SNS

STAFF PICK UP!

仙台・宮城の旬な情報を、S-style編集部が毎日お伝えします😆✨

2018.06.18

【数量限定】S-styleコーヒー豆セット販売

osakanaおさかな
S-style2冊(喫茶店&カフェ特集)に、コーヒー豆と癒しロボ缶バッジがセット!

「せんだいタウン情報 S-style」の8月号(7月25日発売)は「喫茶店特集」、9月号(8月24日発売)は「カフェ特集」! その2冊に、コーヒー豆と、本誌非公認キャラクター・癒しロボのオリジナル缶バッジが付いた特別セットを、マチモール限定で販売します(価格1,100円。送料込)。

コーヒー豆は焙煎または生豆から選べます

セットのコーヒー豆は、“癒し”をテーマに、「エチオピア イルガチャフェ(フルウォッシュド)」「インドネシア マンデリン(ウェットハル)」を5:5でブレンド。

本誌連載中(P130)の『ろじーな』宮嶋さんが焙煎した豆150g(フルシティロースト)または自宅で焙煎にチャレンジしたい人は生豆200gを選べます。

焙煎した豆150g(フルシティロースト)

生豆200g

意外に簡単!自宅でおいしいコーヒーを飲もう!

生豆をもらってもどうしていいかわからない…というあなた! 実は自宅でも気軽に焙煎できるんです。その方法を、『ろじーな』宮嶋さんに教えていただきました。

「煎りたて・挽きたて・淹れたて」のおいしいコーヒーを自宅で楽しもう!

【ステップ1】道具を揃える

生豆の焙煎は家庭にある小鍋やミルクパンなどでOK。おすすめは、フタが付いている「ごま煎り器」。粗熱をとるための「ザル」も準備しましょう。

「ごま煎り器」はホームセンターなどで簡単に購入することができます

こんなおしゃれなコーヒーミルを『ろじーな』で発見!

ドリップスタンド、コーヒーサーバー、コーヒーポット、コーヒーフィルター。こだわり派のコーヒー好きは、こんなおしゃれなブランドで揃えてみては?

【ステップ2】焙煎する

生豆(50g以下)を「ごま煎り器」に入れて、ガスコンロ(またはカセットコンロ)の強火にかけ、鍋を前後左右に振りながら加熱する。“パチパチ”と豆が爆ぜる音が盛んに聞こえてきたら「浅煎り」。“ピチピチ”という音が混ざってきたら「中煎り」。“ピチピチ”が盛んになってきたら「深煎り」の目安。

強火でリズミカルに大きく振るのがポイント。丁寧過ぎるのはNG!

【ステップ3】淹れる ~一投目~

煎った豆をザルにあけて粗熱をとり、コーヒーミルで挽く。1杯分(150cc)の場合、浅煎りなら20g、中煎りなら18g、深煎りなら15gの粉をセットする。一投目は、ペーパーに湯をかけないように中心から湯を注いで、粉全体を蒸らす(40秒)。

コーヒーフィルターにお湯をかけないように注意!

むくむくと粉が大きく膨らんだら、新鮮なコーヒー豆の証拠!

【ステップ4】淹れる ~二投目以降~

二投目からの湯は、粉の中心に小さな円を2回描いて止める。サーバーに落ちる湯がポタポタとしずくになったら、また円を2回描いて湯を注ぐ。これをくり返す。

ドリッパーのふちに、ポットの先を付けると湯量や位置が安定しやすい

カップ1杯分(150cc)を抽出する場合の抽出時間※蒸らしの40秒も含む
●浅煎り/2分~2分30秒
●中煎り/2分30秒~3分
●深煎り/3分~3分30秒

仙台の老舗コーヒー豆屋『ろじーな』の宮嶋さんからアドバイス!

『ろじーな』の宮嶋さん(本誌にて「バールで立ち話」連載中)

「今回は煎り豆と生豆が選べますから、ぜひこの機会に 生豆で焙煎に挑戦してみてはいかがでしょう。ポイント は『爆ぜる音と火の強さ』です。弱火で丁寧過ぎるとうまく加熱できないので、強火でリズミカルに大きく振りましょう。ぜひ『煎りたて・挽きたて・淹れたて』の究極 のコーヒーを自宅で気軽に楽しんでくださいね」

【数量限定】S-styleコーヒー豆セット(1,100円)
内容/8月号1冊、9月号1冊、コーヒー豆(焙煎150gまたは生豆200g)、オリジナル缶バッジ2個

※8月号+コーヒー豆+缶バッジは宅急便にて発送(7月25日前後)、9月号はメール便にて発送(8月24日前後)いたします。コーヒー豆は到着後お早めにお飲みください。

購入先/マチモール
※6月25日前後にオープン
商品に関するお問合せ/022-266-0912(S-style編集部)

商品購入にはマチコの会員登録&マチモール利用登録が必要です。登録に関する問合せは、マチモール内の問合せフォームよりご連絡ください。

osakana
おさかな

仙台在住13年、編集長2年目。好きな食べ物はスーラータンメン、あんず梅、長芋の千切り。好きな飲み物は生レモンサワー、そば湯。好きな温泉地は須川高原温泉(岩手)。自称「おでかけ好きのペーパードライバー」。