SNS

STAFF PICK UP!

仙台・宮城の旬な情報を、S-style編集部が毎日お伝えします😆✨

2018.06.07

連載番外編「本売る人に会いに。―Side story02」

ichiboいちぼ
TSUTAYA 築館店・齋藤さんのおすすめ本をさらに紹介!

S-style編集部のいちぼです。
S-style5月号』の日帰り温泉特集、P159の「本売る人に会いに。」ではTSUTAYA 築館店・齋藤さんが今紹介したい一冊を紹介しています。誌面では『百万光年のちょっと先』をおすすめしてくれました。Web限定の番外編「本売る人に会いに。―Side story」では、誌面でご紹介しきれなかった、“これもおすすめ!”な本を、お届けしちゃいます。

まずは『涙の招待席 異形コレクション傑作選』。このSFアンソロジーに収められている「異なる形」の著者・斎藤 肇さんのかねてからのファンだったという築館店の齋藤さん。

『涙の招待席 異形コレクション傑作選』井上雅彦(編)/光文社文庫/¥713

「少し前に発売された文庫本ですが、私が昔から呼んでいた斎藤 肇さんの素敵な短編が収められている一冊です。斎藤 肇さんは、この人でないと書けないような独創的で、奇想天外な展開が魅力。千編を超える作品から選ばれた“泣ける物語10編”が入っていて、どのお話も読み応え抜群ですよ!」と力説してくれました。

『辺獄のシュヴェスタ』竹良 実(著)/小学館/1~5巻¥596、6巻¥750

次に紹介してくれたのは全6巻完結のコミックス『辺獄のシュヴェスタ』。「この本は読み始めた瞬間からめちゃくちゃおもしろかった!」というこちらの作品は、1人の少女が圧倒的理不尽さに立ち向かいながら、自分の信念を貫き通す、16世紀を舞台にした物語です。全6巻で完結するキレの良さと、読者をあっという間に物語の世界観に引きずり込むストーリー展開が醍醐味。取材でおすすめされた私も1巻を購入してしまい、あっという間に全巻読みきってしまいました! 描かれている時代背景や、登場人物たちを取り巻く環境はかけ離れているように見えて「明日から仕事がんばろう」と踏ん張れる素敵なお話です。

ほかにも『TSUTAYA 築館店』には幅広いジャンルの書籍がずらり。素敵な書店員さんがいる店で、素敵な一冊に出会ってくださいね。

TSUTAYA 築館店

住所:〒987-2272 宮城県栗原市築館留場桜10-5

電話:0228-22-6266

営業情報:9:00~24:00

定休日:無休

HP:http://store-tsutaya.tsite.jp/storelocator/detail/0616.html

Map

ichibo
いちぼ

肉と酒場、そして本をこよなく愛する。プレスアート・ラジオ3自転車部に所属。担当コーナーはイラストレーター・佐藤ジュンコさんの文通連載「ハロー・ペンパル」「今月のNEW OPEN」「CINEMA」「自転車部 活動報告書」など。