフィアンセや被害者の家族の話、刑事の話とだんだんと視点が変わっていって、最後の最後にどんでん返しがあったり…。すごく分厚い台本だったのですが、楽しくてあっという間に読み終えました。

脚本は水谷 豊さんのオリジナルということですが、水谷さんらしさを感じられるところはありましたか?

毎熊克哉主人公と親友の2人が遊園地で遊ぶシーンがあるのですが“笑いのツボ”が水谷さんらしい感じがしました。ご一緒したのが初めてなので、言葉で表すのは難しいんですけど(笑)。

文代梅津
Kappo・別冊チーム

隔月5日発行の「Kappo 仙台闊歩」をはじめ、「ランチパスポート」、カフェや日帰り温泉などの別冊制作を手がける、S-style「じゃないほう」チーム。横丁探訪家のKappo編集長、カフェマスターあんこ、スイーツ女子ころりんこ、ランパス隊長まんじゅうこわいと個性豊かなスタッフ揃い。