SNS

STAFF PICK UP!

仙台・宮城の旬な情報を、S-style編集部が毎日お伝えします😆✨

2018.11.15

ユーモアで乗り切る家族の危機『鈴木家の嘘』

文代梅津Kappo・別冊チーム
ついていい嘘、悪い嘘

こんにちは、Kappo編集部・映画コーナー担当のあんこです。先日ひと足先に拝見した、『鈴木家の嘘』をご紹介します。
子どもの頃、親からは「嘘はつくな!」と言われて育ちましたよね。だけど、大人になると他人を傷つけないための嘘をつくこともあったり、なかったり…。今回紹介する映画は記憶喪失のお母さんのために娘がとっさに付いた嘘で、家族が再生していく物語です。

(c)松竹ブロードキャスティング

引きこもりだった長男が突然死んでしまったショックで記憶を失った母・悠子。長男の死すら忘れてしまった母に、娘の富美は「お兄ちゃんは引きこもりを辞めて、アルゼンチンで働いている」と嘘をつきます。ばれないように親戚や知り合いを巻き込んで、必至で嘘をつき続ける鈴木家。母の笑顔を守るべくユーモアを交えながら奮闘する父と娘。悲しみ、悔しさ、行き場のない想いを抱えながら、奮闘する家族の物語です。

初監督の野尻克己の演出に注目!

長男の加瀬 亮、父親の岸部一徳、母・悠子には原日出子。娘の富美役は『菊とギロチン』で主演を務めた気鋭の新人・木竜麻生が演じます。俳優陣もさることながら、今回が映画初監督となる野尻克己の、繊細な心情描写に注目を! 日常を切り取ったようなリアルさは観るものの心を揺さぶります。

(c)松竹ブロードキャスティング

宮城では11月16日(金)から上映!

『鈴木家の嘘』は先日行われた「東京国際映画祭」の日本映画スプラッシュ部門で最優秀作品賞を受賞、主演の木竜麻生さんも東京ジェムストーン賞を受賞しました。映画好きの間でも話題となっています。仙台では全国公開日の11月16日(金)から、フォーラム仙台とMOVIX利府で上映されます。

ユーモアさだけではなく、残された家族の感情を描いた作品。ぜひ劇場でご覧ください!

※12歳以下の方の鑑賞は、保護者の同伴が必要です

鈴木家の嘘

HP:http://suzukikenouso.com/

文代梅津
Kappo・別冊チーム

隔月5日発行の「Kappo 仙台闊歩」をはじめ、「ランチパスポート」、カフェや日帰り温泉などの別冊制作を手がける、S-style「じゃないほう」チーム。横丁探訪家のKappo編集長、カフェマスターあんこ、スイーツ女子ころりんこ、ランパス隊長まんじゅうこわいと個性豊かなスタッフ揃い。