SNS

STAFF PICK UP!

仙台・宮城の旬な情報を、S-style編集部が毎日お伝えします😆✨

2019.03.10

【S-style3月号掲載】昨年末オープンで早くも人気! 常時70種類のパンがずらり

kamaspoカマスポ

こんにちは、S-style編集部のカマスポです。現在好評発売中のS-style3月号、もうご覧になりましたか?今月号の巻頭特集は「宮城・山形のおいしいパン」。新店をはじめ、流行のフルーツパンやあんバター、はたまた山形の老舗パン屋まで、たっぷりと紹介しています。その中から今回は、昨年12月にオープンしたばかりの『UP! BAKER』をご紹介します。

生産者の真心までも閉じ込めた、多彩なパンに心もアップ!

フランスの街角にあるベーカリーをイメージ。白熱灯があたたかさを演出するスイートな空間の中で、お気に入りのパンを見つけてみよう

若林区に本社を構える運送会社が立ち上げた『UPBAKER』。野菜や乳製品など、日々の物流を通して感じた“生産者から消費者への心のバトン”をパンで伝えたいとオープン。陽の射し込む開放的な店内には、大崎産小麦のやさしい甘さを引き出した食パンに、野菜の瑞々しい味わいを閉じ込めた総菜パン、全粒粉で仕立てたハード系まで、常時70種ほどをラインナップする。昨年末のオープン以来、早くも人気を集めている理由はパンのおいしさだけではなく、作り手の想いも届いているからだろう。

「クラップフェン」(180円)。ドイツの伝統菓子をアレンジした人気No.1メニュー。大崎市『ひまわり農園』の卵をたっぷり使用したふわふわの生地と軽い口当たりのホイップクリームがベストマッチ。多い日には300個以上でることもある

「オリーブオイルの塩パン」(150円)。バターよりヘルシーなオリーブオイルと、全粒粉入りの生地で仕立てた店のイチオシ商品。沖縄の塩・島マースのやわらかな塩味が特長で、おやつはもちろん食事にもぴったり

「ゴルゴンゾーラチーズとはちみつのカンパーニュ」(280円)。ゴルゴンゾーラの豊かな香りと、香ばしいクルミの歯触りを、ハチミツがマイルドに包み込む大人味のカンパーニュ。ワインのアテに楽しむのもおすすめ

「素晴らしい食材を作ってくれた生産者の想いを、パンにのせて届けるのが僕たちの役目なんです」とチーフベイカーの西條さん

UP!BAKER 定禅寺本店

住所:〒980-0822 仙台市青葉区立町26-10 シエロ立町ビル1F

電話:022-393-8832

営業情報:8:00~19:00

定休日:不定休

HP:https://upbaker.jp

Map

購入はこちらから

S-style 2019年3月号(vol.651)【通常版】


kamaspo
カマスポ

「三度の飯より釣りが好き」。休日のほとんどを海の上で過ごす、中肉中背既婚の釣りバカスタッフ。「宮城の観光特派員」「うちの自慢、聞いてけさいん」「せんだい★スポーツ」などを担当中