SNS

STAFF PICK UP!

仙台・宮城の旬な情報を、S-style編集部が毎日お伝えします😆✨

2018.11.09

【書店員さんのおすすめ本】本売る人に会いに―Side story08

heroマタギ

みなさんこんにちは! S-style編集部のマタギです。S-styleにて連載中の「本売る人に会いに。」は、素敵な書店員さんに今おすすめしたい本を紹介してもらいながら、その本に対する思いを紐解くコーナー。『S-style11月号』では、『ジュンク堂 仙台TR店』の佐藤さんに『邪馬台国はどこですか』を紹介してもらいました。(P129掲載!)

『邪馬台国はどこですか』/鯨 統一郎/創元推理社/¥713

web連載「本売る人に会いに。―Side story」では、誌面では紹介しきれなかった千葉さんのおすすめ本をさらに紹介します!

「懐かしい!」と感じる人も多いのでは?ブームを巻き起こしたゲームブック

『シャムタンティの丘を越えて』/スティーブ・ジャクソン/創土社/¥1,296

「『シャムタンティの丘を越えて』は、紙とペン、そしてサイコロを使って遊びながら読み進めるゲームブックです。私が子どもの頃に流行した本で、遊んだことがある! という方も多いのではないでしょうか。サイコロを振って出た数だけ冒険を進めることができるこのゲーム。今だったらテレビゲームでやるような遊びを、アナログな方法でチャレンジするため、少々時間はかかりますがその分頭を使い、クリアする頃には達成感を感じること間違いなし! 読書の楽しみ方とはちょっぴり異なりますが、活字が苦手な人には持ってこいの一冊ですよ」。
『シャムタンティの丘を越えて』は取り扱い店舗が限られているとのこと。気になった方は事前に確認することをおすすめします。

❝キング❞が繰り広げる不思議なストーリー

『あるキング』/伊坂幸太郎/徳間書店/¥637

仙台在住の作家・伊坂幸太郎の人気作品『あるキング』。伊坂作品の大ファンだという佐藤さんは、その愛を語ってくれました。
「伊坂幸太郎の作品はどれも大好きです。ちょっぴり怖く、そして最後には心温まるストーリーにいつも心を揺さぶられます。しかし、『あるキング』はこれまでの伊坂ワールドとは少し雰囲気が違うんです。主人公は天才野球少年。シェイクスピアの要素も入り、孤独な王様がみんなのためにヒットを打つ、そんなお話です。ぜひ読んでみてくださいね。伊坂作品の虜になると思いますよ!」

現在は文芸書・芸術書コーナーを担当する佐藤さん。自分が手がけるコーナーを「私の陣地です!」と紹介してくれ、書棚作りのはこだわっているようです。専門書や学術書を多く取り揃える『ジュンク堂』。歩いて回るだけでもワクワクするような売り場で、とっておきの一冊を探してみてくださいね。

ジュンク堂 仙台TR店

住所:〒980-0021 宮城県仙台市青葉区中央3-6-1 仙台TRビルB1F

電話:022-265-5656

営業情報:10:00~21:00

定休日:なし

hero
マタギ

休日は山に登り、山頂でコーヒーを飲むのが理想の過ごし方。好きな食べ物は肉。イノシシのように猛進し、シカのように悠然とした編集者を目指し奮闘中。「本売る人に会いに」「佐藤ジュンコ探偵局」などを担当。